田中圭の学歴(小学校中高大学)と偏差値。バスケ全国優勝経験も。


この記事では田中圭さんの学歴(小中高校大学)を紹介しています。

偏差値75越えの進学校に合格、バスケでは全国優勝の神童が俳優になった経緯とは…

sponsored link

幼少期から神童

2019年4月14日放送の「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)に出演した田中圭さんが語ったところによると、

田中圭さんの母親は非常に教育熱心な人だったそう。

通っていた幼稚園(※)ではバイオリンが必修、その他にも野球、バスケ、習字、ピアノ、水泳などを習っていたといいます。

※:江東区石島にある文化教養学園ではないかといわれているようです。

 

田中圭さんは当時から子供らしからぬ面も多かったようで、周りの子供達が騒いでいる中一人だけ小説を読んでいる、電話を取れば大人顔負けの完璧な対応をする、など周囲を驚かせることも多々あったそう。

周囲の大人たちからは「神童」と呼ばれていた、と明かしていました。

 

小学校

田中圭さんは中央区立久松小学校に通っていたといわれています。

 

根拠

本人発信の明確な根拠は見つかりませんでしたが、

Wikipedia「中央区立久松小学校」には、著名な出身者として、近藤麻理恵(こんまり)さんや土佐兄弟などと共に田中圭さんの名前が挙がっています。

 

田中圭さん自身も学校名こそ出さないものの、

クランクイン2013年11月1日配信記事「田中圭、最近買ったゲームは『ドラゴンズクラウン』と『海賊無双』」内で

小学生の頃は越境通学をしていたこと

2019年4月14日放送の「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)では、

公立の小学校に通っていたこと

・大島駅(東京都江東区)から電車通学していたこと

等は語っています。

 

公立小学校への越境入学というのは比較的珍しいように思いますが、

サイト「マチノコエ」掲載の久松小学校校長へのインタビュー記事(おそらく2019年4月ごろのもの)には、

過去には区外からお子さんを受け入れていることが多かった時期もあったようですが、

…(中略)…

※マチノコエ掲載「伝統と歴史、そして新しい未来が混ざり合う日本橋育つ/東京都中央区立久松小学校 植村洋司校長先生」より引用

とあり、この点は合致しています。

 

バスケで全国優勝

田中圭さんが幼い頃から多くの習い事をしていたのは先述の通りですが、バスケットボールでは全国優勝を経験。

しかも4年生からスタメンだったそうです。

母親がバスケ大好きで、その影響で小学1年生の時にYMCAでバスケを始めたんです。それが唯一ずっと続いた習い事だったんですけど、東京YMCAで全国優勝したりして。小学6年生がスタメンを張る中、僕は4年生の時から1人スタメンだったんです。軽い自慢になっちゃいますけど(笑)。

※ザテレビジョン2018年4月13日配信記事「全国優勝経験あり!田中圭がバスケ&NBAを語る「NBAの仕事で現地に行けると思ったら、意外と実家の近くだった(笑)」」より引用

 

テストで100点連発

田中圭さん出演の2019年4月14日放送の「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)によれば、

小学校入学後も田中圭さんの神童っぷりは健在だったようで、

学校のテストでは100点を連発、小学校5年生になると中学受験ひいては東大をめざして塾に入り、1日8時間勉強していたといいます。

 

当時通っていた塾は、居眠りをしているとかかと落としが飛んでくる、宿題を忘れたことを人のせいにすると倉庫に呼び出されてビンタを食らう、など超スパルタ方式だったそう。

田中圭さんは怒られるのが嫌で必死で勉強していた、と当時を振り返っていました。

その甲斐あってか田中圭さんは中学受験で超高偏差値中高一貫校へと進学しています。

sponsored link

中学校・高校

田中圭さんは中学受験で渋谷教育学園幕張中学校・高校(中学受験の偏差値(男子)77)に進学しました。

※偏差値は首都圏模試センター2021年8月27日掲載のもの

その偏差値からもわかるように同校は東大を含む有名大学に毎年多数の合格者を輩出するトップレベルの進学校です。

 

根拠

田中圭さんは2021年5月12日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)で同校に通っていた旨語っています。

田中によると、中学受験の勉強は相当していたそうで、「東京って結構……何ていうんですかね? 当たり前に受験戦争みたいな、乗るじゃないですか。その1つで母親に言われるままやってて。第1志望が2個ぐらいあって、でもやっぱ渋谷幕張は共学なんですよ、ほか(の志望校)は全部男子校で。親が共学に行かせたいっていうのがあったんでそっちにしました」と選んだ理由を説明する。

