香川照之と子供(息子)政明が歌舞伎界入りした理由は家系図を見れば一目瞭然?


468kagawa-top

香川照之さんと息子・政明君の歌舞伎界進出後の思惑は達成されるのか?障害は“ソルマック”?? 

sponsored link

一流俳優→新米歌舞伎役者

俳優の香川照之さん。

1989年のNHK大河ドラマ「春日局」でデビューして以来、

数々の映画やドラマに出演し、40以上もの賞を受賞する現在トップレベルの俳優の1人です。

近年ではTBSのドラマ「半沢直樹」の大和田常務やNHKのドラマ「坂の上の雲」での正岡子規などが印象的ですね。

 

俳優業以外でも東大卒・プロ顔負けのボクシング知識など話題に事欠かない香川照之さんですが

特に話題になったのは2011年9月27日に発表された歌舞伎界進出でしょう。

 

当時香川照之さんは45歳。

ご存知の通り歌舞伎の世界は歌舞伎の家の血筋と幼いころからの稽古で成り立っている世界ですから、

45歳でデビューしようなどと考えるのは普通ではないでしょう。

 

しかし香川照之さんの生い立ちや家の現状をみれば、それも理解できないではありません。

この記事では、香川照之さんの歌舞伎界入りの理由に迫ってきます。

 

香川照之の過酷な生い立ち

まずは香川照之さんの生い立ちを見てみましょう

香川照之さんは1965年12月7日に歌舞伎役者の二代目市川猿翁(当時は三代目市川猿之助)と元タカラジェンヌで女優の浜木綿子さんの長男として生まれました。

 

順当にいけば、香川照之さんもそのまま歌舞伎役者になったのかもしれませんが

両親は香川照之さんが香川照之さんが2歳のころに離婚

その原因が市川猿翁さんが家庭を捨てて藤間紫さんとのダブル不倫で駆け落ち同然の同棲を始めたことにあったため、

香川照之さんは母親・浜木綿子さんに引き取られました。

 

ちなみに不倫相手・藤間紫さんの当時の旦那さんは市川猿翁さんの踊りの師匠。

今でいうゲス不倫ですね。

藤間紫さんは1985年に旦那さんと離婚し、2000年に市川猿翁さんと正式に結婚しています。

 

離婚の原因が原因だけに、その後は絶縁状態だったようですが、

香川照之さんは俳優デビュー後間もない1990年頃に、

市川猿翁さんの公演先へ会いに行ったことがあるそうです。

 

しかし、その時にかけられた言葉は

「あなたは私の息子ではありません」

「あなたとは今後、二度と会うことはありません」

と驚くほど辛らつなもの。

この時点では市川猿翁さんは香川照之さんを完全に拒絶していました。

 

その後10年ほどは、おそらく二人の関係はほとんど改善していなかったのではないかと思いますが

2003年のとある事件をきっかけに事態は大きく変わり始めます。

sponsored link

歌舞伎界進出の理由は家系図でわかる?

2003年、市川猿翁さんはパーキンソン症候群を発症。

以後役者として舞台に立つことは減りました。

 

ここで1つの問題が現実化します。

名跡の承継の問題です。

 

名跡(みょうせき)というのは代々引き継がれる個人名のこと。

「市川海老蔵」や「中村勘三郎」といった歌舞伎役者の名前も名跡です。

(ちなみに小林麻央さんと結婚したあの市川海老蔵さんは十一代目の市川海老蔵です。)

 

倒れた当時の市川猿翁さんは市川猿之助(三代目)を名乗っていました。

名跡は代々子供に受け継がれていくことが多いですが、

家系図を見ればわかる通り、市川猿翁さんには香川照之さん以外に子供はいません

いくら一人息子とはいえ、40代まで歌舞伎界の外にいた香川照之さんが140年続く猿之助を襲名することはできないでしょう。

しかし、市川猿翁さんが倒れた数か月後の2004年1月16日、香川照之さんに長男・政明くんが生まれました

 

香川照之さんは「あなたは息子ではない」と辛らつな言葉を浴びせられたのちも、

何度も父親の舞台を見に行っていたようですから

幼少期に一度は閉ざされた歌舞伎界への未練があったのではないかと思います。

 

女優の寺島しのぶさんも、

歌舞伎の家に生まれたものの、女性であるために自身が歌舞伎役者になる夢を断念せざるを得ず、

息子の眞秀(まほろ)君を歌舞伎役者にすることを熱望していましたが

歌舞伎の家に生まれながら自分が歌舞伎役者になれなかった人は、

自分の子供にその夢を託したがるものなのかもしれません。

 

