鈴木亮平の自在の体重増減変化は筋肉トレーニングと食事がコツ?狂気の役作りまとめ。


724suzuki-top

俳優の鈴木亮平さん。

役者デビューは23歳と比較的遅めですが、

35歳で大河ドラマ「西郷どん」に主演するなど、いまや同世代のトップ俳優の1人となっていますね。

 

そんな鈴木亮平さんは、役柄に合わせて自在に体重を増減させることで有名です。

時にはあまりの激変ぶりに心配の声がでることも…

この記事では、鈴木亮平さんの歴代出演作と、体重の変遷を紹介していきます。

sponsored link

平常時の身長体重

ホリプロのHPによると、

鈴木亮平さんの身長は186cm。

また、後述のドラマ「天皇の料理番」では体重76kgから減量をスタートした、と語っていることからすると

鈴木亮平さんの通常時の身長体重は

186cm76kg

位なのではないかと思います。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

以下では作品ごとに

・目指す体のイメージ、

・体重の増減変化、

・肉体改造の方法

をまとめました

 

2013年:映画『HK 変態仮面』

目指す体のイメージ

脂肪も筋肉も付けて脂肪だけを落とし、そのままだと色気がないため、そこからさらに脂肪をつけ出来立ての脂肪で“プリプリ”とした肉体

(モデルプレス「鈴木亮平の「ストイック過ぎる」役作り 20キロ減から30キロ増…変幻自在の肉体改造秘話を告白」より引用)

 

体重の増減変化

一度15kg増量したうえで、脂肪をそぎ落とすという驚異の肉体的アプローチを敢行した。

(NewsWalker『HK 変態仮面』鈴木亮平、15kg増の筋骨隆々肉体改造を語る より引用)

 

肉体改造の方法

トレーナーはつけず、ボディビルダーの本を見ながら、一人でやっていきました。ちゃんと知識を入れておかないと、一年という期間で体を作ることは難しかったと思います。でも、その間、飲み友達がほとんどいなくなりました(苦笑)。また、筋肉量が増え、体が重くなるので、アクションについては、一ヶ月前からやってようやく追いついた感じです。そのバランスが難しいところでした」

(NewsWalker『HK 変態仮面』鈴木亮平、15kg増の筋骨隆々肉体改造を語る より引用)

 

2014年:映画『TOKYO TRIBE』

目指す体のイメージ

「道で一番会いたくない人間」をイメージし凶暴な身体

(モデルプレス「鈴木亮平の「ストイック過ぎる」役作り 20キロ減から30キロ増…変幻自在の肉体改造秘話を告白」より引用)

 

肉体改造の方法

1日8食。朝、昼前、昼、おやつを2、3回、夕食、夕食後のラーメンを食べながら週5回トレーニングすることで筋肉と贅肉を同時に付けることに成功した。

(モデルプレス「鈴木亮平の「ストイック過ぎる」役作り 20キロ減から30キロ増…変幻自在の肉体改造秘話を告白」より引用)

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

「筋トレも辛いんですけど、食べるのがとにかく辛かったですね。その後のダイエットのほうが楽でした(笑)」

「TOKYO TRIBE」TOKYO HEADLINE鈴木亮平 その肉体美に隠された!? 知的で熱い素顔とは。より引用

 

2015年:ドラマ『天皇の料理番』

目指す体のイメージ

弁護士になる夢を抱くが、病に冒され断念し、弟に託すという役柄。…中略…ストーリーが進行するのに合わせてやせ細っていく姿を見せている。

(マイナビニュース鈴木亮平、新ドラマ『天皇の料理番』で20キロ減量! 「毎日が自分との戦い」より引用)

 

体重の変化

「周太郎の生き方、変化を徐々に見せていかなければいけないと思い、体重を76キロから半年で20キロ落としました」…中略…クランクインの2カ月前(昨年10月)から8キロ、撮影の合間に12キロ落とした

(マイナビニュース鈴木亮平、新ドラマ『天皇の料理番』で20キロ減量! 「毎日が自分との戦い」より引用

 

肉体改造の方法

4ヵ月間「キャベツ納豆」を中心とした生活を行い、「普段は怒らない人間なんですが、ちょっとしたことでもイラつくようになった」と告白。

(モデルプレス「鈴木亮平の「ストイック過ぎる」役作り 20キロ減から30キロ増…変幻自在の肉体改造秘話を告白」)

 

「空腹なんてものは耐えることができますけど、そこからくるメンタルを耐えることが大変」と苦労を吐露。「俗世間とのつながりを絶たないといけなくて、毎日が自分との戦いなんですよ。自分のプライベートな時間を削って、全てを減量にささげました

