若槻千夏の子供の名前“さくら”説とママタレントとしての可能性。


389wakatsukitop03 芸能界に本格復帰した若槻千夏さんはママタレになるのか?イメージとは真逆の性格も今後の活動方針のヒントがあった?

sponsored link


トップ画像出典:http://line.blogimg.jp/official/imgs/1/3/13014d67-s.jpg

おバカキャラだが思慮深い

2016年現在、女性バラエティタレントといえば、菊池亜美さん、小島瑠璃子さん、指原莉乃さんなどの活躍が目立ちますが

2000年台の女性バラエティタレントの代表格だったのが若槻千夏さん。

自動車免許の学科試験で6回も落ちる、

クイズ「クイズ!ヘキサゴンII」では木下優樹菜さんやスザンヌさんなどの

レギュラーおバカタレントを下回る成績を連発するなど

おバカタレントとして活躍していました。

 

勉強面はからっきしだった若槻千夏さんですが、トーク番組では随所で頭の回転の速さを発揮。

おバカキャラとはいうものの、トークに関しては当時の若手女性芸能人の中でもトップレベルだったのではないかと思います。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

クイズ番組等で見せるおバカキャラや、ギャル風の見た目や口調から、

若槻千夏さんはトークもノリと天性のセンスでこなしていたと思われがちですが、

自分が出演した番組はすべて録画してトークの反省をしたり、

出川哲郎さんをはじめとした先輩芸能人にバラエティでの振る舞いを教わりに行ったり

密かな努力をしていたようです。

 

一時は自身のブランド「W♥C」を立ち上げるなどしてテレビの仕事をほとんどしていなかった若槻千夏さんですが

2015年末から約4年ぶりに芸能界に本格復帰。

研究熱心な姿勢は現在も変わっていないようで、

2016年3月2日に放送された「指原カイワイズ」(フジテレビ系)では

約4年の休業中に大きく変わったライバル芸能人を研究するために

熱心にテレビ番組をチェックしている様子を井森美幸さんに暴露されていました。

キャラや見た目とは裏腹に、若槻千夏さんはかなり思慮深いタイプの人のようです。

 

娘の名前はさくら?

忘れがちですが、若槻千夏さん2012年1月17日に一般人男性と結婚したことを発表し、

同年6月22日には第一子となる女の子を出産している一児の母です。

 

最近では、結婚・出産を経た女性芸能人がいわゆるママタレントとして多数活躍しています。

芸能界に本格復帰した若槻千夏さんもママタレントとして活躍する条件はそろっているように思いますが

今後の活動方針はどうなっているのでしょうか。

 

ママタレントの活動スタンスはいくつかありますが、

ベーシックな方法の一つが、ブログ等で子供の写真や名前を公表していく、というもの。

子育て中の読者の共感を得るにはかなり効果的な方法のようです。

その際、子供の写真や名前を公表するとより共感を得やすいのだとか。

sponsored link


若槻千夏さんは、過去のブログ(現在は閉鎖)で

・子供の名前は家の近くにあった木の名前からとった

・女の子らしい木の名前

・日本っぽいのかもしれない

と娘さんの名前のヒントになりそうなことを書いていたようです。

これらの発言から、一部では娘さんの名前は「さくら」ではないか、とも言われているようですが

若槻千夏さんは子供の名前も写真も一切公表していません

(ちなみに若槻千夏さんいわく、娘さんは子役の芦田愛菜さんに似ているそうです。)

また、2015年11月8日に立ち上げた、新ブログ「若槻千夏の期間限定ブログ」でも、名前や写真はおろか、子供の話題はほぼ見当たらない状態。

 

さらに、先に紹介した「指原カイワイズ」の中で、若槻千夏さんはママタレントとしての活動の可能性についても語っていました。

それによると、芸能活動を本格再開した際、ママタレントとして活動することには抵抗があったようで、

ママタレント系の仕事が来たらどうすればいいかを事務所に相談したそうです。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

こちらも忘れられがちですが、若槻千夏さんは2007年に設立したブログ「マーボ-豆腐は飲み物です」(現在は閉鎖)が

アメブロランキングで殿堂入りするなど、トップブロガーの一人でした。

そのブロガーとしての実力があれば、ブログの使い方が重要になるママタレントとしてはかなり有利でしょう。

 

しかし、同時に若槻千夏さんは2006年にストレス性胃炎で2か月間芸能活動を休止するなど、

その明るいキャラクターとは裏腹に繊細な面もある様子。

世間に顔を知られる大変さは身に染みており、

同じ苦労を子供にかけたくない、という想いも強いのではないかと思います。

新ブログ「若槻千夏の期間限定ブログ」の記事も、

仕事の話題が中心で子供や家庭の話題はほぼないなど、

若槻千夏さんは今のところママタレントとして活動するつもりはないようです。

 

ちなみに、「指原カイワイズ」内では、

ママタレ仕事が来た時の心配をしていたものの、

若槻千夏さんから“ママ感”が全く感じられないせいか

肝心のママタレントとしての仕事のオファーが一つも来なかった

としっかりオチを付けて笑いを取っていました。

しかし、実際は自身の子供に世間の注目が集まることを嫌って

オファーがきても断っている、という可能性もあるかもしれません。

 

こういった活動方針にも仕事の研究と同様に、

子供のことを真剣に考える若槻千夏さんの思慮深さが表れているのかもしれませんね。

※若槻千夏さんは子供だけではなく旦那さんの情報もあまり公表していません。しかし調べてみると…
若槻千夏の旦那の名前は安田ではなく本当は…自営業説もあるが本当は会社幹部だった?

※ママタレの中には若槻千夏さんとは逆に自分の子供を積極的に利用している人も。
子供の話題が生命線?なママタレント情報はこちら。


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る