北川悠仁高島彩の子供(次女)の小学校は慶應幼稚舎?お受験合格どこ問題を検証。


この記事では北川悠仁さん高島彩さんの子供(娘次女)がお受験で合格した小学校について報道を基に検証しています。

sponsored link

家族構成

夫 :北川悠仁(ゆず)

妻 :高島彩(元フジテレビアナウンサー)

長女: (2014年2月17日生まれ)

次女: (2016年度生まれ)

 

Wikipeida「高島彩」によれば、

ゆずの北川悠仁さんとアナウンサーの高島彩さんは2011年10月20日に結婚。

2022年12月時点で夫婦には2人の女児がいます。

次女は2023年4月に小学校入学を迎えますが、それに先立ち「超難関私立小学校」に合格した旨の報道が出ています。

 

難関私立小合格報道

週刊女性PRIMEは2022年12月6日に北川悠仁さん高島彩さん夫婦の次女が「超難関私立小学校」のお受験に合格した旨報じています。

以下は合格した学校の特徴に関する部分の引用。

良家のお子さんが多く通っており、合格率は例年10倍以上の狭き門です。入学できれば、中学、高校、大学までエスカレーター式に進学できるのも魅力。ただし合格するには、かなり小さいころから幼児教室などでのお受験対策が必須です」(教育誌編集者)

芸能人の中にも、この小学校を狙う親が多い。

石田純一さんと東尾理子さんの長男、寺島しのぶさんの息子さんもこの小学校ですね。’22年には堺雅人さんと菅野美穂さんの長男も入学しました。スポーツ界では、高橋由伸さんの娘さんも通っていますし、子どもが4人いる白鵬さんも、子どもたちを通わせていました。ゆずの北川悠仁さんと高島彩さんの次女も今年合格しましたから、来春から西島さんの息子さんとは同級生ですね。名前は明かせませんが、歌手で俳優の超大物イケメン芸能人のひとり息子も合格したらしいですよ」(スポーツ紙記者)

…(中略)…

「芸能人だけではありませんよ。この小学校には政財界の大物、有名企業の経営者などのお子さんもたくさん通っています。…(中略)…」(前出・スポーツ紙記者)

※週刊女性PRIME2022年12月6日配信記事「西島秀俊の長男が超難関私立小のお受験に合格! 北川悠仁・高島彩の次女と同級生に、倍率10倍を突破させたイクメンパパぶり」より引用

※記事で名前を伏せられた「超大物イケメン芸能人」が誰かについてはこちら

 

お受験合格先小学校はどこ?

これまでの報道から、高島彩さん北川悠仁さん夫婦の子供(娘次女)が合格したのは慶應義塾幼稚舎である可能性が高いのではないかといわれています。

慶應義塾幼稚舎は名門・慶應義塾大学の付属小学校。

私立小学校御三家の1校に数えられる小学校受験の最難関校です。

 

根拠

先述の2022年12月6日の週刊女性PRIMEの記事に掲載されていた次女の合格校の特徴は、慶應義塾幼稚舎のものと一致しています。

また、2022年12月25日配信の日刊ゲンダイの記事には慶應義塾幼稚舎に「紅白で大トリを務めたミュージシャン」の子供が合格した旨の記述があります。

sponsored link


まず週刊女性PRIMEの記事に書かれた学校の特徴を整理すると…

学校の特徴

・両家の子女が多数通う

・芸能人だけでなく政財界の大物や有名企業経営者の子供も多数

・入試の倍率は例年10倍以上

・小中高大とエスカレーター式に進学できる

・合格には早くから幼児教室等でお受験対策が必要

同窓生/同級生芸能人

・石田純一さん東尾理子さん夫婦の長男

・寺島しのぶさんの息子

・高橋由伸さんの娘

・白鳳さんの子供

・西島秀俊さんの長男(23年度入学の同級生)

 

慶應義塾大学は小学校から高校まで附属校を有しており、各附属校からは慶應義塾大学まで(受験なしに)内部進学することが可能です。

例えば、中学受験で慶應義塾中等部に入った芦田愛菜さんの進路はたびたびワイドショーや週刊誌で話題になっています【芦田愛菜の学歴はこちら】

 

