本仮屋ユイカのドッキリ大賞優勝は性格の良さゆえ。妹はミス青学でアナウンサー、姉妹共演はドラマで


266motokariyatop5 本仮屋ユイカさんは見た目だけでなく性格も美人だと話題です。妹はアナウンサーなのにドラマ出演を熱望? 

sponsored link

基本情報

※トップ画像出典:http://motokari.jp/blog/

本名              本仮屋 ユイカ

生年月日        1987年9月8日

年齢              27歳(2015年6月時点)

出生地           東京都目黒区

身長              165 cm

血液型           A型

職業              女優

活動期間        1999年 –

著名な家族     本仮屋リイナ(妹)

主な作品

・テレビドラマ

2005年『連続テレビ小説 ファイト』(NHK)- 主演・木戸優 役

2006年『僕の歩く道』(関西テレビ)- 大竹りな 役

2008年『薔薇のない花屋』(フジテレビ)- 安西瑠璃 役

2015年『民王』(テレビ朝日)- 南真衣 役

・映画

2004年『スウィングガールズ』- 関口香織 役

2006年『ラブレター 蒼恋歌』- 主演・南雲由衣 役

2014年『闇金ウシジマくん Part2』- 由紀美 役

その他

『王様のブランチ』総合司会(2012年-)

 

ドッキリでも性格の良さがにじみ出ている?

女優の本仮屋ユイカさん。

2005年の連続テレビ小説「ファイト」で主演を務めるとそのピュアな笑顔が話題になりました。

今では王様のブランチのMCとしてもすっかりおなじみ、27歳になってもピュアな笑顔は健在です。

 

そんな本仮屋ユイカさん、性格もとてもいいと話題です。

2014年にTBSで放送された人気ドッキリ系お笑い番組「番組対抗!ドッキリアワード」

その名の通り、TBSで放送される番組ごとに出演者の一人をターゲットにしてドッキリを仕掛けて優勝を決める、という番組です。

本仮屋ユイカさんがMCを務める王様のブランチのメンバーももちろん出演しましたが

その時のターゲットになったのが本仮屋ユイカさん。

 

ドッキリの内容は、王様のブランチで本仮屋ユイカさんとともにMCを務める俳優・谷原章介さんの氷のオブジェの除幕式で

本仮屋ユイカさんが幕を引くとオブジェが倒れて粉々になる、というもの。

シンプルながらなかなかインパクトのある内容です。

 

用意されたのは3mはあろう巨大な氷の像。

本仮屋ユイカさんもその大きさにあ圧倒されているようでした。

セレモニーは順調に進み、いよいよ序幕・・・

本仮屋ユイカさんが勢いよく幕を引くと、氷のオブジェはゆっくりと倒れ粉々に砕け散ってしまいます。

 

セレモニーにはたくさんの(ニセ)報道陣、

事前にスイスから取り寄せた氷で一流の氷彫刻家が作ったこの像の製作費は300万と聞かされていたこともあり

本仮屋ユイカさんは顔面蒼白。

いつもの笑顔は完全に消え去り、すみません、ごめんなさい、と謝罪を繰り返します。

 

普通ならここでネタばらしでもいいのでしょうが、ドッキリはもう少し続きました。

谷原章介さんがスタッフに激怒

「ユイカちゃんはわるくないよ」

「ユイカちゃんがけがをするところだった」

「幕引いただけで倒れるなんでおかしいじゃん!ユイカちゃんがかわいそうじゃん!幕引っ張って壊しちゃってさ!」

フォローしていると見せかけて、本仮屋ユイカさんが壊したことを強調

「やってらんねぇよ」と現場を後にする谷原章介さん。

本仮屋ユイカさんや他の共演者(仕掛け人)もいったん控室に戻ります。

sponsored link


谷原章介さんの言うとおり、普通に幕を引いて像が倒れたのですから責任があるのは準備をしたスタッフでしょう。

しかし、控室でもスタッフや共演者に謝り続ける本仮屋ユイカさん、

いつもの笑顔はどこへやら、今にも泣きだしそうな表情です。

しかも、理由はどうあれ仕事を放り出して現場を離れた谷原章介さんに対しても

「私が悪者になったらかわいそうだから怒ってくれたんだと思います」

とコメント。

さらに谷原章介さんが現場に戻りたくないとごねている、と聞くと

「私謝りに行ってもいいですか?」

これには別室でモニターしている谷原章介さんも心が痛み始めてきた様子。

宮迫博之さんも「なんてええ子なんや」と思わず漏らしています。

 

結局、予備の氷で小さな像を作って対処することになりましたが、谷原章介さんは現場に戻ってこず

除幕セレモニーは谷原章介さん抜きで行うことに。

 

式の続きが始まると本仮屋ユイカさんもどうにか笑顔を保とうとしますが明らかに表情は硬いまま。

2度目の序幕もおっかなびっくり、像を倒さないようにゆっくりと行いました。

すると中から出てきたのは「ドッキリ大成功」の看板を持った谷原章介さん。

ここでようやくネタばらし。

 

ドッキリだとわかるとたまらず泣き出してしまった本仮屋ユイカさんに対し、今度は谷原章介さんをはじめとする仕掛け人が平謝り。

自分は悪くないのに誰も責めない本仮屋ユイカさんの性格の良さがにじみ出た子のドッキリは

見事にドッキリアワードの優勝に輝きました。

 

本仮屋ユイカさんが1999年のデビュー以来周囲の人から愛され続ける理由がよくわかった気がしますね。

※追記:本仮屋ユイカさんは2015年9月いっぱいで王様のブランチを降板します。後任は新川優愛さん。こちらも楽しみですね。

→新川優愛が学園ドラマで二股発言で業界騒然!?脚の長さだけが売りじゃない!

妹はアナウンサー

そんな見た目も心も美人な本仮屋ユイカさんには妹がいます。

名前は本仮屋リイナさん。

姉人いた美人で学生時代にはミス青学に選ばれています。

 

大学卒業後はミスコン優勝者定番コースのアナウンサーになり2013年に東海テレビに入社

なんと入社初日に新番組「スイッチ!」のレギュラーとしてデビューしました。

新人アナウンサーは数か月研修を受け、秋ごろにデビューというのがふつうですから

これは破格の待遇です。

 

そして入社3か月後の7月には早くも姉妹共演が実現。

本仮屋ユイカさんとともに名古屋おすすめスポットめぐりのロケを行い

目元、口元、鼻の形などさすがは姉妹、よく似ていると話題になりました。

 

そんな本仮屋リイナさん、入社前には舞台女優の経験もあり将来は昼ドラに出演したい、と公言しているのだとか。

もしかすると、今度はドラマでの姉妹共演もあるかもしれませんね。


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る