綾野剛が事務所(移籍前)を辞めた理由は社長?高校の偏差値より陸上の岐阜県大会成績に注目すべし


058ayanotop2

綾野剛さんの事務所移籍の経緯は謎だらけ?高校時代の陸上競技の成績がすごすぎます。

sponsored link

プロフィール

名前     綾野剛

生年月日     1982年1月26日

年齢         33歳(2015年6月時点)

出生地        岐阜県

身長           180 cm

血液型        A型

職業           俳優

主な作品

・映画

2007年『Life』主演・田北勇 役

2011年『GANTZ』壹(黒服星人リーダー) 役

・テレビドラマ

2013年『八重の桜』(NHK)松平容保 役

2014年『すべてがFになる』(フジテレビ)主演・犀川創平 役

・舞台

2004年『恋の骨折り損』豊臣秀吉 役

2012年『サイケデリック・ペイン』

 

高校時代は県下トップクラスの陸上選手

俳優の綾野剛さん。

切れ長な瞳と独特の存在感が人気の俳優です。

 

なんとなくおしゃれで都会的な雰囲気が漂う綾野剛さんですが

実は出身は岐阜県

東京に出てきたのは高校卒業時です。

実家はスナックを経営しており、綾野剛さんも帰省時にはたびたび立ち寄るのだとか。

→綾野剛と新垣結衣は仲良しなのは岐阜の実家のスナックに関係がある?

 

綾野剛さんの岐阜時代を簡単になぞってみると

岐阜市立藍川小学校を出て岐阜市立藍川北中学校に進学。

中学時代は陸上部に所属し岐阜県中学校陸上競技大会の800Mで優勝しています。

ちなみに藍川小学校はクラブ活動が盛んで各種目の大会でたびたび入賞しています。

クラブ活動の成果なのか2015年の藍川小学校からは新体力テストで記録を表彰される生徒が複数でるなど

運動神経が優れた生徒が多いようです。

もしかすると綾野剛さんの才能も小学校時代に育まれたのかもしれません。

 

中学時代に陸上の才能を開花させた綾野剛さんは関市立関商工高等学校に進学。

ちなみにタレントの熊田曜子さんも同校の出身なのだとか。

同高校は偏差値こそ47と可もなく不可もなくですが

陸上競技に強く、毎年県大会入賞者を複数出す陸上の強豪校です。

 

もちろんそこでも綾野剛さんはエース級の活躍をし、

岐阜県高等学校陸上競技大会にて準優勝の結果を残しています。

高校時代の公式ベストタイムは1分57秒71

2008年の映画「奈緒子」では小学校の頃から陸上の英才教育を受ける黒田普を演じていますが

その際の走り方はさすが陸上出身者、といいたくなる見事なものだったのだとか。

陸上競技の経験はしっかりと仕事にも生きているようですね。

sponsored link

事務所移籍の理由とは

綾野剛さんは現在、「トライストーン・エンタテイメント」という事務所に所属していますが

2005年までは「ビリーフアイレス」という事務所に所属していました。

 

移籍のきっかけを作ったのは既に「トライストーン・エンタテイメント」に所属していた小栗旬さん。

映画「クローズZEROⅡ」で綾野剛さんと共演した際に

事務所を本格的な役者事務所にするためには綾野剛さんが必要だと感じたようで

移動の際にわざわざタクシーで二人きりの状況を作り

「綾野君さー、俺と心中してくんねえ?」

と芝居がかったセリフで事務所入りを持ちかけたようです。

小栗旬さんの熱意に断る理由がなくなった綾野剛さんは同事務所に入所しました。

男気あふれると評判の小栗さんはここでも男気を発揮したようです。

参照:小栗旬と山田優の男気溢れる衝撃の自宅購入方法。子供がダウン症の噂は親の愛が原因

 

綾野剛さんが入所した「トライストーン・エンタテイメント」はなんといっても社長がすごい。

同事務所の社長・山本又一朗さんは辣腕業界人として有名

古くは、映画「太陽を盗んだ男」実写版「ベルサイユのばら」犯罪ドキュメンタリー「アメリカンバイオレンス」、

近年も「あずみ」や「クローズZERO」シリーズなど数々の話題作を世に送り出しているのです。

この敏腕社長がいるのであれば移籍をためらう理由はありませんよね。

 

移籍後の綾野剛さんにはどんどん仕事が舞い込み評価もうなぎ上り。

移籍は大成功だったようです。

 

新事務所入所の経緯は謎だらけ?

ただ、綾野剛さんの事務所移籍に関してはよくわからない部分も多いです。

第一に、空白期間が存在すること。

綾野剛さんが同事務所を退社したのが2005年3月末(ちなみに数か月後の2005年7月15日に同事務所は解散しているようです)

「トライストーン・エンタテイメント」に所属したのは事務所HPの更新情報を見る限り2008年4月ごろ。

参照:トライストーン・エンタテイメントの綾野剛さんのニュース更新情報

2005年から2008年の間、どこで何をしていたのかははっきりとしたことはわかりませんでした

その間もインディーズの映画に数本出演しているので、どこかの事務所には所属していたのではないかと思うのですが

他方で、移籍の経緯を語った2015年5月22日放送のテレビ番組「A-Studio」内での話しぶりからすると、フリーで活動していた可能性も否定はできません。

同番組中の綾野剛さんの話をそのまま受け取るなら、

綾野剛さんもトライストーンもは前事務所との交渉を一切せずに入所を決めたようにも聞こえるからです。

もちろん、綾野剛さんの知らないところで事務所間の交渉があった可能性も高いですが・・・

 

第二の疑問点は、トライストーンのHPから読み取れる移籍時期よりも、移籍のきかっけとなった「クローズZEROⅡ」の撮影が後であること。

先ほど書いた通り、事務所HPの更新情報から綾野剛さんは2008年4月にはトライストーンに移籍しています。

しかし、綾野剛さんのオフィシャルHPのブログを見ると

移籍のきっかけとなったという「クローズZEROⅡ」の撮影は2008年8月以降。

参照:綾野剛オフィシャルサイトより『staff』

これらの情報からするとトライストーン移籍後に小栗旬さんから移籍話を持ち掛けられたことになります。

 

移籍の経緯については謎も多いですがその後の活躍を見る限りトライストーンに入所したのは間違いなく正解でしょう。

綾野剛さんにはこれからも素敵な作品を作り続けてほしいですね。


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る