井川遥の旦那はブランド社長で先祖は官僚?在日&韓国の名前を公表したが実は…


396igawa02

井川遥さんの旦那・松本与さんは教科書に出てくるあの偉人の子孫?このレベルになると結婚も自由にはできないのかもしれません。  

sponsored link

トップ画像出典:http://super-sonic.jp/wp-content/uploads/2013/05/8110c7ce32f6bf85330d71282136591d.jpg

ママだがママタレではない

モデル・女優として活躍する井川遥さん。

結婚前は柔らかな雰囲気の癒し系タレントとしてCMやドラマに多数出演、

男女を問わず人気を集めていました。

 

2006年に14歳年上の男性と結婚し、2009年6月28日に第一子となる女の子を出産、

2012年7月には第二子となる男の子の出産を発表した井川遥さん。

結婚・出産後は家事や育児を全面に押し出すいわゆるママタレに転身することで人気を維持する女性芸能人も多い中、

結婚後の井川遥さんはママタレとは対極の路線で再ブレイクを果たしています。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

2010年ごろから30代・40代の主婦に人気のファッション雑誌「VERY」の表紙を飾り続け

アラフォーになっても衰えない井川遥さんの姿は女性たちのあこがれの的に。

また、20代のころにはなかった大人の色気が制作者の目に留まったのか、

2013年には不倫を題材にしたドラマ「ガラスの家」(NHK)で自身初の連続ドラマの主演を果たすなど

井川遥さんは結婚・出産を経てますます女性らしさに磨きをかけています。

全盛期よりはメディアへの露出は減っているように思いますが

こと同年代の女性からの支持は結婚後のほうが高いのではないでしょうか。

 

育児や家事についての情報を発信し、おしゃれよりも主婦感を強調するいわゆるママタレが多い中

ママっぽさを見せないことが井川遥さんの再ブレイクの秘密のようです。

 

旦那の家系がすごい

雑誌VERYの表紙を飾りつづける井川遥さんですが、

実は2006年に結婚した14歳年上の旦那さんもファッション関係者。

 

井川遥さんの旦那・松本与(まつもと あとう)さんはファッションデザイナー。

1993年に設立したブランド“ato”は南青山にショップをオープンし、パリで展示会を開くなど

国内外を問わず高い評価を受けているようです。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

旦那の松本与さん自身も才能あふれる方のようですが、さらにすごいのは松本与さんの家族です。

松本与さんの父親は2005年まで日本屈指の音響メーカー・パイオニアの会長を務めた松本冠也さん、

そして祖父はパイオニアの創業者である松本望さん。

つまり井川遥さんの旦那・松本与さんはパイオニアの創業者一族の御曹司です。

 

それだけでも十分すごいのですが、さらにすごいのが松本与さんの母親の親族です。

母親の家系図をたどっていくと、母方には岩倉具視、や西郷従道(西郷隆盛の弟)など

明治維新にかかわった大物の名前が。

母方は父方以上に由緒ある家のようです。

 

ドラマ「ガラスの家」では官僚の妻を演じた井川遥さんですが

現実の結婚相手である松本与さんも官僚と無関係な家系ではなかったようですね。

参照:近現代・系図ワールド←

sponsored link

在日韓国人であったことを公表したが…

実は井川遥さんには、結婚よりもかなり前からとあるうわさがありました。

それは、井川遥さんは在日韓国人ではないか、ということ。

 

もっとも、噂とはいっても実際にはかなり決定的な根拠があります。

実は井川遥さんは学生時代、本格的に芸能活動を始める以前に読者モデルとして活動していました。

その当時の写真を見てみると、確かに一目で井川遥さんだとわかります。

しかし、写真の横にある名前は井川遥ではなく趙秀恵(ちょう よしえ(チョ スヘ))

趙というのは明らかに日本人の名字ではありません。

 

読者モデルが芸名を使うこともなくはないでしょうが、

あえて在日韓国人を思わせる名前を付けるのは不自然です。

読者モデル時代の雑誌の画像がインターネット上で拡散されたことで、

井川遥さんが在日韓国人であることは、ファンをはじめとする一部の人たちの間では有名になっていました。

 

そして、井川遥さん自身も、結婚後の雑誌のインタビューで祖父が韓国人であることを告白

こうして長年ささやかれていた井川遥さんの在日韓国人説は、

井川遥さん自身の公表という形で決着がつきました。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

ただ、実はこの話には続きがあります。

確かに井川遥さんは在日韓国人“でした”。

しかし、井川遥さんは結婚を機に日本に帰化して現在は日本国籍を取得しているのです。

 

在日韓国人に限らず、帰化を許可された場合、官報で告示することになっていますが

井川遥さんが結婚した2006年に発行された官報には

2006年9月7日に趙秀惠 (昭和51年6月29日生まれ)の帰化が許可されたという内容の記載がなされていました。

 

趙秀惠(趙秀恵)は井川遥さんの読者モデル時代の写真に記載された名前と同じ、

生年月日も井川遥さんのプロフィールと一致していますから

井川遥さんが日本に帰化したことは間違いありません。

 

あくまで一般論ですが、現在でも日本では在日韓国人を快く思わない人が一定数存在しています。

特に、在日韓国人と結婚するとなれば、親族に反対されるケースも多数あるようです。

先ほど述べた通り、井川遥さんの旦那・松本与さんの家は

単にビジネスで成功しただけのお金持ちとは一線を画する非常に由緒正しい家柄。

これは想像ですが、もしかすると松本与さんの結婚に親族が出した条件の中に

井川遥さんの帰化が入っていたのかもしれません。

※井川遥さんの帰化理由は子供の受験のためとの噂も。お受験の結果は果たして??
→井川遥の子供の幼稚園小学校はどこ?受験先に成城の名前が出る理由。


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る