息子の政明君は三代目市川猿之助の孫であるうえ、まだ生まれたばかり。

香川照之さんに歌舞伎界への想いがあったとすれば、この状況は大きなチャンスです。

 

僕の推測も入りますが、

香川照之さんと市川猿翁さんの関係改善は2004年に政明君が生まれたことが契機になっていることや、

2007年に政明くんが梨園御用達の青山学院幼稚園に入園していること(詳細は【こちらの記事】)、

2009年に両親の離婚原因となった不倫相手(後に猿翁さんと正式に結婚)の藤間紫さんの葬儀に親族として参列していたことからすると

政明君が生まれたころには、

既に香川照之さんは政明君(と自分)の歌舞伎界進出を考えていたのではないかと思います。

 

また市川猿翁さんも、自身が倒れたことで名跡の承継問題を現実的に考えざるを得なくなり

香川照之さんとの関係改善を考えていたのかもしれません。

 

ともかく、政明君が生まれたことをきっかけに香川照之さんと市川猿翁さんは和解

その後2011年9月27日には香川照之さんと息子の歌舞伎界進出を発表しています。

その際発表されたのは、

・香川照之さんが九代目市川中車を襲名すること

・香川さんの長男・政明くんが五代目市川團子を襲名すること

・香川さんの父・三代目市川猿之助さんが二代目市川猿翁を襲名すること

・香川さんの従弟・二代目市川亀治郎さんが四代目市川猿之助を襲名すること

でした。

 

香川照之さんは、

「猿之助の名前は140年続く。政明という長男がいてこの船に乗らないわけにはいかない」

と語っていましたが、

歌舞伎界に入ったばかり、しかも7歳という政明くんにいきなり猿之助を襲名させるわけにはいかないのでしょう。

 

もっとも、市川家の家系図を見ればわかる通り、

四代目市川猿之助さん(ソルマックのCMでおなじみの人です)は未婚で子供もいません。

そのため、次の世代の血縁は香川照之さんの息子の市川團子くんしかいない状況。

だとすれば息子が五代目猿之助になることができる、

というのが香川照之さんが描いている青写真ではないかと思います。

 

もっとも、市川海老蔵さんのブログを見ればわかるように

歌舞伎の名家は、生まれててすぐに稽古をはじめるのが当たり前の世界。

政明君のような7歳での業界入りには異例です。

そういったこともあり、香川照之さん親子の歌舞伎界進出には批判も多いようで

とある歌舞伎界の大物は、政明君を「ただの駄馬」と評したこともありました(詳細は【こちらの記事】)。

 

さらに、2016年に香川照之さんは離婚して梨園の妻のバックアップがない状態ですし、

香川照之さん母・浜木綿子さんも「その子(政明君)の決断を尊重してほしい」と孫の猿之助襲名にはそれほど執着がないようです。

(自分を捨てて他の女に走った男の名跡を孫が継ぐというのは確かに複雑でしょう。)

 

こういった状況が続き、

さらに四代目市川猿之助が結婚し子供が生まれれば

将来「猿之助」の名跡を巡ってひと騒動起きそうな気がします。

 

この話題についてさらに深掘り

※政明君の幼稚園選びの時点で歌舞伎界入り計画は始まっていた?
→香川照之の子供(息子)政明の小学校中学校はどこ?歌舞伎界進出も納得の学校選び。

※政明くんは猿之助の直系なのになぜ“駄馬”なのか?駄馬発言の犯人も。
→香川照之の子供(息子)政明の“駄馬ブログ事件”に離婚の真相が隠されていた?

※東大に入学できたのは家族を捨てた父親のおかげ?
→香川照之を東大の“あの学部”に合格させたのは母親の執念と父親の※※。


関連記事はこちら

コメント

    • かにきち
    • 2017年 1月 21日

    よく猿之助の名に香川照之が固執しているという意見がありますが、本人のインタビューや著書、いとこの猿之助さんの話や周囲の意見をみると、違うかと思います。團子さんが松竹などから猿之助を連想するような役名を与えられたりしているので、周囲から期待はあると思いますが、香川照之本人の根底にあるのは、歌舞伎役者の家を途絶えさせたくないという想いのほうが強いと感じます。
    また、市川猿之助家には、段四郎という名跡もあり、どちらが上とも言えない二枚看板なので、仮に猿之助さんにこどもが生まれても、さほど揉めないと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る