新川優愛が学園ドラマで二股発言で業界騒然!?脚の長さだけが売りじゃない!


128shinkawatop

新川優愛さんの爆弾発言で業界が騒然?脚もただ長いだけでの人とは違います。

sponsored link

プロフィール

名前             新川優愛(しんかわ ゆあ)

生年月日       1993年12月28日

現年齢          21歳(2015年3月時点)

出身地          埼玉県

血液型          O型

身長             166 cm

デビュー       2007年

ジャンル       女優・グラビア・ファッション、歌手

主な活動

・雑誌

『SEVENTEEN』専属モデル(2011年~)

・ドラマ

2012年『GTO』(関西テレビ)- 上原杏子 役

2013年『35歳の高校生』(日本テレビ)- 工藤美月 役

2014年『好き悠ヤンキース』(フジテレビ)- 藤崎玲 役

2015年『銭の戦争』(関西テレビ)- 円あかね 役

・映画

2010年『瞬 またたき』- 桐野真希子(高校時代) 役

2011年『行け!男子高校演劇部』- 桂木舞 役

2012年『今日、恋をはじめます』- 日比野さくら 役

2014年『アオハライド』- 村尾修子

・受賞歴

ミスマガジン2010グランプリ

ミスセブンティーン2011

 

脚の魅力は長さだけじゃない

モデルとしてはもちろん、女優としても徐々に仕事を増やし始めている新川優愛さん。

 

モデル出身だけあってそのスタイルは抜群。

2015年3月2日に放送された「しゃべくり007」(日本テレビ)では「身長の半分が脚の美女」と紹介されるなど

その美脚に注目が集まっています。

 

新川優愛さんは身長166cm、股下80cm、股下比率0.48

日本人の20代女性の股下比率の平均は0.45といわれていますから、いかに足が長いかがわかると思います。

 

しかもただ長いだけではなく

O脚等のゆがみもなく真っすぐで美しいシルエット

太すぎず細すきずの絶妙な太さ

美脚というのはこのことだ、と言わんばかりの素敵な脚をしています。

 

この美脚を維持するために特別なことをしているのか

という質問に対し

本人はマッサージの他は何もしてない、と答えていました。

それどころか小学校の頃から8年間書道を習っており

一般的に脚に悪いとされる正座をし続けていた、というのです。

※ちなみに書道は4段の腕前

ただ、特技がバトミントン、バレーボール、短距離走、なので

書道で正座をしている時間以上にスポーツをしている時間が長いのかもしれません。

特にバレーボールは足を中心に身長が伸びるイメージですよね。

 

ちなみに唯一足のケアとして行っているというマッサージ。

毎日お風呂で「今日もご苦労様、明日も頑張ってね」と

感謝の気持ちを込めながら足をいたわっているそうです。

 

新川優愛さんのようなバランスのとれた美脚を目指したい女性はぜひ一度試してみてください。

sponsored link

学園ドラマの見方が変わる?爆弾発言の内容

美脚に注目が集まりがちな新川優愛さんですが

テレビ番組でのとある発言で、業界を騒然とさせました。

 

2015年3月12日に放送された「ダウンタウンDX」でのこと

ゲストのエピソードトークコーナーで新川優愛さんが

学園ドラマの裏では生徒役同士が付き合うことが良くある

と発言したのです。

そうなんだろうなぁとなんとなく考えていた方も多いと思いますが

「GTO」「35歳の高校生」など学園ドラマにも出演する新川優愛さんがいうと

一気にリアリティが増してきますね。

学園ドラマを見るときに、この中の誰と誰が付き合っているのだろうか、

と本筋そっちのけで考えてしまいそうです。

こういった見方も学園ドラマのひとつの楽しみ方かもしれませんね。

 

しかしこの発言にはさらに衝撃的な続きがあります。

なんと、あるとき共演者が生徒役の中で二股をかけていることが発覚した、というのです。

 

これはさすがに驚きですね。

発覚後の現場の雰囲気はどうだったのでしょう。

たまに部活やサークルでそういった話もありますが

当事者だけでなく周りも妙に気を使ったりと

かなり気まずい空気になりますよね。

 

しかもサークルと違ってドラマの撮影はサボることもできませんから

より一層大変だったのではないかと思います。

 

それにしてもいったいどのドラマで起こったことなのでしょう。

新川優愛さんが出演した学園ドラマというと

「GTO」

「35歳の高校生」

「夜のせんせい」

「水球ヤンキース」

あたりでしょうか。

 

新川優愛さんの発言をもとにこれらの作品を見返してみると

何かわかるかもしれませんね。


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る