水原希子の妹の名前は佑果。可愛くないと言われる2つの原因が判明。


147mizuharatop

水原希子さんの妹・佑果さん。水原希子さんに勝っている部分、劣っている部分、それぞれ調べてみました。

sponsored link

プロフィール

名前                水原希子

生年月日          1990年10月15日

年齢                24歳(2015年4月時点)

出身地             アメリカテキサス州

血液型              A型

身長 / 体重       168 cm / 48 kg

デビュー           2003年~

ジャンル           モデル、女優

主な活動

・雑誌

『Seventeen』元専属モデル

『ViVi』元専属モデル

『MAQUIA』元専属モデル

・テレビドラマ

2013年『大河ドラマ 八重の桜』(NHK)- 山川捨松 役

2014年『失恋ショコラティエ』(フジテレビ)- 加藤えれな 役

2014年『信長協奏曲』(フジテレビ)- 市 役

2015年『心がポキッとね』(フジテレビ)- 葉山みやこ 役

・映画

2010年『ノルウェイの森』- 小林緑 役

2012年『ヘルタースケルター』- 吉川こずえ 役

2013年『トリック劇場版 ラストステージ』- ボノイズンミ 役

2015年『進撃の巨人』- ミカサ 役

 

水原希子の知られざる挫折

モデル・女優として活躍する水原希子さん。

ベッキーさんやローラさんとも違う

アジアンテイストの強いハーフという強みを活かして人気を集めています。

 

今でこそ日本国内のドラマに多数出演するなど

女優業にも手を伸ばしている水原希子そんですが

もともとは海外で活躍するようなモデルを目指していました。

実際にパリに行って10箇所以上のモデルエージェンシーを回ったりもしたようです。

しかし身長の低さアジア人であることが原因で思うように仕事が決まらず

日本に帰ってきた、という経緯があります。

 

 

水原希子さんの身長は168cm

国内のモデルとしては決して低いわけではありません。

 

しかし冨永愛さんが179cmであることからもわかるように

海外で活躍するモデルとなると女性でも180cm近い身長が求められるようです。

sponsored link

 もしも水原希子の身長があと10cm高かったら

こんなことを考える方もいるでしょう。

2015年4月時点で24歳の水原希子さんの身長が今更伸びることはないでしょうが

そんな妄想を検証する方法がないわけではありません。

 

実は水原希子さんには妹がいます。

お名前は水原佑果さん。

水原希子さんの4歳年下で同じくモデルとして活動しています。

 

注目すべきはその身長。

なんと175cm、姉の水原希子さんよりも7cmも高いのです。

 

なせ姉妹でここまで身長差が出たのかも気になりますが

175cmあれば海外で活躍できる可能性もゼロではないでしょう。

もしかすると姉の水原希子さんの叶えられなかった海外でのモデル活動をする日が来るかもしれません。

 

モデルとしては水原希子さん以上の可能性を秘めた水原佑果さん。

しかし顔については賛否両論あるようです。

可愛い・可愛くないはかなり主観的な問題なので深入りはしませんが

水原佑果が水原希子さんとは違うタイプの顔立ちなのは間違いありません。

再三書いている通り水原希子さんがアジアンテイストが強いのに対し

水原佑果さんはアメリカのティーンのような雰囲気があります。

 

また、水原佑果さんは写真写りの当たり外れが大きいようにも感じますね。

多くの写真には姉の水原希子さんとタイプは違えどに勝るとも劣らない美貌が写っています。

しかし髪型や角度によってはほかの写真よりは劣って見えるものがあるのも事実。

特に前髪ぱっつんの時の写真は一部の人たちには不評なようです。

一般的に面長な人は前髪ぱっつんにすることで顔の長さをカバーできると言われますが

水原佑果の場合、前髪が短いためか面長が際立ってしまっています。

そういった部分も可愛くない、と言われる一因でしょう。

 

また、可愛くない、という人たちが取りあげている写真はすっぴんに近いように思います。

すっぴんであることを考慮すればこれらの写真も十分に可愛いと思いますが・・・

 

このように顔については可愛いという人、可愛くないという人、

それぞれの意見があるようですが水原佑果はモデルです。

モデルであれば一番重要なのは身長をはじめとしたスタイルでしょう。

水原佑果さんには175cmの長身を活かしてモデルとしてますます活躍してほしいですね。


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る