桜井奈々の旦那(夫)YOUには親友GACKTのゴーストライター疑惑あり?報道と反論まとめ。


お弁当研究家で人気ブロガーの桜井奈々さんはGACKTさんの親友でバックバンドメンバーであるYOUさんと結婚しています。

桜井奈々さんが再婚であることは【こちらの記事】に書きましたが、

お相手のYOUさんも2018年2月10日のブログに『3年前に協議離婚いたしまして』とあるように再婚です。

 

YOUさんは2014年に前妻と離婚していますが、前妻は離婚協議中週刊誌にとんでもない暴露をしています。

その内容はYOUさんだけではなくGACKTさんをも巻き込むもの。

プライベートの問題をGACKTさんに飛び火させてしまったYOUさんは記事の内容に対してブログで反論しています。

以下では、ゴーストライター疑惑を中心に、両者の言い分をまとめています。

sponsored link

週刊誌の内容(前妻の言い分)

FLASH2014年7月1日号にはYOUさんの元妻(当時は妻)による暴露記事が掲載されています。

 

告発の理由

元妻曰く、YOUさんと舞台女優の不倫を発端に離婚協議(離婚を切り出したのはYOUさん)が始まったが、YOUさんとGACKTさんの不誠実な対応に激怒しての告発だったとのことです。

 

告発の概要

・10年前にYOUさんと結婚したが結婚公表をGACKTさんに止められた(ファン離れを気にした)。

・YOUさん夫妻がGACKTさんのマンションに強制的に引っ越しさせられた

・YOUさんがGACKTさんのゴーストライターをしていた。作曲料は1曲50万円。

・GACKTさんが同居していた甥に暴力をふるっていた

・GACKTさんの女性関係、旅行での卑猥な行動 

 

YOU側の反論

これに対してYOUさんは2014年6月20日にGACKTさんのオフィシャルコミュニティサイト内にある自身のブログ(YOU BLOG)で釈明しています。

 

反論部分を要約すると、

・結婚の非公表について

GACKTさんに結婚の公表を止められた事実はない。

人気商売ゆえにYOU自身が非公表と決めた。

 

・引っ越しの強要について

GACKTさんのマンションへの引っ越しは強制ではなかった。

経済的に困っていた頃にGACKTさんに相談したところ、自身のマンションへの引っ越し(家賃なし)を提案してくれた。

 

・甥への暴力について

甥に暴力をふるうところを見たことはない。

叱ることはあってもやみくもに暴力をふるう人間では絶対にない。

反抗期にありがちな家出はあったかもしれないが、甥は今もGACKTさんと同居している。

 

・GACKTさんの女性関係等について

女性関係は自分も妻も関与していない、妻は週刊誌のネタを見てコメントしているのではないか。

旅行での卑猥な行動に関しては、旅行に参加した自分は見た覚えがないし、妻も状況的に見たとは考えづらい。

 

・ゴーストライター疑惑について

GACKTさんが作曲したものをアレンジ・トラックメイキングするのがGACKTチームにいる自分の仕事(詳細は後述)。

 

以上のような反論がYOUさんのブログには書かれています。

ちなみに元妻が離婚の発端になったと主張するYOUさんの不倫の有無については触れられていません

事実であるということなのか、夫婦の問題を飛び火させてしまったGACKTさんに関する部分についてのみ反論した、ということなのか…(反論が掲載されたブログもGACKTさんのサイト内にあります)

sponsored link

ゴーストライター疑惑をめぐる両者の言い分

上記のFLASH2014年7月1日号をもとに書かれたMEN’S CYZO2014年6月17日配信記事によると、

恵子(※元妻の仮名)さんによると、GACKTがソロに転身したころから曲の大半をYOUが制作。

GACKTが「こんな感じで」「次はバラードで」などとイメージを伝えることもあれば、完全に丸投げすることもあったという。

歌詞もGACKTが書く場合とYOUが作るケースがあるが、完成した曲は全てGACKTの作詞・作曲になっているというのだ。

作曲料は1曲50万円だったといい、その入金額が記載された通帳のコピー写真も証拠として掲載されている。

というのがYOUさんの元妻が主張するゴーストライター疑惑の内容のようです。

 

