石田ゆり子より先に結婚した妹石田ひかりの旦那はエリート。子供の学校は総理大臣輩出校。


598ishida-top石田ゆり子の妹石田ひかりの人生は結婚前後を通じて順風満帆。旦那は超一流企業で出世街道邁進中。

sponsored link

女優姉妹の人生

女優の石田ゆり子さんは1969年生まれの48歳(2018年1月時点)。

芸歴は非常に長いですが、

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に出演して以来、

可愛すぎるアラフィフとして再注目されていますね。

 

そんな石田ゆり子さんの3歳年下の妹が女優の石田ひかりさん。

いまでこそ姉・石田ゆり子さんの方が知名度は高いかと思いますが、

若いころにより売れていたのは、

NHKの朝ドラの主演を務めるなどしていた妹の石田ひかりさんの方だったように思います。

 

しかし、石田ひかりさんは2003年に第一子を出産して以来、

子育てを優先して自身の仕事はセーブしていました。

特に、子供が大きくなるまでは連ドラ等拘束時間の長い仕事は避けていたそう。

2017年6月スタートのドラマ「屋根裏の恋人」(フジテレビ系)は

石田ひかりさんの14年ぶりの連ドラ主演作となりました。

 

出産後すぐ仕事に復帰する女性芸能人も多いですが、

そこには経済的な理由も少なからずあるのではないかと思います。

石田ひかりさんのように10年以上自身の仕事をセーブするには、

パートナーの収入が必要でしょう。

石田ひかりさんの旦那さんはどのような人なのでしょうか。

 

旦那は超エリート

石田ひかりさんは2001年5月に一般人男性と結婚しています。

 

もっとも、「一般人」とはいっても、石田ひかりさんの旦那は只者ではありません。

石田ひかりさんと結婚した訓覇圭(くるべ けい)さんは

京都大学文学部からNHKに就職したエリートです。

 

訓覇圭さんは大学時代に劇団に在籍していたこともあってか、

NHK入社後はドラマ制作に携わります。

 

入社後の訓覇圭さんは、大河ドラマ「徳川慶喜」「功名が辻」や朝ドラ「オードリー」「まんてん」などを手掛け、

ドラマ「ハゲタカ」ではエランドール賞プロデューサー賞を受賞しています。

 

このように訓覇圭さんは着実にキャリアを重ねて

2013年にはNHK制作局ドラマ部チーフプロデューサーに。

また同年社会現象にもなった朝ドラ「あまちゃん」では、

制作統括として東京ドラマアウォード2013プロデュース賞も受賞しています。

 

ちなみに石田ひかりさんと出会ったのも、

石田ひかりさんが主演した朝ドラ「ひらり」のディレクターを訓覇圭さんがしていた時ともいわれています。

 

NHK職員の平均年収は1500万円以上ともいわれていますが、

その中でも出世コースをまい進する訓覇圭さんはさらにもらっていても不思議ではありません。

石田ひかりさんが10年以上子育てを優先して仕事をセーブし続けられたのも、

旦那さんの収入によるところも大きいのではないかと思います。

sponsored link

子供の学校は総理大臣輩出校

石田ひかりさんは2001年5月に訓覇圭(くるべ けい)さんと結婚すると、

2003年5月21日に第一子となる長女、

2005年1月23日に第二子となる次女を出産しています。

 

旦那さんは京大卒のNHKの敏腕プロデューサー、

また石田ひかりさんの父親も世界最大手の海運会社の1つである日本郵政に勤めていたエリートです。

こういった家系を見ると、

石田ひかりさんの娘たちも勉強ができそうな印象を受けますね。

 

芸能人とNHKや電通といったメディア系大手企業の会社員が結婚することは決して珍しくはありませんが、

当ブログでも多数紹介しているように、

その中には子供を幼稚園や小学校からお受験で私立に入れる人も少なからずいます。

 

例えば、フジテレビのプロデューサーと結婚した江角マキコさんや

電通社員と結婚した木村多江さん、

同じく電通社員と結婚した黒木瞳さん、

などは、子供を青山学院大学の附属幼稚園・小学校に通わせていました。

 

そのほか都内であれば、慶應義塾大学の附属小学校、成城大学の附属幼稚園・小学校

なども選ばれる傾向がありますが

Wikipediaによれば石田ひかりさん一家は長女が小学校に入学する直前の2010年3月に

神奈川県の鎌倉市に引っ越しています。

 

そして、石田ひかりさんのインスタグラムにある

子供の小学校の校庭で撮影した写真等から、

石田ひかりさんの子供が通っているのは清泉女学院なのではないかと言われています。

 

清泉女学院は日本国内に5校、海外17か国に63校の姉妹校を持つカトリック系の学校。

「女学院」ではありますが、系列小学校の清泉小学校は共学であり、

細川護熙元総理大臣も同校の出身です。

 

小学校卒業後、女子生徒の場合は9割が系列の清泉女子学院中学校に進学します。

おそらく石田ひかりさんの娘も同中学に進学したのでしょう。

また、外部受験での清泉女学院中学の偏差値は64となかなかの難関校です。

 

また、同中学卒業後、多くの生徒は系列の清泉女学院高校へと進学します。

また、清泉には一応系列の清泉女子大学がありますが、ここに進学するのは少数派で、

多くの生徒は外部の大学を受験するよう。

 

フィギュアスケーターの村主章枝さんも清泉から早稲田大学に進学していますが

早稲田、慶應、一橋といった難関大学に進学する生徒も多数いるようです。

 

父親が京大卒ということを考えれば、

石田ひかりさんの娘たちが難関大学に進学することもあるかもしれませんね。

 

結婚前は朝ドラ主演クラスの人気女優、

結婚後はNHKの敏腕プロデューサーの妻で二児の母、

石田ひかりさんの人生は順風満帆なようです。

石田ゆり子の記事を読む

石田ゆり子が年齢不詳でかわいい秘訣は結婚や夫(旦那)子供の有無と関係がある?

石田ゆり子がかわいい秘訣は若い頃のがっしり骨格画像にある?水泳で培った※※力。

石田ゆり子の彼氏遍歴(過去~現在)。大物歌手aから唐沢寿明(k)まですごすぎる。

石田ゆり子が結婚しない理由は結婚したい相手kが結婚してるから?年齢よりも問題なのは…

石田ゆり子の結婚相手ムロツヨシ説が意外とアリな理由。結婚歴ナシの理由とも関係している?

妹・石田ひかりの記事を読む

→石田ひかりの子供(娘)は清泉小学校から清泉女子学院中学に進学?鎌倉に引っ越した理由とは。

→石田ひかりの夫(旦那)訓覇圭(くるべ圭)は実家が三重県の寺で大学も日本最高峰の勝ち組。

→石田ひかりの夫(旦那)訓覇圭(くるべ圭)と元彼サッカー選手青嶋文明はどちらが成功したのか。

芸能人の子供の幼稚園・学校の記事を読む

→芸能人の名前順(50音順)に読む

→学校別に読む

→最新記事から順に読む


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る