中田敦彦と福田萌の子供(娘)は幼稚園受験をしなかった?プレスクール報道は何だったのか。


507nakata-top

高学歴夫婦・中田敦彦さん福田萌さんの教育方針は意外なものだった? 

sponsored link

長女が幼稚園入園

お笑いコンビ。オリエンタルラジオの中田敦彦さんとタレントの福田萌さん。

二人は2011年に交際を開始すると

2012年6月に結婚。

2013年7月29日に第一子となる長女、

2017年1月22日には第二子となる長男が誕生しています。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

福田萌さんのブログを見ると、長女は2017年4月から幼稚園に通い始めた様子。

芸能人の子供はお受験で有名私立幼稚園に通うことも多いですが

中田敦彦さんが慶應義塾大学経済学部卒、福田萌さんが横浜国立大学経営学部卒と

高学歴な二人は娘をどのような幼稚園に通わせているのでしょうか。

 

プレスクール通い

週刊女性2015年6月30日号の記事には、

福田萌さん・中田敦彦さんが娘を自宅近くのプレスクールに通わせている、

という記事が掲載されていました。

 

日本でいうプレスクール(プリスクール)とは

幼稚園入園前に入る保育教育施設のことで、その授業は英語で行われます。

同記事によれば、

・二人は生後3か月のころから娘をプレスクールに通わせていた

・現在のプレスクールは年間最大200万円かかる超高級プレスクール

・プログラムの中にはオバマ大統領やウイリアム王子が受けた教育法もある

とのこと。

 

かつて福田萌さんは

「親の用意してきた道を歩んできたのではなく、学歴をつかみとってきたという誇りがある」

と発言し炎上したことがありましたが

自分の子供には道を用意するのか、とここでも違和感を感じた人も多かったようです。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

また記事には、

「子供を名門幼稚園に入れようと準備しているそうだ」

という福田萌さんのママ友の話も掲載されていました。

 

確かに、幼稚園に入る前から高額プレスクールに通っていたのであれば

幼稚園や小学校でのお受験を考えているのでは、といわれるのは当然でしょう。

しかし翌2016年、中田敦彦さんは意外なことを語っていました。

sponsored link

お受験はしない

2016年にはじまった日経DUALの中田敦彦さんの連載「中田敦彦イクメンアップデート中」の第1回記事には

中田敦彦さんの子供の受験に対する考えが書かれていました。

 

それによると、

・小学校受験はしない、

・中学も私立は受験しない予定で、高校・大学もできれば国公立に行ってもらいたい、

とのこと。

小学校受験をしないのですから、

少なくとも幼稚園も御三家といわれるようなお受験に強い幼稚園や、

有名大学の附属の受験はしていないのでしょう。

 

記事にはお受験をしない理由も書かれていましたが

どうやら経済的な理由も大きいようです。

中田敦彦さんは、第二子第三子も望んでいるそうなので

全員が小学校から私立に入ればかなりのお金が必要になります。

一説によれば、小学校から大学まで私立に通うと1人あたり2500万円かかるといわれており、

それが3人だと7500万円ですから、かなり家計を圧迫することになるでしょう。

 

特に芸能人は人気次第で収入が上下しますし

インターネット等テレビ以外の娯楽が発達したことで

テレビ関係の仕事のギャラ全体が下がっていくことも大いにありえますから

子供を公立に通わせるというのは現実的な考えなのかもしれません。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

また、中田敦彦さん・福田萌さんともに大学受験で学歴を得ていることから、

自分たちの子供であれば大学受験も乗り切れるだろう、という考えもあるのでしょう。

子供を小学校受験で有名大学附属校に入れてしまうと、

親は自分に大学受験を乗り切る能力がないと考えたからレールを敷いたのではないか、

と子供がネガティブにとらえる可能性もある、とも考えているようです。

 

さらに、記事を読んだ限り中田敦彦さんは必ずしも子供の学歴にはこだわっていない様子。

時代の変化で自身の子供が大人になるときに学歴がどの程度役に立つかはわかりませんし

仮に子供が学歴に価値を見出さず勉強に時間を費やさない選択をしても、

学力とは違う能力で社会的責任を果たす人材になってくれると信じている、と語っています。

 

結局、学歴があろうがなかろうがどんな職業に就こうが、社会に貢献して生活できる力を身に着ければいい、そのために早期のお受験は必要ない、

というのが記事内で語っている中田敦彦さんの考えなのではないかと思います。

 

ただ、そうなると長女の高級プレスクール通いの報道はなんだったのか、という疑問は残りますが

報道が事実だとすれば、おそらくはこの時期の教育への投資が最も効果的で効率もいいと考えたのではないかと思います。

 

人間の神経系は出産直後から急速に発達し4から5歳までに大人の8割に達するといわれており、

その時期をどのような環境で過ごしたかはその後の能力を大きく左右します。

また、そういった事情もあり、教育への投資の費用対効果が最も高いのは就学前の子供の教育である、との研究もあります。

具体的には、幼児期の子供への教育投資は、青少年期の3倍、成人期の8倍の効果があるのだとか。

人によっては良い大学に入るよりも良い幼稚園に入ることの方が人生を豊かにするうえで重要だ、という人もいます。

 

とにかく、幼児期の教育はそれだけ重要なのです。

実家が幼稚園を経営する福田萌さんもそのことは重々承知だったのではないかと思います。

 

中田敦彦さんは子供を公立に通わせる理由として経済的事情を上げていましたが

1年2年のプレスクール代も、小学校から高校までの12年間の私立と公立の学費の差よりは間違いなく安いでしょう。

中田敦彦さんと福田萌さんは、子供がどんな道に進むにせよ最も効果的効率的な投資はプレスクールだと考えたのかもしれません。

 

この話題についてさらに深掘り

※福田萌さんの学歴自慢は家業のせい?
→福田萌の実家が経営する保育園幼稚園の名前と場所。学歴自慢も英才教育も家業の影響?

※今年の芸能人の子供の受験事情はこちら
→矢部浩之と青木裕子の子供の幼稚園は枝光附属麻布みこころ他カトリック系のどこか? 青山説もあるが…

→安田顕の子供(娘)は慶應(慶応)中学校。小学校から塾通いで芦田愛菜の同級生に。

→瑛太と木村カエラの子供(息子)の小学校はまさかの公立?国立私立の可能性もゼロではない?

→北斗晶と佐々木健介の長男健之介の進学先の海外大学はカナダにある?どこが候補なのか。

その他有名人の子供の驚きの幼稚園小学校事情【こちら(50音順)】【こちら(更新順)】にまとめました。あの人のテレビからは想像できない教育熱心ぶりも…


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る