桜井和寿の豪邸新居自宅住所場所はどこ?成城に田園調布邸を解体して引っ越した?


人気バンドMr.Childrenの中心人物である桜井和寿さん。

90年代から現在までヒット曲を量産し続け、非常に幅広い年齢層に愛され続けています。

長らく日本音楽界のトップ集団に居続ける桜井和寿さんが超の付くお金持ちであることは想像に難くありませんが、

2019年には都内の高級住宅地に総工費10億円ともいわれる豪邸を建設したことが報じられています。

桜井和寿さんの新居はどこにあるのでしょうか。

sponsored link

田園調布の豪邸を解体・土地売却

桜井和寿さんは長らく田園調布に住んでいました。

田園調布は東京都大田区の西端(世田谷区に隣接)にある日本屈指の高級住宅街。

プロ野球の長嶋茂雄さんをはじめ、有名人が多数住む地域としても有名です。

 

桜井和寿さんは2004年頃に推定7億円の豪邸をこの田園調布に購入して住み始めたそう。

しかし建物は4年ほどで解体し、そこに新居を立て直したといいます。

そして、新築から約10年後の2018年には再びこれを解体し今度は土地も売却

どこかに引っ越したようです。

 

10億円新居と近隣トラブル

桜井和寿さんの新居については2019年6月にFRIDAYが以下のような記事を掲載しています。

FRIDAY2019年6月28日号の記事「Mr.Children桜井和寿 東京・世田谷「10億円豪邸」建てて地元と揉める」によれば、

桜井和寿さんの新居となる豪邸が完成したのは2018年の夏ごろ。

場所は東京都世田谷区の高級住宅地。

200坪以上の敷地に地上2階地下1階の邸宅、庭にはプール、地下にはスタジオも備えており、

地元不動業者の見立てでは、土地の坪単価は250万円ほど、総工費は10億円以上なのではないか、とのこと。

また、有名人ゆえのプライバシー確保のためなのか、2階屋上部分は2m弱の目隠し用の壁に囲まれており、外壁は5mもあるのだとか。

5mというのは家の2階と同じくらいの高さですから、1階2階は外壁でガードし屋上は別途囲いを付けた完全プライバシー保護仕様の邸宅、ということでしょう。

 

しかし、この豪邸の建設は工事期間中から近隣住民の抗議を受けていたそう。

先述の5mの外壁や屋上部分を囲う2mの壁が、隣家の日当たりや風通し、さらには周囲の草木にあたる日光を妨げることがその理由。

この地域には古くから住んでいる住民が多く、住民同士が緑豊かな景観を維持するために互いに配慮しあってきたのだそうです。

 

工事期間中に住民グループが複数回工事現場に赴き抗議の書面を渡すも、担当者は「桜井さんに伝えておきます」と答えるのみで結局工事は完了。

自宅完成後に引っ越しのあいさつに来た桜井和寿さんは、問いただしても「もう建ててしまったので…」。

また、工期も近隣住民に説明なく延長され、コンクリートを大量に使っていたせいか騒音がひどかったといいます。

 

桜井和寿さんの事務所は、近隣住民の意見に対しては個別にきちんと対応して良好な関係を築いている、と回答していますが、

桜井和寿さんが引っ越しのあいさつの際に持ってきた高級青果を受け取らなかった住民も複数いたそう。

桜井和寿さんの対応自体は低姿勢で丁寧だったそうですが、やはり納得のいかない近隣住民もいるのでしょう。

sponsored link

桜井和寿の自宅新居の住所場所はどこ?

記事にあった桜井和寿さんの新居の場所に関する情報は

・世田谷区の高級住宅地

・坪単価250万円ほど

・昔からの住民が多い

・住民同士が配慮して緑豊かな景観を維持してきた

といったところでしょうか。

 

世田谷区の高級住宅地というと

成城、深沢、等々力、尾山台、奥沢、代田、瀬田、上野毛

あたりがよく上がるのではないかと思います。

 

特に成城は、東宝の撮影所があったことから黒澤明さんや石原裕次郎さんといった有名人芸能人が多数住むエリアとして古くから知られており、

現在も所ジョージさんや浜田雅功さんといった一流芸能人の邸宅があるといわれる地区です。

また、世田谷区の2019年の公示地価の平均は坪単価約230万円ですが、成城エリアにも坪単価250万円前後のところが相当数存在します。

さらに、成城学園は1927年の小田急線開通とともに住民が移住してきた街で、特に4丁目から6丁目までは転居者も少なく昔から住んでいる人が多いのだそう。

新宿から15分という利便性にもかかわらず緑豊かで喧騒さもないことから人気のエリアです。

 

加えて、成城には平成14年に制定された「成城憲章」という協定があります。

これは成城の居住環境や景観や自然等を守るために住民が作った紳士協定。

その中では街中の緑を守り育てることも目標として挙げられ、敷地内の緑の保全を求める項目も存在しています。

法的拘束力はなく絶対に守らなくてはいけないものではありませんが、成城の住民たちが景観や緑を大切にしてきたことはうかがえるでしょう。

 

このように成城は記事にある桜井和寿さんの新居の情報とそれなりに合致しているように思います。

ただし、少し気になる点も。

先の成城憲章に建築の際の街並みや景観への配慮についても書かれており、

7 街並み景観や美観への配慮

1 (略)

2 住宅地では、街並み景観を維持するために、生垣以外の道路に面する塀はできるだけ透過性を確保していただくこととし、道路面から1.8mを上限として、高く閉鎖的な塀はつくらないようにしてください。

との項目も存在します。

仮に桜井和寿さんの自宅が成城憲章の及ぶ範囲内にあり、5mの外壁が道路に面するのであればこれに反するでしょうから、近隣住民としては抗議したくもなるでしょう。

 

もちろん、紳士協定には建築基準法等とは違って法的な拘束力はないので、必ずしも従う必要はありませんが、

過去には成城憲章に反するマンション建設に対して大規模な住民運動が展開され、開発計画が白紙撤回された例もあるようです。

もっとも、仮に桜井和寿さんは先の田園調布の邸宅のように自分が住んだのちは解体を予定しているとすれば、先のマンションとは違って建物に買い手借り手がつくか否かを考える必要はないのかもしれません。

しかしだとしても、地域住民に嫌われ生活しづらくなる可能性すらあるような邸宅を本当に成城に立てるのか?という疑問はあります。

 

ちなみに、2017年6月6日配信の女性自身サイトの記事「恵俊彰 3億円“ひるおび御殿”建設でみせた「ご近所神対応」」によれば

TBSの情報番組「ひるおび」で司会を務める恵俊彰さんも自宅建築時に似たような問題を抱えたことがあるそう。

当初の計画では自宅の周囲に4.6mのコンクリート塀を立てる予定だったそうですが、

近隣住民の要請や街の紳士協定に「高い塀は好ましくない」という条項があったことから塀の建設を中止したのだといいます。

この恵俊彰さんの邸宅は高確率で成城なのではないかと思いますが、記事には近隣住民の好意的な意見が掲載されていました。

→恵俊彰の豪邸新居(自宅)の住所と場所はどこ?家が成城にあるといわれる5つの理由。

芸能人の住宅事情の記事を読む

浜田雅功の自宅住所は成城4丁目以外に二軒?世田谷区祖師谷邸が次男の会社から判明?

木村佳乃の実家の場所は成城何丁目?職業は日本航空幹部か歯医者か。

長嶋一茂の自宅の住所場所はどこ?島津山説の理由は落書き事件にある?

樹木希林の自宅の住所場所は渋谷区代官山?有名建築家設計で間取りも超ハイセンス?


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る