YUKIと倉持陽一(YO-KING)の子供(息子)の幼稚園小学校中学校はどこ?目黒区と言われる理由とは。


559yuki-top

YUKIさんと倉持陽一さんの子供の学校はどこなのか?ミュージシャンと芸人や俳優では子供の学校選びの基準が違う?

sponsored link

アーティスト兼母親

元JUDY AND MARYのボーカルのYUKIさん。

ジュディマリは2001年に解散していますが

その後もソロ歌手として活動し続け、

40歳を超えても高い人気を誇っています。

 

プライベートでは

2000年9月に真心ブラザーズのYO-KINGこと倉持陽一さんと結婚すると

2006年8月に第二子となる次男、

2009年5月に第三子となる三男を出産

(※長男は2005年3月にSIDSでなくなっています。)

童顔で40歳を超えてもかわいい印象がありますが

二人の子供を育てる母親でもあります。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

実はYUKIさんの夫、YO-KINGこと倉持陽一さんは早稲田大学教育学部卒の高学歴です。

子供たちは2017年10月時点で11歳と8歳、

小学校5年生と2年生の年齢ですが

いったいどのような学校に通っているのでしょうか。

 

YUKIと倉持陽一(YO-KING)の子供(息子)の学校は?

芸能人の子供が多数集まる幼稚園・学校の場合、

入学式や卒業式や運動会等の学校行事の様子がマスコミにとられることも少なくありません。

例えば、若草幼稚園のバザーや成城学園の運動会は毎年のように記事が出ていました。

 

もっとも、YUKIさんに関してはそういった記事に名前が出ていたことはないように思います。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

また、二人の次男と同学年の有名人の子供には

藤木直人さんの長男、加藤浩次さんの次女

三男と同学年の有名人の子供には

谷原章介さんの次女、土屋アンナさんの次男

などがいますが、

そういった人たちから派生しての情報も出てきていないようです。

 

YUKIさんは東京都目黒区に住んでいるといわれており、

子供たちは案外地元の公立小学校に通っているのでは?

との意見もあるようですが、こちらもはっきりとした根拠があるわけではないようです。

 

芸能人の学校選び

私立を選ぶ理由

一般論としては、有名芸能人は子供を私立の幼稚園や小学校に入れる傾向が強いようです。

一つは、子供に幼いうちから良い教育を受けさせたい、という一般家庭と同様の理由。

有名大学の附属校である青山学院幼稚園、早稲田実業初等部、慶應義塾幼稚舎、

小学校受験に強く幼稚園受験の御三家と言われる若葉会幼稚園、枝光会幼稚園、愛育幼稚園、

あるいは学芸大附属といった国立大学の附属校

などを受けるのには教育内容上の理由が大きいのではないかと思います。

 

また、芸能人が私立を選ぶのには有名人特有の理由もあります。

一つは、セキュリティ上の問題。

多くの私立学校には防犯カメラや常駐の警備員がいたり、

学校のイベントも招待制にして本人確認を徹底するなどして

部外者が学校に入ることができないよう配慮しています。

単なる不審者対策は一般家庭も求めるところでしょうが、

芸能人の場合はマスコミから子供を守りたい、という事情もありますから

セキュリティに関しては一般人以上に重視する人もいるようです。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

さらに、私立校の中には和光学園のように芸能人の子供が多く集まる学校もあります。

芸能人の子供が普通の学校に行くと、

芸能人の子供であるという理由で周囲から浮いてしまったり、

ひどい場合はいじめを受けることもあるといいます。

親がイジられるタイプの芸人の場合などは特に子供の学校生活は心配になるのかもしれませんね。

芸能人の子供が多く集まる学校であれば、学校側が対処を心得ていて

こういったことが起こる可能性は普通の学校よりは低くなるようです。

また、日本の芸能界に疎い外国人が多いインターナショナルスクールを選ぶ芸能人も少なからずいます。

sponsored link

公立を選ぶ理由

他方では、近年は公立を選ぶ有名芸能人も増えているといいます。

一番大きいのは、やはり経済的な理由でしょう。

小学校から大学まで全て私立だと子供1人あたり2500万円の教育費がかかるとも言われています。

小学校入学から大学卒業までは16年。

収入が不安定な芸能人にとって、長期にわたる出費は勇気がいることなのかもしれません。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

例えば俳優の谷原章介さんにはなんと6人の子供がいますが

全員が小学校から私立だとすると学費は1億5000万円かかることになります。

谷原章介さんは年収2億ともいわれており、

決して払えない金額ではないと思いますが

週刊現代2015年1月31日号で

「特に、この職業は先の保証もありません。

もし明日、仕事がなくなったら、子供たちはどうなるのかと考えたら怖いですよ」

と語っており、

就学済みの子供たちは全員公立の学校に通っているようです。

詳しくは→【谷原章介の子供の幼稚園小学校が意外!有名芸能人には珍しい学校選びとは…】

 

また、オリエンタルラジオの中田敦彦さんと福田萌さん夫婦も

幼稚園や小学校のお受験はしない、と語っていましたが

いくつかの理由の一つとして経済的な理由を挙げていました

→中田敦彦と福田萌の子供(娘)は幼稚園受験をしなかった?プレスクール報道は何だったのか。

インターネット放送等の発達でテレビの視聴率がり、

今後テレビ関係の仕事のギャラ全体が下がっていく可能性もありますから

テレビ出演が生命線のタレントにとっては公立を選んだほうが堅実なのかもしれません。

 

もっとも、YUKIさんと倉持陽一さんはともにミュージシャン。

ミュージシャンの場合過去の作品の権利収入があるため、

一度売れっ子になれば芸人や俳優よりは安定しているイメージがあります。

さらに、倉持陽一さんはYUKIさんも所属していたSMAの顧問なども務めていましたから

仮に2人の子供を私立に入れても経済的な不安は生じないように思います。

 

 

また、お受験を考えていたが受験で志望する学校に合格することができず、

公立に行くというケースもあります。

木村カエラさんと瑛太さんの長男は、区立小学校に通っているようですが

幼稚園はお受験に強い若草幼稚園に通っていたといわれていることから

このケースなのではないか、と言われています。

詳しくは→【瑛太と木村カエラの子供(息子)の小学校はまさかの公立?国立私立の可能性もゼロではない?】

※この小学校は谷原章介さんの子供も通っているようです。

ちなみにこのケースの場合、中学受験以降でさらに良い学校に入学する場合も少なくないようです。

 

この話題についてさらに深掘り

※ミュージシャンの子供の進学事情をまとめました。
→安室奈美恵の息子安室温大の進学先大学はどこ?青学同志社(京都)海外大学などと言われているが…

→安室奈美恵の息子安室温大の大学は暁星国際の進学実績と家柄から見えてくる?

→椎名林檎の子供の名前と学校の意外な関係。子供2人の父親は別?

→桜井和寿の子供の幼稚園小学校はどこ?和光学園で※※と同級生だった!

→稲葉浩志の子供(息子)の学校はどこ?青山(青学)卒業式や運動会での意外な姿。

有名人の子供の驚きの幼稚園小学校事情【こちら(50音順)】【こちら(更新順)】にまとめました。あの人のテレビからは想像できない教育熱心ぶりも…


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る