松岡修造の家系図は天皇家並に政略の嵐?辻調・東宝・三菱・サントリーなど有名企業多数。


515matsuoka-top松岡修造さんの家系図は超有名企業の創業者一族だらけ?この家系でテニス選手に進んだ情熱はスゴすぎます。

sponsored link

東宝元社長の父以上にすごい親族

元テニス選手にして現在はスポーツ解説やタレントとしても活躍する松岡修造さん。

 

母親が元タカラジェンヌの千波静さん。

父親が元東宝社長の松岡功さんという

御曹司であることはそれなりに知られていると思います。

 

しかし、これは松岡家のほんの一端にすぎません。

松岡修造さんの家系図をさかのぼってみると

超有名企業の創業者一族が出るわ出るわ…

 

この記事では、松岡修造さんの家系図を経済界を中心に見ていきます。

 

※宝塚歌劇団との関係は【こちらの記事】もご覧ください。

※以下の話は、【こちらのサイト】の家系図を見ながら読むとよりわかりやすいかもしれません

 

松岡家

松岡家はもともと地方の門閥でしたが

松岡修造さんと同名の高祖父・松岡修造氏が実業家として成功したことで財を成しました。

松岡修造氏(高祖父の方)は現在でも紡績業界の名門として活躍する東洋紡のもとになる会社も作っています。

 

松岡家は修造氏の息子・松岡潤吉氏の代に松岡汽船を創業するなどさらに拡大し

兵庫県5位の資産家に。

潤吉氏はこの財力を背景に兵庫県選出の多額納税者議員として貴族院議員も務めていました。

 

松岡家をさらに飛躍させたのは阪急東宝グループ(現:阪急阪神東宝グループ)の創業一族である小林家との縁組でしょう。

潤吉氏の娘・節子は阪急東宝グループの創業者・小林一三氏の次男・辰郎を婿養子に迎えます

そして、松岡汽船が商船三井系列に吸収されたのち、

松岡家は阪急東宝グループに組み込まれ、東宝の重役を担うようになりました。

 

祖父:松岡辰郎:第9代東宝社長

父:松岡功:第11代東宝社長

兄:松岡宏泰:東宝東和会長、東宝取締役

 

実は、松岡修造さんの父・松岡功さんは学生時代にデビスカップ日本代表に選出されるなどテニス選手としてもかなりの実績を残していました。

なので松岡修造さんがテニスの世界に進んだことはそれほど不思議ではないのですが、

もし家業に携わることを選んでいれば、兄と同じく東宝系会社の重役を担っていたのかもしれませんね。

 

小林家(阪急阪神東宝グループ)

ここで松岡家に婿養子を出した小林家についても少し見ていきましょう。

松岡修造さんの曾祖父・小林一三氏は阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創設者

先日松岡修造さんの娘が入学したことで話題になった宝塚歌劇団の生みの親でもあります。

「下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ!」

という小林一三氏の言葉が残っているようですが

松岡修造さんの熱さはこの曾祖父から受け継がれたものなのかもしれません。

 

上記のように松岡家は小林家から婿養子を迎えたのち、東宝の重役を担うことになりました。

結果的には、小林家は婿養子を出すことで兵庫の資産家である松岡家をグループに取り込んだとみることもできそうですが、

小林家の政略結婚(?)はそれだけではありませんでした。

sponsored link

三村家(三菱グループ)

阪急東宝グループの創始者・小林一三氏は、長男・小林冨佐雄氏に家督を譲りましたが、冨佐雄氏は若くして死亡。

そして、次男・辰郎氏は既に松岡家に婿養子に出ていました。

 

こういった事情もあり、小林家の家督は、三男である小林米三氏が継ぐことに。

しかし、この米三氏には子供がいませんでした。

そこで、米三氏は姪(兄・辰郎の長女)喜美を養子とし、

三菱の重臣である三村家から公平氏を婿養子に迎えます。

 

公平氏は三菱銀行の基を築いた三村君平氏の息子・称平氏の五男。

ちなみに公平氏の母親は適塾で知られる緒方洪庵の孫娘です。

 

三村家から婿養子にきた小林公平氏は小林家の家督を継ぐと

旗艦企業である阪急電鉄の社長・会長・名誉顧問を歴任。

宝塚歌劇団理事長や宝塚音楽学校の校長も務めました。

 

公平氏や2010年に亡くなっていますが、

その息子・小林公一氏は阪急電鉄の常任監査役を務めるとともに

宝塚歌劇団の理事も務め、

2017年4月より宝塚音楽学校校長も務めています。

 

ちなみに小林公一氏は松岡修造さんの従兄にあたります。

つまり、現宝塚音楽学校の現校長は松岡修造さんの従兄であるということ。

これは松岡修造さんの娘・松岡恵さんのコネ入学疑惑の大きな原因となっているようです【詳しくはこちら】

 

鳥井家(サントリー)

小林一三氏の次女・春子が

サントリーの創業者・鳥井信治郎氏(NHKの朝ドラ「マッサン」で堤真一さんが演じていた人のモデル)の息子・鳥井吉太郎氏に嫁いだことで、

小林家はサントリー創業家とつながりました。

鳥井吉太郎氏の息子でサントリー3代目社長の鳥井信一郎さんは、

松岡修造さんの従叔父にあたります。

 

辻家(辻調グループ)

また、これは小林家の結婚ではありませんが

松岡修造さんの姉・松岡敏子さんは辻調グループの代表・辻芳樹さんと結婚しています。

 

辻調グループは調理師やパティシエを育成する専門学校を多数展開する企業。

サントリーや三菱といった企業に比べると知名度は劣るかもしれませんが、

「料理界の東大」「世界三大料理学校の1つ」と称されることもあるほど料理界では有名な企業です。

辻芳樹さんは同グループ創業者・辻静雄氏の長男です。

 

まとめ

松岡修造さんの家系図をたどると

・阪急阪神東宝グループ

・三菱グループ

・サントリー

・辻調グループ

など超有名企業と深いかかわりがあることがわかる。

 

この話題についてさらに深掘り

※スゴすぎる家系が思わぬ疑惑を呼んだ?
→松岡修造の子供(娘)松岡恵の宝塚受験コネ合格疑惑はブサイク説以上に家系図が原因?

※身内には現役の宝塚理事や校長も。コネ疑惑が出るのも無理はない?
→松岡修造の家系図は宝塚歌劇団だらけ。宝塚創始者から蘭寿とむまで関係者は※人。

※松岡家と小林家の遺伝子は松岡修造さんの娘にも受け継がれているのか
→松岡修造の子供(娘)松岡恵が学校を日本女子大学附属→宝塚音楽学校へ転校したのは父の影響?

※井川遥さんの旦那さんもとんでもないエリート家系です。
→井川遥の旦那はブランド社長で先祖は官僚?在日&韓国の名前を公表したが実は…


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る