高島彩と北川悠仁の子供の幼稚園はどこ?関内説横浜ymca説などもあるが…


511takashima-top

高島彩さんと北川悠仁さんの長女の幼稚園選びに意外な制限が?ヒントは母親の職業にある?

sponsored link

総理大臣の後輩

女子アナウンサーの高島彩さん。

女子アナというと青山や慶應等の出身者が多いようなイメージがありますが

高島彩さんの出身大学は安倍晋三総理大臣をはじめ政治家を多数輩出する成蹊大学法学部政治学科

同校は小学校から大学まで系列校を有しており、高島彩さんも小学校から成蹊に通っていました。

また、幼稚園は幼稚園受験屈指の名門といわれる枝光会の幼稚園

幼いころから教育にお金をかけて育てられていたことがわかりますね。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

高島彩さんは2011年10月20日に人気音楽デュオ・ゆずの北川悠仁さんと結婚すると

2014年2月17日に第一子となる女の子、

2016年6月1日には第二子となる女の子の出産していますが

自身も子供の教育には熱心な様子。

長女が1歳になるころには近所の幼児教室に通わせたり、

その後も英語の体操教室、右脳訓練の教室等に通わせるなどしていたようです。

 

2017年4月には高島彩さん・北川悠仁さんの長女は幼稚園(3年保育)に入園する年齢です。

上記のような教育熱心ぶりをみると、名門幼稚園のお受験をしたのではないか?と勘繰りたくなりますが、

この夫婦にはちょっと特殊な事情があるようで…

 

幼稚園の選び方

教育熱心な家庭の場合、子供をどんな幼稚園に入園させるかは大事な問題です。

 

その際、一般的に考慮するのは

・所在地(自宅近くであること)

・進学実績

・費用

といったことだと思います。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

高島彩さん・北川悠仁さんも当然こういった事情は考慮すると思いますが

この夫婦の場合、それ以外にも考慮しなければならないことがありそうです。

 

というのも、北川悠仁さんの母親・北川慈敬さんは「かむながらのみち」という宗教団体の教主です。

「かむながらのみち」を北川慈敬さんが1999年に立教した新興宗教で

神道と仏教の影響を強く受けるているようです。

全国に10以上の拠点を持ち、

2004年には身曾岐神社を傘下に収めていますから、

それなりの規模もあるのでしょう。

ちなみに、高島彩さんと北川悠仁さんの挙式はこの身曾岐神社で行われており

北川悠仁さんもゆずのコンサートをたびたび同神社で行っていますから

二人も教団と一切関係がない関係とはいいづらいと思います。

 

高島彩さんが通っていた枝光会もキリスト教系の幼稚園でしたが

幼稚園には運営母体が宗教団体である所も少なくありません。

上に書いた通り、北川悠仁さんの母親の「かむながらのみち」は神道と仏教の影響が強いですから、

教主の息子という立場からすると、少なくとも仏教・神道以外の宗教団体を母体とする幼稚園は選びづらいのではないかと思います。

 

幼稚園はどこ?

このように、高島彩さん・北川悠仁さんが子供の幼稚園を決めるにあたって考慮するであろう事情は

・所在地(自宅近くであること)

・進学実績

・費用

といった一般的なものに加えて

・運営団体の宗教

も含まれて来るのではないかと思います。

 

これらをもとに、二人の子供の幼稚園の条件を絞ってみます。

sponsored link

所在地

幼稚園は小学校以降と違い、毎日の送り迎えが必須ですから

自宅の近くである必要があります。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

各種の報道等によれば、高島彩さんと北川悠仁さんは横浜のマンションに住んでいるとのこと。

ということは幼稚園も横浜の自宅近辺にあるのではないかと思います。

一部ではさらに絞って横浜スタジアム等のある関内ではないか、とも言われていますが根拠は不明です。

 

進学実績

これは慶應幼稚舎等難関小学校への進学実績のことです。

子供を1歳の時から幼児教育に通わせる高島彩さんの教育熱心ぶりをみると

高島彩さんも進学実績も考慮していても不思議ではありませんが

そもそも難関小学校の受験を考えているのかどうかも不明ですし

小学校受験の合否はお受験の塾など幼稚園以外の要素もありますから

必ずしも最重要というわけではないでしょう。

 

また、自宅が横浜だとすると、

東京にある青山や成城といった有名私立の附属幼稚園や

御三家と呼ばれるような名門幼稚園に通うのは難しいのではないかと思います。

 

費用(授業料等)

2014年には高島彩さんが北川悠仁さんの実家の隣の土地建物を夫に頼らず自腹で購入した、と報道されたことがありましたが、

高島彩さん北川悠仁さん共にそれぞれの道でトップレベルに成功していますから

かなりの収入があると思います。

授業料の高さなど経済的な理由で幼稚園選び制限されることはまずないでしょう。

 

運営団体の宗教

先ほども書いた通り、幼稚園の運営母体が宗教団体というケースは意外と多いです。

特にキリスト教系は多く、

有名どころでは芸能人御用達の青山学院幼稚園、

御三家といわれ慶應幼稚舎への進学率が高いとされる枝光会の4幼稚園(枝光会附属幼稚園・枝光学園幼稚園・枝光会駒場幼稚園・麻布みこころ幼稚園)

などもキリスト教系。

こういった学校では、ミサやお祈りの時間があるところも多いようです。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

しかし、北川悠仁さんの母・北川慈敬さんが教主を務める「かむながらのみち」は神道と仏教の影響が強い宗教ですから

こういったキリスト教系の幼稚園は選びづらいのではないかと思います。

 

一部では高島彩さんは横浜YMCAの保育園を利用しているのではないかともいわれているようですが

YMCAはキリスト教精神を基盤としている団体ですから可能性は低胃のではないかと思います。

 

下のリンクをご覧いただければわかりますが

芸能人・有名人が子供を通わせる幼稚園小学校にはある程度傾向があります。

しかし、高島彩さん・北川悠仁さんの場合は横浜在住であることや実家が宗教家であることなどから、

その傾向から判断するのは難しいのではないかと思います。

 

この話題についてさらに深掘り

※この女子アナの子供も高島彩さんの子供と同級生です。
→矢部浩之と青木裕子の子供の幼稚園は枝光附属麻布みこころ他カトリック系のどこか? 青山説もあるが…

有名人の子供の驚きの幼稚園小学校事情【こちら(50音順)】【こちら(更新順)】にまとめました。あの人のテレビからは想像できない教育熱心ぶりも…


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る