これに対してYOUさんは先のブログ記事で

『ゴーストライター』の下りについて。

GACKTチームの制作のやり方で、GACKT本人が作曲したものを僕たちがアレンジ、

トラックメイキングするので、そのアレンジ料のギャラとしての50万円です。

チーム全員が関わって一つの作品を作り上げる、そのサポートが自分の役目です。

 

アレンジ料50万円は業界的にはかなりの破格だと思います。

それもこれも親友である僕へのGACKTの配慮です。

そのおかげで音楽でなんとか生計を立てられていました、本当に感謝しています。

と作曲はあくまでGACKTさん本人であり、自身を含むチームはそれをアレンジしていただけ、と反論しています。

 

曲の完成までの過程にYOUさんがかかわっている、という点は両者一致しているようですが、

・元妻の主張→丸投げまたはGACKTさんが伝えるイメージをもとにYOUが作曲

・YOUの主張→GACKTさんが作曲したものをYOUらがアレンジ

と作曲者が誰かをめぐっては意見が対立しています。

 

素人目には線引きが難しそうな作曲とアレンジ違いよりも、気になるのはアレンジ料にしては破格の高値である報酬50万円の意味でしょう。

ここに関しては、

・元妻の見解→作曲料(+口止め料?)

・YOUの見解→アレンジ料+親友としての配慮

報酬が50万円であったことは両者一致しており、これがアレンジ料にしては破格の高値であることはYOUさんも認めるところです。

元妻はこの価格こそYOUさんが作曲者である証拠である、というのに対し、

YOUさんは、親友が音楽で生活できるようにとのGACKTさんの配慮である、

としています。

 

また、YOUさんは、同居の強制の有無に関してもブログで、

『GACKTのマンションに強制的に引っ越させられた』云々の下りについて。

もともとサポートミュージシャンのギャラなんて大したものではなく、

毎月の家賃もままならぬようになった頃、GACKTに相談したら、

「引っ越して来たら?家賃も要らない」と助け舟を出してもらいました。

そこは自分たちの収入では住めないぐらい広い部屋で、

スタジオもプライベートで使いたい放題で本当にありがたい思いでした。

 

そのマンションから出る時も、「報道を受けてマスコミが大勢来るかもしれないから、

引っ越したほうがいいかもな」との提案を受けて引っ越すことに・・・、

わざわざ引っ越し費用までだしていただきました。

 

曲作り関係の報酬にせよ家賃にせよ、YOUさんはGACKTさんに経済的にかなり助けられていたことがうかがえます。

これをYOUさんはGACKTさんと自身の親しさゆえの恩情としていますが、元妻的には生活を握られているがゆえにGACKTさんに従わざるを得なかった、という見方になるのでしょうか。

 

GACKTの反応

これらの騒動に関して、GACKTさんもブログで反応しています。

 

2014年6月16日のブログ記事

巷ではゴーストライターなどのクソ話も出てるみたいだが、

ハッキリ言ってアホらしい・・・。

 

もう勝手にしてくれ。

世の中はそれ程暇なのか?

 

バカが多すぎる・・・。

 

・2016年6月28日のブログ記事

今回、

ウチのメンバー、

YOUのプライベートのことが原因で

ボクが巻き込まれる形となり、

結果としてみんなに心配を掛けたかも知れない。

 

でも、

彼を許してやってくれ。

バカでだらしないヤツだけど、

アイツは大切な幼なじみだ。

 

ここで手を離すのは簡単に出来るが、

これ以上、大切な仲間を失いたくはない。

 

ボクもバカだが

アイツも相当バカだ。

しょうがない。

オトコってのは子供だ。

いつまでたってもバカなガキ。

 

今回のことは、

『勘弁してくれよ、オマエさ・・・』

の一言で済ませよう。

多くを語るつもりはなさそうですが、YOUさんのプライベートの問題が無関係の自分に飛び火してあらぬ疑惑を掛けられた、ということのようです。

関連記事を読む

※桜井奈々さんの現在の旦那については
桜井奈々の元旦那(夫)は読売巨人軍勤務?元旦那は誰かがブログからわかる?

桜井奈々とは何者?球団職員と離婚後YOUと結婚(再婚)したのはだれなのか?


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る