芸能人の子供の幼稚園小学校等(公立編)一覧まとめ


芸能人の子供がお受験で名門幼稚園・小学校に入学した旨の報道は毎年のように出ますが、他方で公立を選ぶ芸能人の関する報道もないわけではありません。

この記事では、そんな子供を公立の学校に通わせる芸能人について紹介します。

sponsored link

私立を選ぶ有名芸能人が多い理由

毎年受験シーズンやに遊学式シーズンになると、週刊誌には有名芸能人○○の子供が名門幼稚園・小学校に合格したようだ、といった記事が出ますが、

そもそもなぜ子供を私立に入れたがる芸能人が多いのでしょうか。

 

一般家庭と同じように教育面や子供のキャリア設計等の理由ももちろんあるでしょうが、芸能人には特有の事情もあるようです。

一つはセキュリティの問題。

有名芸能人は裕福であることが世間に知れ渡っていますから、

一般家庭と比べて身代金目的で子供を誘拐される等の危険が高いとえます。

そのため、防犯カメラが多数設置されている、警備員が常駐している、子供にGPSが配布されるなど、

お金がありセキュリティ面が充実した私立の学校を選ぶ傾向があるようです。

 

また、危険は学校の外だけではありません。

芸能人の子供が公立の学校に進学すると、芸能人の子供ゆえに特別視される可能性が高くなるそう。

芸能人の子供であるという理由のみで周囲から浮いたりいじめに遭う、逆に周囲にちやほやされて自分が特別だと勘違いしてしまう、といったことを危惧する親も少なくないようです。

こういったことを防ぐため、芸能人の子供が多い幼稚園小学校を選ぶ、あるいは日本の芸能事情に疎い外国人が多くを占めるインターナショナルスクールを選ぶ、といった対策を取る芸能人も少なからずいます。

芸能人の子供が多い学校として知られるのは、青山学院初等部立教小学校成城学園初等学校和光小学校、などです。

 

公立を選ぶ理由

芸能人の子供の学校に関する報道のほとんどはお受験で名門私立幼稚園小学校に入学した旨のものですから、有名芸能人はの子供はみな名門私立に通っているかのように錯覚しそうになりますが、

もちろん地元の公立小学校に通っている芸能人も相当数いるでしょう。

後述のように、そのうちの一部は報道もされています。

彼らはなぜ公立を選ぶのでしょうか。

 

・こもそも学校にこだわりがない

これは非常に多いでしょう。

学歴がそれほど意味をなさない芸能界で生きていれば、子供の学歴にもさほど関心がないというケースは容易に想像できます。

あくまで個人的なイメージですが、辻希美さん杉浦太陽さん夫婦はこのタイプの気がします。

 

・経済的な理由

経済的な理由により効率を選ぶケースも多いのではないかと思います。

一説によると、小学校から大学まで私立に通った場合その学費は1人あたり3000万円にも及ぶそう。

有名芸能人は比較的裕福な人が多いでしょうが、明日の収入が保障されている職種ではありません。

 

例えば6人の子供を持つ俳優の谷原章介さんは週刊現代2015年1月31日号で、

「特に、この職業は先の保証もありません。

もし明日、仕事がなくなったら、子供たちはどうなるのかと考えたら怖いですよ」

と語っていますが、子供たちは全員公立の学校に通っているようです。

 

また、慶應卒の芸人中田敦彦さんも日経DUALの「中田敦彦イクメンアップデート中」第一回で、

第二子第三子を設ける可能性も考慮して、経済的負担が大きい小学校・中学校での私立受験は考えていない旨語っていました。

妻の福田萌さん(横浜国立大学卒)とそろって難関大学の受験を突破していることもあってか、学歴が欲しいのなら高校や大学受験で勝ち取ればいいという考えもあるようですが、やはり経済面は大きいのでしょう。

…もっとも、中田敦彦さんの上記記事は2016年のもの。

最近の中田敦彦さんはyoutubeやブランド設立で経済的にかなり潤っているように見えますから、考えが変わっていても不思議ではありませんが…

sponsored link

・受験失敗

また、私立を受験したもの志望校に合格することができなかったため公立に通うというケースも当然あるでしょう。

このサイトでも紹介しましたが、お受験に強いことで有名な私立幼稚園に通っていた某芸能人の子供が、公立の小学校に進学した旨報じられたこともありました(お受験に失敗したとは書かれていませんが)。

 

また、小学校受験ではありませんが、ジャガー横田さんと木下博勝さんの息子・大維志(たいし)さんは、2019年度入学の中学受験に挑んでいます。

その様子は日本テレビの情報バラエティ番組「スッキリ」で放送されましたが、第一志望は惜しくも不合格。

他に合格していた私立中学校もありましたが、結局は公立の中学校に進学したようです。

もっとも、この公立中学校はただの中学校ではないのですが…【詳細を読む】

 

・教育方針

子供を有名私立小学校に入れて良い教育を受けさせたいと考える芸能人がいる一方で、

全く逆の考えを持っている人もいます。

例えば、2018年4月12日配信の女性自身PRIMEの記事によれば、

小雪さん松山ケンイチさん夫婦の子供は「閑静な住宅街にある区立小学校」に入学したよう。

女性自身2015年3月10日配信記事「小雪 執念の保活でたどり着いた「認定こども園」という選択」には、

小雪さんは「子供を一般家庭と同じように育てたい」と公立保育園や認定こども園を熱心に探していた旨書かれていましたたから、教育方針故の公立なのでしょう。

 

・芸能人の子供が集まる公立

先に「芸能人の子供ゆえの特別視」を防ぐために芸能人御用達の私立幼稚園小学校を選ぶことを紹介しました。

しかし、公立の中にも芸能人の子供が集まる学校はあります。

これは芸能人のが特定の校区に集中しているが故ですが、

おそらくは人通りが少ない、治安が良い、セキュリティがしっかりしてる、マスコミ対策をしやすい、

といった有名芸能人が求める条件を満たした物件に関する情報が芸能人御用達の不動産会社や芸能人間の紹介で共有されているため、

似通ったところに住む芸能人が多くなるのでしょう。

そもそも芸能人禁止の物件も少なくないようですし。

 

例えば、2018年4月12日配信の女性自身PRIMEの記事によれば、

・松山ケンイチさん小雪さん夫婦

・田中裕二さん山口もえさん夫婦

・野性爆弾くっきー(川島邦裕)さん

の子供は同じ区立小学校に通っているそう。

※松山家長男と川島家長男は同級生

 

また、週刊FLASH2018年6月12日号の記事によれば、

・田中圭さんさくらさん夫婦

・瑛太さん木村カエラさん夫婦

・谷原章介さん

の子供は「都内の高級住宅街にある小学校」に通っているようです。

※2018年11月7日配信FRYDAYデジタルの記事によればこの公立小学校があるのは世田谷区

 

子供が公立に通うといわれる芸能人一覧まとめ

最後にあくまで一部ですが、本人の連載・SNSと報道から子供が公立の学校に通っているといわれる芸能人をまとめて紹介します。

芸能人名 詳細記事
瑛太・木村カエラ  
ジャガー横田・木下博勝  
杉浦太陽・辻希美
田中圭・さくら  1
田中裕二・山口もえ  
谷原章介  
?中田敦彦・福田萌?  (志向変更の可能性も?)
松山ケンイチ・小雪  
くっきー(野性爆弾)

芸能人の子供の幼稚園・学校の記事を読む

→芸能人の名前順(50音順)に読む

→学校別に読む

→最新記事から順に読む


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る