木村拓哉工藤静香の長女木村心美の現在。フルートと芸能デビューの間で揺れている?


508kimura-top

2000年に結婚した木村拓哉さんと工藤静香さんには

2001年5月に長女・心美(ここみ)さん、

2003年2月に次女・光希(みつき)さん、

と2人の子供がいます。

 

2018年には次女の光希さんがKōki(Koki:こうき)としてモデルデビュー。

170cmの長身と両親そっくりの整った顔立ちは大きな話題になりました。

 

他方で長女の心美さんは今のところ表に出る予定はないようです。

しかし、心美さんは妹Kokiさんに負けず劣らずの美人、そして一部報道では妹の活躍に触発されてデビューを考え始めているとも書かれていました。

仮にデビューをすれば妹Kokiさん並に注目されるのは間違いないでしょう。

この記事では、そんな木村拓哉さんと工藤静香さんの長女木村心美さんの現在までの報道等の情報をまとめました。

sponsored link

インターナショナルスクールに通いマルチリンガルに

週刊女性2018年7月17日号の記事には、

木村拓哉さんと工藤静香さんは長女心美さん次女光希さんを共に

「英国式のインターナショナルスクール」

に通わせていた、と書かれています。

 

そして、日本にある英国式インターナショナルスクールは

・ブリティッシュ・スクール・イン東京(The British School in Tokyo)

・聖ミカエル インターナショナルスクール(St. Michael’s International School)

・ホライゾン ジャパン インターナショナルスクール(Horizon Japan International School)

・代々木インターナショナルスクール(Yoyogi International School)

の4校のみ。

そして、木村拓哉さんの自宅が東京都目黒区にあるといわれていることから都内にない聖ミカエル(兵庫県)とホライゾン(神奈川県)は除外され、

心美さんと光希さんは中学まで同じインターナショナルスクールに通っていたことから対象年齢が10歳までの代々木インターナショナルも除外。

その結果残ったブリティッシュ・スクール・イン東京(The British School in Tokyo)が、長女心美さんと次女光希さんが通っている(通っていた)「英国式インターナショナルスクール」であるといわれています。

 

女性セブン2018年6月14日号の記事によれば、

木村拓哉さんと工藤静香さんが子育てで一番大切にしていたのは礼儀だそう。

スーパースターの娘として「特別扱いされることに慣れてはいけない」気を使っていたといいます。

この点、ブリティッシュ・スクール・イン東京(The British School in Tokyo)は生徒の65%がイギリス国籍で両親とも日本人の生徒はわずか8%とのことですから、

日本の芸能界に疎い外国人が多いこの環境は「キムタクと工藤静香の娘」であることで特別扱いされることは、日本の学校よりもはるかに少ないでしょう。

特別扱いに慣れてはいけない、という工藤静香さんの方針にきわめてマッチした学校といえそうですね。

 

また、同校は英語だけでなくフランス語も教えているようで、長女心美さんと次女光希さんはともに日本語、英語、フランス語を話すことができるようです。

 

フルートの腕前も一流

妹の光希(Koki)さんは2018年にモデルデビューしたのに対し、

長女心美さんは今のところ芸能界デビュー等はしていません。

 

しかし、長女心美さんも全く表舞台に出ていないというわけではありません。

長女心美さんは2013年10月27日に開催された山野楽器主催の「第23回山野ジュニアフルートコンテスト」小学生の部に出場すると、

なんと最優秀賞を獲得。

※次女の光希さんも優秀賞

会場で二人の演奏を聴いた人は、木村拓哉さんと工藤静香さんの娘であるというひいき目抜きでとびぬけて上手かった、と週刊女性に語っていました。

 

長女心美さんは、幼いころからフルートを習っていましたが、

やるからには本気で、と日夜練習に励んでいたといいます。

一時は音楽留学の噂も出たこともありましたが、練習の成果はコンクールの結果としてしっかりと出たようですね。

sponsored link

高校は名門音楽学校

また、幼いころからの練習の成果はコンテストの結果だけではありません。

2017年4月26日配信の女性自身のHPの記事には

木村拓哉さんと工藤静香さんの長女木村心美さんの高校に関する情報が掲載されていました。

それによると、長女心美さんが2017年4月に入学した高校は

・都内名門私立高校、都内有数の難関校

・奏者を目指す精鋭が全国から集まる

・卒業生には誰もが知っている世界的音楽家もいる

とのこと。

どうやら幼いころから通ったブリティッシュスクールイン東京を出て、音楽に強い学校に入学したようです。

 

そして、この高校は桐朋女子高校音楽科ではないかといわれています【学校特定の経緯等はこちら】

桐朋女子高校音楽科は音楽コンクール受賞者を多数輩出し、

卒業生にはバイオリニストの諏訪内祥子さんや指揮者の小澤征爾さんといった世界的音楽家もいる日本トップレベルの音楽科。

しかし、同校音楽科の1学年の定員はピアノや声楽などすべて合わせて90人という狭き門で、

上記の通り全国から受験生が集まるうえ、「女子」とつくものの男女共学ですから競争率は非常に高いようです。

 

女性セブン2018年6月14日号によれば、

同校は長女心美さんが自ら探してきて、「どうしても行きたい」と工藤静香さんを説得したそう。

現在(2018年8月)も同校でフルートに打ち込んでいるようです。

 

芸能界にも興味あり?

このように木村拓哉さんと工藤静香さんの長女木村心美さんは幼いころからフルートに打ち込み、現在も音楽系の学校で練習を続けています。

 

しかし、2018年08月15日配信の東京スポーツの記事によれば、

心美さんは妹光希(Koki)さんのモデルデビューにかなり刺激を受けているそう。

工藤静香さんもその思いは承知しており、筋道を考えているのではないか?

といった内容が“とある芸能プロ関係者”の話として書かれていました。

 

これにどれほどの信ぴょう性があるのかはわかりませんが、過去に流出した心美さんの写真をみれば、妹光希さんに負けず劣らずの美形なのは一目瞭然。

木村拓哉さんと工藤静香さんの娘でKokiさんの姉、ということも加わり、

仮に芸能界デビューすることになれば間違いなく大きな話題になるでしょう。

本人がやりたいことをやるのが一番ですが、一度くらいは家族共演を見てみたい気もしますね。

木村拓哉と子供の記事を読む

木村拓哉の長女(娘)木村心美の学校は私立桐朋女子高校フルート専攻(音楽科)。小中学校の特殊環境が合格の鍵?

→木村拓哉の次女Koki(本名光希)の学校(小中高校)は“キムタク娘リスク”回避のための選択だった?

→木村拓哉の子供のフルートの才能が早くも開花。娘の学校から見えた予想外の将来設計。

→木村拓哉工藤静香の子供(娘)木村心美の学校(高校)は桐朋女子?インターからどこへ行ったのか?

→木村拓哉の本名が木里だとインターナショナルスクールに通う子供から発覚?

木村拓哉の身長は低い?工藤静香(163cm)と娘光希(Kōki)からサバ読み身長詐称疑惑を検証

→木村拓哉の自宅住所がある中目黒のストリートビューに異変?父の職業は元◯◯。


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る