安田顕の子供(娘)は慶應(慶応)中学校。小学校から塾通いで芦田愛菜の同級生に。


502yasuda02-top02

安田顕さんの娘さんは他の芸能人の子供とは一味も二味も違うようです。同級生にはあの芦田愛菜も… 

sponsored link

北海道から単身赴任

俳優・タレントとして活躍する安田顕さん。

大泉洋さん・戸次重幸さんらの所属する演劇ユニットTEAM NACSの一員です。

 

TEAM NACSはもともと北海学園大学の演劇研究会の団員の一部が結成したもの。

活動も北海道を中心としたものでした。

しかし、メンバーの名前は徐々に全国区になり、

今では大泉洋さんをはじめ多くのメンバーが東京でも活躍しています。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

安田顕さんも例外ではなく、ここ数年は全国区のテレビドラマや映画に引っ張りだこ。

東京での仕事がかなり増えているようです。

自身の生活の拠点も東京に移しているようですが

2014年8月1日放送の「A-Studio」(TBS)では、

・妻と子供は北海道にいる、

・北海道に帰るのは月に1度ほど、

と語っていました。

しかしそれから数年、安田顕さんの姿が思わぬところで目撃されていたようで…

 

子供(娘)はしっかりもの

安田顕さんは2002年に学生時代から8年間交際していた一般人女性と結婚

2004年には長女が誕生しています。

 

娘さんは、父・安田顕さんにパパの絵をプレゼントするなど子供らしい一面もあるようですが

他方では、店などに行くと「いつも父がお世話になっております」と挨拶ができるほどのしっかりもの。

この時まだ10歳だったというのですから驚きです。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

また安田顕さんが仕事終わりにお寿司を食べたことを北海道にいる娘さんに話したところ

安田顕さんの出演するドラマ「下町ロケット」に出てくる

「大企業だったら何をやってもいいのか!」

というセリフに引っ掛けて

「俳優だったら何を食べてもいいのか!」と

小学生とは思えない機転の利いた切り返しをしてきたこともあるのだそう。

 

こういったエピソードだけでも、娘さんが聡明そうなのは伝わってきますが

女性セブン2017年4月27日号には驚きの情報が掲載されていました。

sponsored link

子供(娘)が慶應中等部に入学

記事の内容は元(?)子役の芦田愛菜さんの中学校の入学式について。

芦田愛菜さんといえば、女子学院中学をはじめ最難関クラスの中学校に複数合格していたことが話題になっていましたが

女子学院が芸能活動禁止なのも影響しているのか

最終的に選んだのは慶應大学の附属中学校である慶應義塾中等部でした。

 

記事には芦田愛菜さんの入学式の様子等が書かれていましたが

この入学式の保護者席には、なんと安田顕さんの姿があったのだそう。

安田顕さんは目立たないようにしていたそうですが、

いまや数々のドラマに出演する有名俳優ですから、周囲の人には気づかれていたようです。

 

安田顕さんが入学式にいたということは、娘さんは東京にある慶應義塾中等部に進学したのは間違いないでしょう。

中等部には外部受験のほかに慶應幼稚舎(小学校)からの内部進学も可能ですが

安田顕さんの娘さんは2015年の時点では北海道に住んでいたようですから

外部受験で入学したのだと思います。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

慶應義塾中等部はいわずと知れた慶應義塾大学の附属中学校で、その偏差値はなんと70

内部進学者との関係で女子の外部受験の募集人員は男子の1/3ほどしかないため、

女子にとっては特に狭き門となっているようです。

 

しかし反面、入学できてしまえばその後は内部進学で受験をすることなく慶應大学まで進学することが可能。

ちなみに女子の場合、中等部卒業後は慶應義塾女子高校、慶應義塾大学と進学しているのが一般的なのではないかと思います。

 

芸能人の子供が有名私立幼稚園・小学校に入学することが多いのは有名な話ですが

それは幼稚園小学校受験では子供自身の学力はそれほど問われないからだ、

といわれることもあります。

しかし中学受験で問われるのは子供自身の学力ですから、親が芸能人だろうと関係はありません。

難関校に合格しようと思えば、子供自身が努力する必要があるでしょう。

安田顕さんの娘さんもかなりの勉強をしたのではないかと思います。

 

報道によれば芦田愛菜さんが受験勉強をしていたのは1年、本格的に受験対策を始めたのはなんと小6の夏からだったとのことですが、

これは難関中学を目指すための勉強期間としては比較的短いほうなのだそう。

多くは小5、御三家レベルの難関中学になると4年生から中学受験に向けた勉強を始める人も多いのだとか。

 

また、地方在住者が東京の難関校を受験をする場合、

受験に適した塾が身近にないなど東京在住の人にはない苦労もあるといいます。

中には中学受験のために東京に引っ越してくる家庭もあるのだとか。

 

いずれにしても、北海道に住んでいた安田顕さんの娘さんは慶應中等部に入るために小学校のうちからかなりの努力を重ねてきたのではないかと思います。

その成果をしっかりと本番で出すことができる勝負強さは、芸能界を生き抜く父・安田顕さんから受け継いだものなのかもしれませんね。

 

この話題についてさらに深掘り

→瑛太と木村カエラの子供(息子)の小学校はまさかの公立?国立私立の可能性もゼロではない?

→藤木直人の子供が和光幼稚園・小学校に通う理由。3人目も和光学園の予定?

→菅野美穂と堺雅人の子供(息子)の英才教育保育園&ジムはどこ?IQ140を保証する保育園とは。

→谷原章介の子供の幼稚園小学校が意外!有名芸能人には珍しい学校選びとは…

※その他有名人の子供の驚きの幼稚園小学校事情【こちら(50音順)】【こちら(更新順)】にまとめました。あの人のテレビからは想像できない教育熱心ぶりも…


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る