上戸彩の子供(娘息子)の幼稚園がどこかは芸能人の幼稚園選びの傾向からわかる?


この記事では過去の報道等から、上戸彩さんの子供の幼稚園を探るうえで役立ちそうな芸能人の幼稚園学校選びの傾向をまとめています。

sponsored link

家族構成

上戸彩さんは2012年9月14日にEXILEのHIROさんと結婚。

2015年8月に第一子となる長女誕生を発表し、

2019年7月には第二子となる長男の誕生を発表しています。

2020年7月時点で長女は幼稚園年中の年齢です(長男は未就学)。

 

芸能人の幼稚園選びの傾向

毎年入学式や運動会のシーズンになると有名芸能人の子供の幼稚園・小学校に関する報道は多々見られます。

上戸彩さんの子供に関する報道は調べた限りありませんが、過去の芸能人の子供の幼稚園学校に関する報道等の傾向をまとめた以下の情報は多少なりとも役に立つのではないかと思います。

 

大学附属幼稚園

大学の中には、附属系属の幼稚園を有している学校もあります。

これらの大学附属幼稚園に入園できれば、系列の小学校中学校高校を経て大学まで(基本的には)受験なしに進学することが可能。

いわば幼稚園入学の時点で大学入学が保証されるようなものですから、入試の倍率も相当なものになるようです。

 

青山学院大学系列の青山学院幼稚園(渋谷区渋谷)、学習院大系列の学習院幼稚園(豊島区目白)、成城大学系列の成城幼稚園(世田谷区祖師谷)などの名門大学附属幼稚園がこれにあたりますが、

特に青山学院幼稚園成城幼稚園は芸能人の子供の入学が多いといわれ、

これらの幼稚園のものと思われる入園式や運動会に保護者として参加する芸能人の様子が毎年のように報じられています。

 

また、上記以外にも附属系属の幼稚園を有している学校はあります。

その中には世間的には名門とまでは言えなくとも、芸能人の子供が集まる幼稚園もあるよう。

和光大学系列の和光幼稚園(世田谷区桜)、玉川大学系列の玉川学園幼稚部(町田市玉川学園)などは芸能人の子供が多いと言われています。

特に和光学園は毎年(同学園の物と思われる)文化祭や運動会等のイベントに参加する芸能人の様子が報じられており、芸能人人気が高いことがうかがえます。

 

名門幼稚園→名門大学附属小学校

名門大学の附属幼稚園はそれほど多くありませんが、小学校になるとその選択肢は大きく広がります。

 

慶應、早稲田(早稲田実業)、立教など多くの名門大学の付属校は小学校から。

これらの名門大学附属小学校に入学するために、小学校受験に強い幼稚園を選ぶ芸能人も多いようです。

 

若葉会幼稚園(港区西麻布)、枝光会系幼稚園(※)、愛育幼稚園(港区南麻布)の幼稚園御三家の中には、芸能人の子供が多く通う幼稚園もあるよう。

※枝光会附属幼稚園(港区三田)、枝光学園幼稚園(目黒区上目黒)、枝光会駒場幼稚園(目黒区駒場)、麻布みこころ幼稚園(港区西麻布)の4園。

過去には某有名お笑い芸人と女子アナ夫婦の子供が、御三家某園を受験・入園した旨の報道がなされたこともありました【詳細を読む】

sponsored link


また、小学校受験に強いといわれる上野毛幼稚園(世田谷区上野毛)、麻布山幼稚園(港区元麻布)、霊南坂幼稚園(港区赤坂)、ドルトンスクール(渋谷区東北沢)、なども芸能人の子供が多いといわれています。

 

さらに、若草幼稚園(目黒区自由が丘)も小学校受験に定評があり、

同園のものと思われる運動会等のイベントに芸能人が多数訪れる様子が毎年のように報じられています。

過去の報道からすると、同園から立教小学校に進学する芸能人の子供も多いようです【詳細を見る】

 

インターナショナルスクール

また、子供の幼稚園にインターナショナルスクールを選ぶ芸能人も少なくありません。

これは、子供に語学力や国際感覚を身につけさせたいといった一般的な理由の他、

日本の芸能界に疎い外国人が多い環境に身を置くことで、自身の子供がいい意味でも悪い意味でも特別視されないようにしたい、という思いによる場合もあるようです。

木村拓哉さん工藤静香さんの娘達などはインターに通う芸能人の子供の代表格でしょうか【詳細を読む】

 

公立

もちろん、有名芸能人のすべてが私立やインターを選ぶわけではありません。

例えば女優の小雪さんは「子供は一般家庭と同じように育てたい」と公立志向であったことが報じられたことがありました【詳細を読む】。

また、幼稚園ではありませんが、過去の報道からすると芸能人の子供が多数通う公立小学校も複数あるようです【詳細を読む】

芸能人の子供の幼稚園・学校の記事を読む

→芸能人の名前順(50音順)に読む

→学校別に読む

→最新記事から順に読む


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る