相葉雅紀の実家の中華屋は金持ちだがジャニーズと確執あり。 彼女が佐々木希だとメンバーと確執も。


092aibatop

嵐の相葉雅紀さんの実家がジャニーズとトラブルを起こしたとの噂です。

sponsored link

プロフィール

名前           相葉雅紀

生年月日       1982年12月24日

年齢             32歳(2015年2月時点)

出生地          千葉県

血液型          AB型

事務所          ジャニーズ事務所

主な作品

・テレビドラマ

2009年『マイガール』(テレビ朝日)主演 笠間正宗 役

2011年『バーテンダー』(テレビ朝日)主演佐々倉溜 役

2012年『三毛猫ホームズの推理』(日本テレビ)主演片山義太郎 役

2013年『ラストホープ』(フジテレビ)主演波多野卓巳 役

・映画

2012年『日本列島 いきものたちの物語』ナビゲーター

2014年『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』主演山本光 役

 

 実家のグッズ販売はグレーゾーン?

少年のような笑顔が人気の相葉雅紀さん。

天才!志村どうぶつ園で動物と触れ合う姿を見てファンになった女性も多いことでしょう。

 

そんな相葉雅紀さんの実家は中華屋「チャイナハウス 桂花楼(けいかろう)」。

住所は千葉県千葉市花見川区幕張本郷5-8-33。

ファンの間ではかなり有名なようで嵐ファンの聖地になっています。

当然ながら店には連日嵐ファンが押し寄せ大繁盛。

アルバイトを募集すれば3人程度の枠に1000人以上の応募があったそうです。

相葉雅紀さんが電話をかけてきたり、年に一度嵐のメンバーがここで親睦会を開くので、嵐に遭いたいファンが殺到したのでしょう。

 

店内には相葉雅紀さんをはじめとする嵐のメンバーのサインが飾ってあるなど

相葉雅紀さんとの関係を隠すどころか積極的にアピールしています。

さらには中華屋らしからぬストラップなどのグッズの販売も・・・

これは1500円以上とストラップにしては高価な部類ですが

かなり売れているようで毎回即完売。

店の年商は億はくだらないと言われています。

 

ただ、グッズ販売となるとジャニーズ事務所が黙っていません。

いくら実家といえども自社の所属タレントを使って商売をしているのであれば異議を唱えるのは当然です。

sponsored link


これに対して桂花楼側はあくまでも店のグッズであって

相葉雅紀さんは一切関係がない、と主張。

 

確かに形式上は相葉雅紀さんに関係があるようなデザインはありません。

ただ、桂花楼のキャラクターとしてグッズ化されている「おじょう」は

相葉雅紀さんが実家に送ったリスザルがモデルと言われており

相葉雅紀さんのファンであればぜひとも欲しくなるようなデザインにしているのは明らか。

相葉雅紀さんの人気に便乗しようという意図は見え隠れしています。

ただの中華屋のストラップが1500円以上というのも相葉雅紀さんの実家でなければできない強気な価格設定ですよね。

かなりグレーゾーンな気がしますがどうなのでしょう。

 

ちなみにお店の名誉のために言っておくと

食べログや一般のブログを見る限り、料理のお味もかなりいいようですよ。

近くに行った際には一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

→ジャニーズをはじめ芸能人の住宅事情はこちら。

→ジャニーズの家族関係はこちら

メンバーとの確執もありうる?

実家とジャニーズの確執も問題ですが

もっと問題なのは『嵐』のメンバー内での確執。

なんと相葉雅紀さんと佐々木希さんの熱愛疑惑が浮上しました。

これがなぜメンバー間の確執につながるのかというと

佐々木希さんは以前、他の『嵐』のメンバーと交際していたからです。

そのメンバーとは二宮和也さん。

以前の記事にも書きましたが二宮和也さんと佐々木希さんは

かなり親密そうなツーショット写真が流出しており

付き合っていたことはほぼ間違いないと言われています。

 

もし、相葉雅紀さんと佐々木希さんとの交際が事実であれば

メンバー同士ギクシャクしないか、少し不安になりますね。

 

しかし、いまのところ交際を決定づける証拠はないようです。

 

むしろ相葉雅紀さんは水川あさみさんと結婚間近なのではないか、とも言われています。

ただ、水川あさみさんも二宮和也さんと交際の噂が流れたことがあります。

こちらも決定的な証拠はなかったようですが、交際が事実ならちょっと気まずそうですね。

 

嵐はジャニーズの中でもメンバー同士の仲がとてもいいように思います。

いつまでも仲のいいグループでいてほしいですね。


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る