中山秀征の子供(息子長男)中山翔貴の学校と野球歴。


この記事では、2022年に俳優デビューを果たした中山秀征さんの長男・中山翔貴さんの学歴と野球歴を紹介しています。

sponsored link

家族構成

父:中山秀征(タレント)

母:白城あやか(元宝塚トップ娘役)

長男:中山翔貴(俳優)

次男:

三男:

四男:

 

以下では長男の中山翔貴(しょうき)さんの学歴と野球歴を紹介します。

 

小学校

中山秀征さんの子供(息子長男)中山翔貴さんは青山学院初等部に通っていました。

同校は名門青山学院大学の付属校であり、都内小学校受験御三家の1校に数えられる名門校。

芸能人の子供も多数通っているといわれています【青学に通う芸能人の子供一覧はこちら】

 

根拠

以下のスポニチ2022年4月6日配信記事には、青山学院初等部に通っていたことを伺わせる中山翔貴さん本人のコメントが掲載されています。

青学カラーを想起させる青緑(ターコイズブルー)のジャケット姿。「意識したわけじゃないんです。(初等部から)16年間の青学愛がそうさせるのかもしれませんけど」と、父親似の人懐っこい笑顔を向けた。

※スポニチ2022年4月6日配信記事「中山秀征長男・翔貴 芸能界デビュー!青学高、大で野球部エース テレ東ドラマで役者人生プレーボー」より引用

青山学院の付属校は幼稚園もありますが、「16年間」としていることからすると小学校からの入学だったのでしょう。

 

野球

中山翔貴さんは小学校1年生のときに野球を始めました。

日ハムの清宮幸太郎選手と同じオール麻布に所属していたようです。

以下は出典。

 

※小1から野球

翔貴は小学校1年から16年間野球を続け、…(以下略)

※デイリー2022年4月6日配信記事「中山秀征の長男・翔貴が俳優デビュー 初ドラマに「心臓バクバク」 決意の丸刈り」より引用

 

※清宮選手と同じチーム

早実キャプテンの清宮幸太郎君は

長男と同じ少年野球チームに居たので

※白城あやかオフィシャルブログ2017年3月25日投稿「ただいまー」より引用

 

※清宮選手はオール麻布

オール麻布OB、北海道日本ハムファイターズで活躍している清宮幸太郎選手が練習に駆けつけてくださいました。

※オール麻布HP2021年12月29日投稿「【オール麻布OB】清宮幸太郎選手がいらっしゃいました!」より引用

 

中学校

中山秀征さんの子供(息子長男)中山翔貴さんは内部進学青山学院中等部(偏差値57-65)に進学しました。

※偏差値はサイト「みんなの中学情報」2022年4月6日掲載のもの、但し内部進学には直接の関係はない

 

根拠

以下のスポニチ2022年4月6日配信記事には、青山学院中等部に通っていたことを伺わせる中山翔貴さん本人のコメントが掲載されています。

青学カラーを想起させる青緑(ターコイズブルー)のジャケット姿。「意識したわけじゃないんです。(初等部から)16年間の青学愛がそうさせるのかもしれませんけど」と、父親似の人懐っこい笑顔を向けた。

※スポニチ2022年4月6日配信記事「中山秀征長男・翔貴 芸能界デビュー!青学高、大で野球部エース テレ東ドラマで役者人生プレーボー」より引用

 

野球

中山翔貴さんは小学校時代に引き続き中学時代も野球に打ち込んでいました。

青山学院中等部野球部外野手だったようです。

青山学院中等部時代は外野手で(以下略)

※サンスポ2016年7月12日配信記事「中山秀征Jr.青山学院・翔貴、7回2失点で初戦突破/東東京」より引用

sponsored link

高校

中山秀征さんの子供(息子長男)中山翔貴さんは内部進学青山学院高等部(偏差値72)に進学しました。

※偏差値はサイト「みんなの高校情報」2022年4月6日掲載のもの、但し内部進学には直接の関係はない

 