※ナリナリドットコム2021年5月13日配信記事「田中圭は進学校出身「周りが東大目指す人いっぱい」」より引用

 

学校生活

田中圭さんがゲスト出演した2013年5月5日放送の「おしゃれイズム」(日本テレビ系)では、

田中圭さんの高校時代の恩師から寄せられた情報が紹介されていました。

それによると、当時の田中圭さんは運動神経抜群で体育祭で活躍したりマラソン大会で優勝したりとスポーツ系イベントで大活躍していたそう。

また後輩からの人気も抜群に高かったといいます。

 

しかし2019年4月14日放送の「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)で田中圭さんが語ったところによると、

学業の成績はガタ落ちしてしまったそう。

中学受験を塾の先生に怒られないことをモチベーションに乗り切った田中圭さんにとって、

自主な校風で勉強をしなくても怒られない渋幕の環境では勉強に身が入らなかったのかもしれませんね。

 

バスケ断念→芸能界入り

2019年6月27日放送の「バゲット」(日本テレビ系)に出演した田中圭さんは、自身の芸能界入りのきっかけについて語っています(※1)。

それによると、田中圭さんは高校1年生の時に足首を故障しバスケットボールを断念したそう。

目標を失い遊びに走り始めた田中圭さんを見かねた母親が応募した映画のオーディション(※2)にお小遣い5000円につられた参加したことが芸能界入りのきっかけとなりました。

 

当初はお小遣い目当てだった田中圭さんも、選考が進むにつれて「せっかくここまで来たらやりたい」と気持ちに変化が現れたそう。

結果は最終選考落選でしたが、これをきっかけに現在の事務所にスカウトされ、芸能界に入ることとなりました。

 

※1放送内容はE TALENTBANK2019年6月27日配信記事「田中圭、俳優デビューのきっかけは“母”「お小遣いあげるから…」」参照

※2オリコンニュース掲載の田中圭さんのプロフィールによれば、映画「死者の学園祭」の主演深田恭子さんの相手役のオーディション

 

大学

田中圭さんは高校卒業後大学には進学していません

これは田中圭さん自身も各所で語っていますが、

2019年4月14日放送の「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)に出演した際には、大学に進学しなかった理由も語っていました。

 

それによると、「俳優業を言い訳に大学受験から逃げたかった」とのこと。

先述の通り田中圭さんが通っていた渋谷教育学園幕張高校は屈指の進学校であり同級生の志望校は東大をはじめ名門校揃い。

他方で自身は学業では落ちこぼれていたため俳優を目指すことを逃げ道にした、と明かしていました。

 

ちなみに、その年進学を希望しなかった生徒は田中圭さん一人だったそう。

もっとも、自由な校風のためか成績が芳しくなかったためか、学校の先生から反対されることはなかったそうです。

 

田中圭さんは当初は俳優一本で食べていけるとは思っていなかったそう。

しかし、徐々に仕事が増え始め同級生が大学を卒業する22~23歳の頃にはアルバイトをしなくても食べていけるレベルに。

その後はブレイクしきれない時期が続きますが地道にキャリアを重ねながら実力を磨き、

2018年の主演ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)の大ヒットをきっかけに同世代トップレベルの人気俳優となりました。

田中圭の記事を読む

田中圭とさくらの子供2人(娘)の小学校は公立(区立)。谷原章介瑛太木村カエラが集結。

田中圭と嫁(結婚相手)さくらの馴れ初めから現在まで。離婚説は浮気合コン報道が原因

芸能人の学歴の記事を読む

芸能人なのに学歴が高い人一覧まとめ(東大京大国立大学編)

芸能人有名人なのに学歴が高い人一覧まとめ(早稲田慶應上智編)

芸能人有名人なのに学歴が高い人一覧まとめ(MARCH編)

芸能人有名人なのに学歴が高い人一覧まとめ(関関同立編)

高学歴な芸能人有名人(俳優女優編)

高学歴な芸能人有名人一覧まとめ(ジャニーズ編)

高学歴な芸能人一覧まとめ(お笑い芸人編)

高学歴な芸能人有名人(女性編)

高学歴芸能人の意外な勉強法まとめ。ハーバードも夢じゃない?


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る