(マイナビニュース鈴木亮平、新ドラマ『天皇の料理番』で20キロ減量! 「毎日が自分との戦い」より引用)

sponsored link

2015年:映画『俺物語!!』

目指す体のイメージ

原作での設定は身長2m、体重120kgと屈強な肉体の持ち主

(鈴木亮平さんの直筆サイン&メッセージ入りインスタント写真を1名様にプレゼント!」より引用)

オスゴリラに見えるよう首周りを太くした」

(モデルプレス「鈴木亮平の「ストイック過ぎる」役作り 20キロ減から30キロ増…変幻自在の肉体改造秘話を告白」より引用)

体重の増減変化

原作の役柄に少しでも近づけようと、1カ月半ほどで約30kgの増量を行いました

(鈴木亮平さんの直筆サイン&メッセージ入りインスタント写真を1名様にプレゼント!」より引用)

40日間で30キロ。一気にリバウンドしました(笑)。

(シネマトゥデイ『俺物語!!』鈴木亮平 単独インタビューより引用)

直前にドラマ「天皇の料理番」で76kgから20kgの減量をしていたため、「俺物語!!」の時の体重は86kg前後でしょうか

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

肉体改造の方法

増量の方法は、空いた時間にひたすら炭水化物を食べるというやり方で、特に甘いパンはよく食べていましたね。

(進路ナビ「鈴木亮平さんの直筆サイン&メッセージ入りインスタント写真を1名様にプレゼント!」より引用)

 

甘い炭水化物をひたすら食べ、常におなかを満腹にさせていました。あと、今回は柔道のシーンなどもあって、ゴツイ体にしなきゃいけないので、筋トレもしつつ、パンをひたすら食べていました。パンだと詰め込めばたくさん食べられるんですよね。糖質はそのまま吸収されて血糖値がバンと上がるので、効果的なんです。体には良くないし、つらいんですけど(苦笑)。

(シネマトゥデイ『俺物語!!』鈴木亮平 単独インタビューより引用)

 

重いものを持っての筋トレと、菓子パンを1日10個食べることで40日間で“ゴツメン”の身体を作り上げたという。「寝てる間にもアラームで1回起きてお腹いっぱい食べて寝る」など当時の役作りを振り返った。

(モデルプレス「鈴木亮平の「ストイック過ぎる」役作り 20キロ減から30キロ増…変幻自在の肉体改造秘話を告白」より引用)

 

2016年:映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』

目指す体のイメージ

今回はNYにも行くので、海外のヒーローと並んだ時にひけをとらない肉体にしたかったんです。…中略…日本人の規格を超えたサイズ感というか、筋肉量が必要になったんです。

(SPICE「鈴木亮平インタビュー 『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』の進化した“生のアクション”の根源とは」より引用)

 

肉体改造の方法

他作品でかなり体重を増やした直後の撮影だったので、そこから脂肪だけを落として筋肉を残しました。

(SPICE「鈴木亮平インタビュー 『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』の進化した“生のアクション”の根源とは」より引用)

※「他作品」とは「俺物語!!」のこと。当時が86kgだとすると、この作品では80キロ台前半でしょうか。

 

2018年:大河ドラマ「西郷どん」

目指す体のイメージ

西郷隆盛

身長:五尺九寸八分(約181cm)

体重:二十九貫(約109kg)

(wikipediaの西郷隆盛のページより引用)

体重の増減変化

今回の『西郷どん』でも、かなり太った姿を披露しており、その体重は鈴木史上「一番重い」と公言していることから90キロを超えているという見方が強い。

リアルライブ「鈴木亮平、『西郷どん』の役作りでまた容姿が激変? ストイックすぎるプロ意識を保てるワケ」

 

体重の増減変化は当たり前?

このように、鈴木亮平さんは演じる役柄に合わせて数十キロ単位の体重増減を伴う徹底した役作りをたびたび行っています。

これについて鈴木亮平さんはこう語っています。

ドラマ『天皇の料理番』や映画『俺物語!!』で体重を増減させる役作りをしたことも決して特殊なことではなく、僕にとっては当然なこと。世界では役に合わせて肉体改造をするのはすでに普通のことですし、世界で勝負していくためには、彼ら以上の努力をしないと勝負できないと思っています。

(UR PRESS 2016 vol.44「未来を照らす7」より引用)

 

鈴木亮平さんは海外プレス向けの会見に通訳なしで対応できるほどの英語力を持っていますが、

役作りに関しても世界を意識して取り組んでいるようです。

鈴木亮平さんが渡辺謙さんばりに海外作品に出演するようになる日も近いのかもしれませんね。

鈴木亮平の記事を読む

鈴木亮平の英語力がわかる動画と勉強法の極意。本質は役作りと同じ?

鈴木亮平の身長サバ読み疑惑は新人時代の仕事が原因?体重の変化は本物!

鈴木亮平の結婚と嫁と子供の謎。嫁は9歳年上で挨拶しない奴との噂があるが…


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る