山口智子唐沢寿明夫婦が子供を産まない理由。実家の旅館で主婦願望が芽生えた?


2019年の朝ドラ「なつぞら」でも重要な役割を演じる女優の山口智子さん。

山口智子さんの代表作といえば社会現象にもなった1996年のドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ)ではないかと思いますが、その直後から数年間、ほとんどドラマ等に出演していなかった時期があります。

2017年6月27日配信のFRaUの記事「山口智子が考える「幸せな生き方」インタビュー全文公開!」によれば、

その理由は「主婦になりたい」という小さい頃からの夢を実行するためだったそう。

山口智子さんは1995年に俳優の唐沢寿明さんと結婚し、

約25年が経った現在でもデートの様子を週刊誌にとられるなど仲睦まじい様子がうかがえますが、他方で二人の間に子供はいません。

その理由に関して山口智子さんは雑誌「FRaU」2016年3月号で語っていますが、そこには山口智子さんの生い立ちや人生観が深くかかわっていたようです。

sponsored link

結婚25年後も夫婦仲は良好

山口智子さんと唐沢寿明さんは、山口智子さんがヒロインを務めた1988年の朝ドラ「純ちゃんの応援歌」(NHK)で共演していますが、

ドラマから数年後の1995年12月15日に結婚しています。

女性セブン2019年6月27日号には山口智子さん唐沢寿明さん夫婦のディナーデートの様子が掲載されていましたが、

結婚25年間近の現在でも夫婦仲は良好なようです。

 

子供がいない理由

山口智子さんが1996年のドラマ「ロングバケーション」以降ドラマ仕事を抑えていた理由について、当時は子作りや不妊治療のためではないかとも言われていたようです。

しかし、二人が50台になった2019年時点でも山口智子さんと唐沢寿明さんの間に子供はいません

山口智子さんは二人の間に子供がいない理由について、

FRaU2016年3月号の記事(FRaUサイト2016年2月17日配信)『山口智子インタビュー「大人になってからが人生は楽しい」』で明かしています。

 

それによれば子供がいないのは山口智子さんの希望による部分が大きいよう。

山口智子さんは記事中で

私はずっと、子供を産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました。今でも、一片の後悔もないです。

と言い切っています。

そして子供を望まないのは、幼少期の家庭環境に理由があるようで、

私は特殊な育ち方をしているので、血の結びつきを全く信用していない。私はずっと、『親』というものになりたくないと思って育ちました。私は、『子供のいる人生』とは違う人生を歩みたいなと。

と語っています。

 

山口智子さんはFRaUサイト2016年2月17日配信記事『山口智子が考える「幸せな生き方」インタビュー全文公開!』をはじめ各所で、

実家が旅館を経営してたこと、一人娘の自分が女将になる道が定められていたこと、20代の頃はそれが嫌で俳優業を続けていたこと等を語っています。

※実家は栃木県の「ホテル鯉保」。山口智子さんの実父が亡くなった数か月後の2005年8月31日に閉館したことをサンケイスポーツ等が報じています

 

家族はいつも旅館業で忙しく、子供の頃の山口智子さんの夕食はいつも一人、家業の店からくる出前を食べていたといいます。

先述のように山口智子さんは「ロングバケーション」の後数年間連ドラに出演せず主婦業に力を入れていた期間がありましたが、こういった幼少期の経験も、主婦にあこがれる要因だったようです。

sponsored link


もっとも、山口智子さんのいう「特殊な育ち方」というのは多忙な旅館で育ったことが主ではありません。

女性自身2016年2月25日配信記事によれば、山口智子さんが6歳の時に両親が離婚し母親と妹とは離別、山口智子さんは父親に引き取られ祖母に育てられることになったそう。

また女性セブン2016年2月26日配信記事によれば、実母や父方の再婚相手との関係がよくなかったといいます。

 

さらに、唐沢寿明さんも1996年の著書「ふたり」(幻冬舎)で

幼くして両親が離婚したとの事実は彼女の心に大きな空洞を作り、その空洞を人を愛することで埋めようとしているようなところがあった

と記しています。

同じく複雑な家庭で育った俳優のムロツヨシさんも、結婚願望がわかなかったと語っていたことがありますが、

両親の離婚は山口智子さんの人生観にも大きな影響を与えていたようです。

 

 子供がいなくても幸せな家庭

FRaU2016年3月号の記事で、山口智子さんは血の結びつきが信用できず子供はいらないという一方でこんなことも話していました。

…(略)…私は、『子供のいる人生』とは違う人生を歩みたいなと。だからこそ、血の繫がりはなくとも、伴侶という人生のパートナーを強く求めていました。唐沢さんは、夫であり、家族であり、友であり、恋人であり……。唐沢さんと一緒に生きることは、ほんとうに楽しいです」

唐沢寿明さんは自分がしてほしいことを相手に押し付けず、相手が幸せでいてくれることで自分も幸せを感じる、という考えを持っており、山口智子さんに何かを強制することは一度もなかったそう。

若い頃は夫唐沢寿明さんとの趣味嗜好の違いに、なぜ同じものを見て感動できないんだろう、と悩んだこともあったそうですが、

現在では、あれこれ言わずに自分の興味の的にまい進させてくれる唐沢寿明さんに出会うことができた自分は本当に幸せだ、と考えているといいます。

山口智子さんは自分が選択した家族の形でしっかりと幸せな家庭を築いているようです。

山口智子唐沢寿明夫婦の記事を読む

山口智子唐沢寿明のなれそめはドラマ共演。交際発覚事件と仲良しぶりも。


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る