つるの剛士の大学編入先はどこ?東京未来大学までの学歴を紹介。


この記事では、つるの剛士さんの幼稚園から大学編入までの学歴を本人発信の情報をもとに紹介しています。

sponsored link

幼稚園

つるの剛士さんはマリアインマクラダ幼稚園(大阪府高槻市)に通っていました。
※それ以前に広島の幼稚園に通ってた可能性あり

 

根拠

これはつるの剛士さんが自身が2021年10月13日のブログ投稿「息子とともに思い出の地へ。」(※1)で明かしています。
同投稿には、つるの剛士さんは5歳のときに広島から大阪府高槻市に引っ越しマリアインマクラダ幼稚園に入園した旨の記述がみられました。
5歳で同園に入園したとすると当時つるの剛士さんは年中or年長の年齢ですから、引っ越し前の広島では別の幼稚園に通っていた可能性もありそうです。

 

小学校

つるの剛士さんは以下の小学校に通っていました。
・小1~小6 :高槻市立高槻小学校(大阪府)
・小6~卒業:練馬区立豊玉第二小学校(東京都)

 

根拠

これらはつるの剛士さんのSNSで明かされています。
高槻小学校に通っていたことは2022年7月5日のブログ投稿「高槻小学校」(※2)に、母校・高槻小学校の創立150周年に在校生と交流をした旨の記載があることからわかります。

小学校6年時に高槻市から引っ越したこと、その後練馬区立豊玉第二小学校を卒業したことは、本人のツイッターで明かされています。

 

中学校

つるの剛士さんは練馬区立豊玉第二中学校を卒業しています。

 

根拠

つるの剛士さんは2023年2月5日のブログ投稿「豊玉第二中学校吹奏楽部」(※3)で、同校吹奏楽部の同窓会を行った旨明かしています。
同校を卒業したことは先述のツイートに記述があります。

sponsored link

高校

つるの剛士さんは都立大泉北高校(現:大泉桜高校)を1994年3月に卒業しています。
同校の当時の偏差値は不明ですが、2022年度の偏差値は46でした。
※偏差値はサイト「みんなの高校情報」2022年3月16日掲載のもの

 

根拠

つるの剛士さんは2020年1月29日のブログ投稿「都立大泉北高等学校」(※4)で、短大受験に必要な高校卒業証明書を取得すべく母校・都立大泉北高等学校(現:都立大泉桜高等学校‬)を訪れた旨明かしています。

 

高校卒業~短大入学まで

Wikipedia「つるの剛士」によれば、
つるの剛士さんは高校在学中に芸能活動をスタートし、高校卒業3年後の1997年から1998年にかけて放送された「ウルトラマンダイナ」(TBS系)で主人公を演じブレイク。
2007年には「クイズ!ヘキサゴンII」でおバカタレントとして再ブレイクし、以後育児や将棋の仕事など多方面で活躍を続けています。

 

短大

つるの剛士さんは小田原短期大学 保育学科 通信教育課程を2022年3月に卒業しました。
入学当時44歳だったつるの剛士さんの進学目的は保育士資格の取得。
卒業時に幼稚園教諭二種免許を取得、卒業約9カ月後に保育士試験(国家試験)に合格しています。

 

根拠

つるの剛士さんは2022年10月2日のブログ投稿「小田原短期大学」(※5)に、小田原短期大学 保育学科 通信教育課程の卒業生であることがうかがえる記述を残しています。
短大進学の目的、2022年3月卒であること、幼稚園教諭二種免許を取得したこと、は2022年3月12日ブログ投稿「短期大学卒業式🌸つるの先生、爆誕✨」(※6)から、
卒業9カ月後の2022年12月に保育士の国家試験に合格したことは2022年12月20日のブログ投稿「保育士資格取得への道 修了。」(※7)からわかります。

 

大学(3年次編入)

つるの剛士さんは47歳だった2023年4月に東京未来大学 通信教育課程 こども心理学部こども心理学科に3年次編入しました。
※合格通知書の記述は「東京未来大学 通信教育課程 こども心理学部こども心理学科 正科生3年次編入学 認定心理士・生涯学習コース」

 

根拠

つるの剛士さんは2023年3月9日のブログ投稿「3年次編入」(※7)に、同校同科3年次編入試験の合格通知書の画像を掲載しています。

つるの剛士の記事を読む

つるの剛士が保育士を目指すのはなぜ?短大がどこかも。

つるの剛士の子供(長男)の進路は高校留学。学校はカナダのオリンピック開催地?

つるの剛士の子供(娘長女)の小中学校高校はどこ?湘南学園説の理由とは?

つるの剛士の子供(次女)の小学校中学校は湘南学園?インターから転校した?

つるの剛士の子供(娘三女)の小学校中学校はどこ?中学受験特待生の秀才。

つるの剛士の家(自宅)の住所場所が片瀬山江の島付近と言われる理由は本人SNSにある?


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る