慶應の附属校はいずれも偏差値70を超える屈指の難関校となっていますが、

特に小学部にあたる慶應義塾幼稚舎は青山学院初等部、学習院初等科と共に私立小学校御三家の1つに挙げられ、入試の倍率も例年10倍前後(2021年度は12.2倍※1)と非常に高いよう。

幼稚舎から大学まで慶應の生粋の慶應生を指す「慶應ボーイ」という言葉がありますが、幼稚舎は古くから政財界の大物や医師弁護士の子息など良家の子女が通う学校として知られています。

※1:AERAdot.2021年8月6日配信記事「慶應幼稚舎は12.2倍の狭き門! 首都圏私立小「お受験」志願者倍率ランキング」参照

 

また過去を遡ってみると同校のことと思われる芸能人の合格報道や入学式報道も多数あり、

北川高島夫婦の次女の合格報道に名前があった子供が同窓生となる芸能人についても、

・石田東尾夫婦長男
→週刊女性PRIME2018年11月26日配信記事「石田純一、長男・理汰郎くんが最難関私立小学校に合格していた!」

・寺島しのぶ息子
→NEWSポストセブン2018年11月30日配信記事「寺島しのぶ長男、歌舞伎俳優御用達学校ではなく最難関校に合格」
→週刊女性PRIME2019年4月16日配信記事「寺島しのぶ、息子の進路に「お受験界の東大」と呼ばれる超名門小を選んだ理由」

・高橋由伸娘(次女)
→SmartFLASH2019年4月21日配信記事「高橋由伸も石田純一も…やっぱり子供は名門私立小学校に」

などいくつかの記事が出ています。

 

詳細な検証は上記リンク先の記事に譲りますが、これらの記事には「都内名門私立大学の付属小学校」「間違いなく小学校受験の最難関」など慶應地塾幼稚舎をうかがわせる言葉がちりばめられていました。

 

・幼稚舎芸能人Jr.合格報道(2022/12/25追記)

また、日刊ゲンダイは2022年12月25日に配信した記事(タイトルは引用部分参照)には、2023年度慶應義塾幼稚舎の入試で3人の大物芸能人の子供が合格した旨の記述があります。

今年の慶応義塾幼稚舎の入試で、3人もの大物芸能人の子どもが合格したからだ。俳優兼ミュージシャン、昨年から今年にかけ数多くの映画賞を受賞した作品の主演俳優、紅白で大トリを務めたミュージシャン……。いずれも誰もが知る超人気の国民的タレントだ。

※日刊ゲンダイ2022年12月25日配信記事「慶応幼稚舎「芸能人の子供が続々合格」の理由 入試の絵画問題は“うまさ”より「独創性」」より引用

週刊女性PRIMEとは逆に人物名を伏せる形式ですが、「紅白で大トリを務めたミュージシャン」は北川悠仁さん(ゆずは2017年の大トリ)と合致します。

また「映画賞受賞作主演俳優」は西島秀俊さん(主演「ドライブマイカー」が国内外映画賞多数受賞)、「俳優兼ミュージシャン」は「歌手で俳優の超大物イケメン芸能人」と同一人物と思われますから、週刊女性PRIMEの「超難関私立小学校」=慶應義塾幼稚舎である可能性は高いのではないかと思います。

 

同級生

合格報道記事には石田東尾夫婦のような先輩となる芸能人(の子供)も多数掲載されていましたが、

西島秀俊さんの長男は北川高島夫婦の次女と同じ年に合格しており同級生になるようです。

 

また、記事には「歌手で俳優の超大物イケメン芸能人のひとり息子」も同校に合格したようだ、との記述も。

記事では名前が明かされないこの「超大物」が誰かについては【こちらの記事】で検証しています。

芸能人の子供の幼稚園・学校の記事を読む

→2023年度入学芸能人Jr.のお受験情報まとめ

→慶應幼稚舎の芸能人Jr.一覧を読む

→芸能人の名前順(50音順)に読む

→学校別に読む

→最新記事から順に読む


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る