根拠

以下のスポニチ2022年4月6日配信記事には、青山学院高等部に通っていたことを伺わせる中山翔貴さん本人のコメントが掲載されています。

青学カラーを想起させる青緑(ターコイズブルー)のジャケット姿。「意識したわけじゃないんです。(初等部から)16年間の青学愛がそうさせるのかもしれませんけど」と、父親似の人懐っこい笑顔を向けた。

※スポニチ2022年4月6日配信記事「中山秀征長男・翔貴 芸能界デビュー!青学高、大で野球部エース テレ東ドラマで役者人生プレーボー」より引用

 

野球

中山翔貴さんは高校時代も野球に打ち込んでいました。

野手から投手に転向し、1年時からベンチ入り

腰椎分離症に悩まされ投手をあきらめることを考えたこともありましたが、

3年時にはエースとして青山学院高等部野球部を引っ張りました。

3年生で初めてエースナンバーを背負う夏。青山学院中等部時代は外野手で、高校に入って投手に転向した。1年からベンチ入りするなど期待は大きかったが、腰椎分離症に悩まされた。一時は「サイドスローを試し、投手をあきらめることも考えた」と振り返る。

※サンスポ2016年7月12日配信記事「中山秀征Jr.青山学院・翔貴、7回2失点で初戦突破/東東京」より引用

 

大学

中山秀征さんの子供(息子長男)中山翔貴さんは内部進学青山学院大学経営学部経営学科(偏差値62.5)に進学しました。

※偏差値はサイト「みんなの大学情報」2022年4月6日掲載のもの(提供:河合塾)、但し内部進学には直接の関係はない

 

根拠

以下のスポニチ2022年4月6日配信記事には、青山学院大学に通っていたことを伺わせる中山翔貴さん本人のコメントが掲載されています。

青学カラーを想起させる青緑(ターコイズブルー)のジャケット姿。「意識したわけじゃないんです。(初等部から)16年間の青学愛がそうさせるのかもしれませんけど」と、父親似の人懐っこい笑顔を向けた。

※スポニチ2022年4月6日配信記事「中山秀征長男・翔貴 芸能界デビュー!青学高、大で野球部エース テレ東ドラマで役者人生プレーボー」より引用

学部学科については青山学院大学硬式野球部の旧公式ホームページに掲載された中山翔貴さんのプロフィール(※)に記載されています。

※:http://www.tky.3web.ne.jp/~agubbc/profile-nakayama-2017.shtml

 

野球

中山翔貴さんは青山学院大学硬式野球部に所属。

再び腰を痛めアンダースローに転向する、イップスに陥るなど苦しい経験もあったようですが、

青学野球部は翔貴さんが大学4年の秋に東都大学野球2部リーグで優勝し1部に昇格しています。

 

青学大在学中にはアンダースローの投手として同大学の7年ぶり東都1部リーグ昇格に貢献するほどの実力を持つ。

※サンスポ2022年4月6日配信記事「中山秀征の長男、中山翔貴がハナコ・岡部主演ドラマで俳優デビュー」より引用

大学野球では腰を痛めた影響で下手投げに転向。突如自分の思い通りプレーができなくなる症状「イップス」を経験し、次第に野球に自信を失っていく中で、気持ちは芸能界に傾いていった。

※スポニチ2022年4月6日配信記事「中山秀征長男・翔貴 芸能界デビュー!青学高、大で野球部エース テレ東ドラマで役者人生プレーボール」より引用

 

大学卒業後

中山秀征さんの子供(息子長男)中山翔貴さんは2021年3月に青山学院大学を卒業しました。

 

2021年5月には女性自身(※)が

・キー局アナウンサー試験や大手芸能事務所に応募するも縁がなかったようだ

・父親が所属するワタナベエンタテインメント関連のスクールで演技レッスンを受け始めたようだ

といったことを報じていましたが、

2022年4月スタートのドラマ「しろめし修行僧」(テレビ東京系)で俳優デビューしています。

※:女性自身2021年5月14日配信記事「中山秀征の長男が芸能界デビューか すでに演技レッスン開始も」参照

芸能人の子供の幼稚園・学校の記事を読む

→芸能人の名前順(50音順)に読む

→学校別に読む

→最新記事から順に読む


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る