米倉涼子の離婚原因離婚理由は夫(旦那)太田靖宏にある?離婚成立発表までの報道経緯まとめ。


100yonekuratop

女優の米倉涼子さん。

米倉涼子さんが演じる大人気医療ドラマ「ドクターX」シリーズの主人公・大門未知子の「私、失敗しないんで」という決め台詞は、

彼女の勝気な雰囲気にばっちりはまっていますね。

 

そんな米倉涼子さんですが、プライベートでは失敗もしています。

米倉涼子さんは2014年12月に結婚するもわずか2年後の2016年末に離婚。

離婚の原因を米倉涼子さんが直接語ることはありませんが、

当時は、米倉涼子さん寄りの報道、旦那さん寄りの報道が混在していました。

この記事では、そんな米倉涼子さんの結婚から離婚までの報道についてまとめました。

sponsored link

結婚~離婚の概要

米倉涼子さんは2014年12月に2歳年下の一般人男性(会社経営者)と結婚しました。

 

しかし二人はわずか数か月後の2015年3月には別居(同居はわずか1日だったともいわれています)、

同年4月に協議離婚の準備を始めたと報じられていました。

その後、後述のような様々な報道が出ましたが

米倉涼子さんと夫は2016年12月30日に離婚

二人の間に子供はいませんでした。

 

元夫(旦那)は太田靖宏?

上記の通り、米倉涼子さんの元夫(旦那)は一般人ということで、名前等は公表されていません。

しかし、週刊FLASH 2015年4月21日号など、元夫(旦那)に関する情報はいくつか報道されていました。

それらによると米倉涼子さんの元夫は、

・米倉涼子さんより2歳年下

・元リクルート営業部員でクーポン雑誌ホットペッパーを手掛け部長まで出世した

・現在はイベントの企画営業などをする会社を経営

・EXILEのTAKAHIRO似のイケメン

といったことが書かれていました。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

そしてこの人物は株式会社ライフノートの代表取締役兼CEOの太田靖宏さんではないかといわれています。

その根拠は報道内容と同社HPに掲載された太田靖宏さんのプロフィールが一致していること。

株式会社ライフノートのHPにある太田靖宏さんのプロフィールを見ると

・1977年生まれ(=1975年生まれの米倉涼子さんより2歳年下)

・リクルート入社後HOT PEPPERの営業、編集長、マネージャー部長

・2012年に株式会社ライフノートを設立

といったことが書かれており、これは上記の報道内容と一致しています。

sponsored link

離婚の原因について

米倉涼子寄りの報道

離婚の原因については、様々なスポーツ紙や週刊誌で報道されていました。

その中で特に多く見られたのは「夫のモラハラが原因」というもの。

2015年4月9日発売の週刊文春には、

・新居への引っ越しの際に、あるものすべてに男の匂いがするから捨てろ!といわれた

・「お前の友達は常識がない」と交友関係を狭めて自分の言うことしか聞かせないよう洗脳しようとした

・5時間正座をさせて「服も髪型も全部変」と米倉涼子さんを否定するような説教を続けた

・お酒の席で米倉涼子さんの首を絞める姿が目撃された

といったことが書かれていました。

 

テレビで見る米倉涼子さんの強気なイメージからすると素直に理不尽な説教を聞いている姿はイメージしづらいですが、

スポニチ2016年12月31日配信記事には

ある関係者は

「米倉さんは芯が強いイメージだが、相手に対して怒れないタイプ

男性は自己主張が強く、米倉さんは交際中から相手の考え方に疑問を持ちつつも、男性について行く覚悟で結婚したが、同居して、埋められない溝を実感したのでは」

と証言する。

とありました。

 

また、週刊FLASH2015年4月21日号には

「夫は米倉さんと結婚して以来、彼女を『接待要員』として取引先との食事の場に同伴することがたびたびだった。最初は米倉さんも苦笑いして許していたが、毎回毎回だと我慢ができなくなった」(広告代理店関係者)

…中略…トップ女優にとって、夫の営業現場でホステス扱いされることは、プライドが許さなかった。

とも書かれています。

 

夫(旦那)太田靖宏寄りの報道

これらの報道を見ると、元夫側に問題があるように見えますが、

夫側寄りの報道もありました。

一言でいうならモラハラは事実ではなく、一連の報道は米倉涼子さんのタレントイメージを維持するための事務所の報道戦略だ、ということのようです。

確かに結婚直後に別居し離婚協議を開始そして2年で離婚というのはイメージがいいとは言えませんから、事務所がイメージダウンを最小限にするための対策を打つ可能性はありそうですね。

 

2015年4月16日配信日刊サイゾーの記事によれば、

芸能界では人気女性タレントの離婚の際、相手のネガティブキャンペーンを張ってタレントイメージを守ろうとするのはよくあることだそう。

マスコミに強い影響力を持つ米倉涼子さんの事務所(オスカープロモーション)が、

旦那さんのモラハラの噂を流して米倉涼子さんのイメージダウンを防ごうとしているとしても不思議ではない、と書かれています。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

また上記記事によれば、

米倉陽子さんの夫も一連のモラハラ報道に関して、米倉涼子さんのタレントイメージを守るために第三者にでっち上げられた、と語っていたそう。

モラハラ報道は記者から取引先に電話が行くなど米倉涼子さんの夫の事業にも影響を与えたとも書かれていました。

 

さらに、旦那さんの関係者の話として、

・リーダーシップの強い人だが女性に5時間も正座をさせるような人ではない、

米倉涼子さんをデビュー当時から知るテレビプロデューサーの話として、

米倉涼子さんはそんな相手に黙って従うタイプではない、おとなしく正座をして説教を聞くなんてありえない、

といったことも書かれています。

 

確かにテレビで見る米倉涼子さんのイメージとはかけ離れている気がしますが、

これに関してスポニチ2016年12月31日配信記事で

芯が強いイメージだが実際には相手に対して怒れないタイプ、と反論がなされていたのは先述の通りです。

報道合戦では大手芸能事務所の方が何枚も上手ということでしょうか。

米倉涼子の記事を読む

米倉涼子の元旦那(夫)太田靖宏の経営会社名と顔が判明。モラハラ離婚報道は本当なのか。

米倉涼子の旦那の会社名と夫の名前は○年後にわかる?結婚後発覚した思わぬ誤算とは?

米倉涼子は離婚し現在は安住紳一郎(安住アナ)と結婚(再婚)の噂?ぴったんこニューヨークロケはやりすぎ?

市川海老蔵の再婚相手は決まってる?社長令嬢説小林麻耶説米倉涼子説等あるが…


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る