竹内結子が鼻の穴に難アリでも美人な理由。子供の性別や意外な名前も判明。


203takeuchitop5女優の竹内結子さん。鼻の穴が美人を台無しにしないのには理由があった?子供の名前はある意味奇抜?

sponsored link

プロフィール

名前             竹内結子

生年月日       1980年4月1日

年齢             35歳(2015年5月時点)

出生地          埼玉県

身長             164 cm

血液型          A型

職業             女優

活動期間       1996年 –

配偶者          中村獅童(2005年 – 2008年)

主な作品

映画

2003年『星に願いを。』-主演・ 青島奏 役

2003年『黄泉がえり』-ヒロイン・橘葵 役

2008年『チーム・バチスタの栄光』- 主演・田口公子 役

2011年『はやぶさ/HAYABUSA』- 主演・水沢恵 役

テレビドラマ

1999年『連続テレビ小説 あすか』(NHK)-主演・宮本あすか 役

2001年『白い影』(TBS)- ヒロイン・志村倫子 役

2008年『薔薇のない花屋』(フジテレビ)- ヒロイン・白戸美桜 役

2010年『ストロベリーナイト』(フジテレビ)- 主演・姫川玲子 役

鼻の穴はコンプレックス?

女優の竹内結子さん。

連続テレビ小説『あすか』で初の主演を果たして以来、

15年以上もコンスタントに主演やヒロインクラスの役どころを演じ続けています。

その間獲得した賞はなんと20を超えており、名実ともにトップ女優の一人と言っていいでしょう。

演技力もさることながら

竹内結子さんといえばなんといってもキュートな笑顔

「あすか」や「ランチの女王」で見せた素敵な笑顔で竹内結子さんのファンになった

という方も多いのではないでしょうか。

竹内裕子さんの笑顔には見ている人も笑顔にする不思議な魅力がありますよね。

sponsored link


しかし、そんな竹内結子さんの顔も完璧というわけではないようです。

竹内裕子さんの顔の気になる部分は鼻。

鼻が大きく、しかも正面から見たときに鼻の穴が目立つ、ということです。

確かに竹内結子さんを正面から映した顔写真をよく見てみると、鼻の穴が三角形に見え

鼻の穴が目立っています。

これは本人も気にしているようで、結婚前にフジテレビの「堂本兄弟」に出演した際、

顔をアップにされるのを嫌がっていました。

しかし、北川景子さんや中山美穂さんなど、

世間で美人といわれる人の中にも、意外と竹内結子さんと同じタイプの鼻をお持ちの方は多いようです。

それらの人たちの共通点は鼻筋が通っていること。

どうやら鼻筋が通っていれば、鼻の穴はそれほどマイナスポイントにはならないようです。

それどころか、顔の他のパーツが整っていれば、

特徴のある美人、という芸能界で生きていくためにはとても強力な武器にもなりえます。

ただ顔が整っているだけでは美女だらけの芸能界で生き残るのは難しいでしょう。

しかし、美人+印象的な特徴があれば、一見しただけでも記憶に残る顔になります。

演技力や笑顔はもちろんですが、案外竹内結子さんがブレイクした理由はその特徴的な鼻にあったのかもしれませんね。

 

子供の名前は意外にも・・・

竹内結子さんは2005年に歌舞伎役者の中村獅童さんと結婚

2004年公開の映画「いま、会いにゆきます」で共演したことがきっかけで交際に発展したのだとか。

結婚会見の際には妊娠3か月であることが明らかになり、同年の11月に男の子を出産しています。

気になるのはお子さんの名前です。

中村獅童さんといえば歌舞伎界の異端児といわれるほど、常識にとらわれない発想を持った方。

子供にも奇抜な名前を付けそうな印象です。

しかし、実際につけた名前はザ・日本人。

太郎」くんというそうです。

今の時代には一周まわって斬新なのかもしれませんが、

父である中村獅童さんのキャラクターを考えるとちょっと意外ですよね。

ちなみに歌舞伎界の風雲児、市川海老蔵さんのお子さんの名前はなかなか個性的です。

→市川海老蔵の子供(長女)の名前が難しい。男の子の名前もなんと読む?

もしかすると中村獅童さんの周りの梨園関係者の意向が反映されているのかもしれません。

 

梨園関係者の意向、という点では太郎くんの通う学校についても少し気になる点があります。

それについてはこちらの記事をご覧ください。
→竹内結子の子供の受験した学校に元旦那の影?何歳になってもディズニーランドが大好き。


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る