Cocomi(木村心美)の学歴(小中学校高校大学)。インター→桐朋女子(桐朋音高)→桐朋女子大学音楽部の音楽エリート。


この記事では、木村拓哉さん工藤静香さんの娘(長女)のCocomiさんの小学校から大学までの学歴およびコンクール歴を紹介します。

sponsored link

家族構成

木村拓哉さんと工藤静香さんは2000年に結婚。

2001年5月に第一子となる長女の木村心美(Cocomi)さん、

2003年2月に第二子となる次女の木村光希(Koki)さんが誕生しています。

 

次女でモデルのKokiさんは自身のインスタグラムで姉妹ツーショットを披露しています。

左が長女心美(Cocomi)さんで右が次女光希(Koki)さん。

姉は母工藤静香さん似で妹は父木村拓哉さん似でしょうか。

 

小学校中学校は英国式インター

小学校中学校時代のCocomi(木村心美)さんは、

「The British School in Tokyo(ブリティッシュ・スクール・イン東京)」に通っていたといわれています。

これは、

・過去に木村拓哉さんがテレビ番組(ただし時期や番組名不明)で

娘の学校が「英国式のインターナショナルスクール」である旨明かしていたとされること

・女性自身2016年2月23日配信記事(週刊女性2016年3月8日号掲載)に

2016年1月下旬に木村拓哉さんの娘達が通う英国式のインターナショナルスクールに爆破予告があった旨の記載があること

・サイト「クリスチャントゥディ」が2016年1月28日に

「渋谷の「ブリティッシュ・スクール・イン東京」に爆破予告 隣接の中高含め1200人避難」という記事を掲載していること

などが根拠です。

 

語学力と特別視リスク

「The British School in Tokyo(ブリティッシュ・スクール・イン東京)」は、

イングリッシュ・ナショナル・カリキュラム(日本でいう学習指導要領)に基づいた教育を受けることができる、日本に4校しかない英国式インターナショナルスクールの1校。

生徒の65%がイギリス国籍で両親ともに日本人の生徒はわずか8%だという同校は、

日本人の生徒にとっては日本にいながら語学力や国際感覚を獲得するのにうってつけ環境でしょう。

Cocomi(木村心美)さんと妹でモデルのKoki(木村光希)も、日本語はもちろん英語やフランス語も流暢に扱えるそうです。

 

また、日本に芸能界に疎い外国人が多数を占める環境は、有名芸能人の子供でも特別視されることがない、というメリットもあるよう。

芸能人の子供であることを理由とするいじめや、周囲にちやほやされて「自分は特別だ」という勘違いが起こるするリスクも小さくなります。

 

こういったメリットも理由なのか、同校には木梨憲武さんの子供(娘長女)も通っているようです【詳細を読む】

 

小学校時代のコンクール歴

上記のような「キムタクの娘」であることに振り回されづらい環境の中、Cocomi(木村心美)さんは幼いころからバイオリンやフルートなどに打ち込んでいたようで、小学校時代から受賞歴があるようです。

・2013年(小学校6年生時)

第23回山野ジュニアフルートコンテスト小学生の部:最優秀賞

※次女木村光希(Koki)さんも優秀賞

sponsored link

高校は桐朋女子高校音楽科

Cocomi(木村心美)さんは2017年4月に桐朋女子高校音楽科に進学しました。

これは、桐朋女子高校音楽科のサイトの「コンクールでの活躍」2019年度のページに

木村心美(高3・フルート)

日本奏楽コンクール高校管楽器部門 第1位、フランス近代音楽賞、準グランプリ(グランプリ該当者無し

と書かれていることが根拠です。

 

桐朋女子高校音楽科は、数多くの音楽コンクール受賞者を輩出する国内トップレベルの名門音楽科で、

卒業生には指揮者の小澤征爾さん、バイオリニストの諏訪内祥子さんなどワールドクラスの音楽家も多数。(“女子”とありますが男女共学です)。

バラエティでも活躍するバイオリニストの高嶋ちさ子さんも同校出身です。

反面その定員はピアノや声楽等全て合わせて1学年わずか90名の狭き門となっており、

音楽家を目指す学生が全国から集まる入試は非常に競争率が高いようです。

 

高校時代のコンクール歴

インターネット上には、木村心美さんの高校時代のコンクール歴がいくつか見られます。

2018年(高校2年生時)

・第72回全日本学生音楽コンクール東京大会 フルート部高校の部:本選出場

 

2019年(高校3年生時)

・第73回全日本学生音楽コンクール東京大会 フルート部高校の部:本選出場

・第2回日本奏楽コンクール:準グランプリ(グランプリ該当者無し)、管弦楽部門高校の部1位(フランス近代音楽賞)

 

全日本学生音楽コンクールは東京大会を含む5つの地方大会の後に全国大会あり。

また、日本奏楽コンクールは歴史が浅く他のコンクール入賞実績持ちの出場者も少ないため、2019年時点ではコンクールとしての評価は定まっていないようです。

 

高校卒業と芸能界デビュー

妹の木村光希さんは2018年にKokiとしてモデルデビューしましたが、

木村心美さんも大学進学を目前に控えた2020年3月28日発売のVOGUE JAPANで「Cocomi」として表紙を飾り、芸能界デビューを果たします。

また、2020年3月19日、ファッションブランド「ディオール(DIOR)」は、Cocomiさんをジャパンアンバサダーに起用することを発表しました。

 

NEWSポストセブン2019年3月19日配信記事「木村拓哉長女Cocomi 「フルート演奏」がデビューきっかけに」によれば、

2020年1月上旬にCocomiさんがあるオーケストラグループのステージで演奏した際、その美貌と音楽性がディオール関係の目に留まりオファーを受けた、

とのことです。

 

大学は桐朋女子大学音楽部

先の芸能界デビューに関する報道では、Cocomiさんの肩書は「音楽家」とされていました。

また、上記NEWSポストセブンの記事にも

アンバサダーのオファーを受けたのはいろいろな経験を積み感性の幅を広げるためであり、

今後もフルートを学びながら音楽の道を志していくことに変わりなはいようだ、

という“木村家の知人”の話ともに

Cocomiはこの3月に都内にある超有名音楽高校を卒業。4月からは同系列の音楽大学に進学する

と書かれています。

先述の通り木村心美さんが通っていたのは桐朋女子高校音楽科ですから、進学先は同系列の桐朋女子大学音楽部でしょう。

木村拓哉と子供の記事を読む

→木村拓哉の子供のフルートの才能が早くも開花。娘の学校から見えた予想外の将来設計。

→木村拓哉が娘(長女次女)の学校にインターナショナルスクールを選んだ“キムタクらしい”理由。

→木村拓哉工藤静香の長女木村心美の現在。フルートと芸能デビューの間で揺れている?

→木村拓哉の本名が木里だとインターナショナルスクールに通う子供から発覚?

木村拓哉の身長は低い?工藤静香(163cm)と娘光希(Kōki)からサバ読み身長詐称疑惑を検証

→木村拓哉の自宅住所がある中目黒のストリートビューに異変?父の職業は元◯◯。

芸能人の子供の幼稚園・学校の記事を読む

→芸能人の名前順(50音順)に読む

→学校別に読む

→最新記事から順に読む


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る