満島ひかりの弟(次男)満島光太郎はバスケ選手で現在はスクールも経営。


満島ひかりさんの弟といえば俳優・満島真之介さんが有名ですが、弟は彼一人ではありません。

この記事では、満島ひかりさんの末弟・満島光太郎さんの経歴を紹介していきます。

sponsored link

兄弟構成

長女:満島ひかり(1985年生まれ、女優)

長男:満島真之介(1989年生まれ、俳優)

次女:満島みなみ(1991年生まれ、モデル)

次男:満島光太郎(1993年生まれ、バスケ選手)

 

・長女:満島ひかり

 

・長男:満島真之介

 

・次女:満島みなみ

 

・次男:満島光太郎(バスケ選手)

 

兄弟のうち3人は芸能界で役者やモデルとして活躍していますが、末弟は少し違う道を歩んでいるよう。

以下では満島兄弟の末弟・満島光太郎さんの経歴を中心に紹介しています。

 

父親は全中優勝監督

満島真之介さんは2021年10月6日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)などで両親が体育教師であった旨たびたび語っていますが、

下記週刊女性PRIMEの記事によれば、父親は沖縄の中学のバスケ部を全国優勝させたこともある凄腕監督なのだそう。

満島の父は沖縄県の中学校で体育教師をしており、同校のバスケ部を全国優勝へと導いている。

※週刊女性PRIME2016年8月2日配信記事「満島ひかり、関東実業団バスケの優勝決定戦で応援! 視線の先にいた選手とは」より引用

 

おそらくは下の動画に出演している満島恵作さんでしょう。

その肩書は「沖縄市体育協会理事長/全中バスケ優勝監督」となっています。


sponsored link

高校時代:バスケ全国大会出場

バスケ全中優勝監督を父に持つ満島光太郎さんは自身もバスケットボールに打ち込んでいました。

満島光太郎さんが代表取締役を務める会社(後述)のHPによれば、

満島光太郎さんは沖縄県にある私立・興南高校に進学し主力選手として活躍していたそう。

Wikipediaによれば、

2011年のウィンターカップ(冬の全国大会)に出場した際には、1回戦で14得点、2回戦では敗れたもののチーム最多の17得点を挙げています。

 

大学時代:インカレ上位校

満島光太郎さんが代表取締役を務める会社(後述)のHPによれば、

満島光太郎さんは高校卒業後、東京にあるインカレ上位のバスケ強豪校・拓殖大学に進学(2012年)し、ここでも主力として活躍しました。

Wikipediaによれば、

大学時代の満島光太郎選手は1対1に強い選手と評価されていたそう。

1年次に出場した新人戦では4位入賞に貢献し、2年次にはスタメンとしてオールジャパン(天皇杯)2回戦に進出。

オールジャパンは高校生から社会人まで出場する大会です。

また、ストリートバスケのイベント”SOMECITY”の大学生チームに選抜されていました。

 

プロバスケ選手時代

ライジングゼファーフクオカ

大学を卒業した満島光太郎さんはロサンゼルスでのトレーニング(wikipeida参照)を経て、2016年7月にB3リーグのライジングゼファーフクオカと契約しプロバスケットボール選手となりました。


上記琉球新報の記事によれば、

当時の満島光太郎さんは身長183cm体重76kg、ポジションはポイントガード(PG)

また、同チームは満島光太郎さん在籍した2016年17年シーズンにB3優勝を経験しています。

 

東京サンレーヴス

その後、満島光太郎さんは2018年に東京サンレーヴス(現:しながわシティバスケットボールクラブ)に移籍。

wikipediaによれば、2019年1月に契約解除となっています。

 

現在:バスケスクール経営

満島光太郎さんは2020年4月6日に自ら代表取締役を務める株式会社SUN Luce(サンルーチェ)を地元沖縄に設立し、バスケスクール「SPICE Basketball School」を運営しています。

 

会社概要

会社概要

会社名 株式会社SUN Luce
所在地 沖縄県沖縄市比屋根7-13-1
役員 代表取締役 満島 光太郎
設立年月日 令和2年4月6日
事業内容 バスケットボールスクール事業

3x3バスケットボールチーム運営事業

バスケットボールイベント運営事業

資本金 100万円
取引銀行 琉球銀行

※SPICE Basketball School ホームページより引用

 

上記のように会社HPには事業内容が3つ書かれていますが、メインとなるのは「SPICE Basketball School」のスクール事業のよう。

会社HP内で満島光太郎さんは自身のこれまでの経験を活かし「バスケットボールを通して『子ども達の可能性を最大限に引き出したい!』」と語り、

バスケットボールの技術のみならず礼儀なども含めた子供の心身の育成を目指している、としています。

スクールには小学校1年生から3年生、小学校4年生から6年生、中学生と年齢別の3つのクラスを設けており、中学生以上にはこれとは別に3×3のクラスもあり。

満島光太郎さん自ら講師として現場に立っているようです。

 

また、HPによれば3x3事業は3x3プレミアリーグ(3x3トップリーグ)参入を目指しているとのこと。

満島光太郎さんもオーナー兼プレイヤーとして参加しています。

 

さらに、会社HPではオリジナルTシャツなども販売しています。

関連記事を読む

城田優の兄弟アナウンサー説を検証。兄弟全員で撮影した写真も紹介。

眞栄田郷敦と新田真剣佑の兄弟仲(幼少期~現在)が分かる発言。

横山裕の弟(三男)充は施設育ち→大学→税理士の波乱万丈人生。

菊池風磨の弟がティックトック(TikTok)で顔出し【画像映像有】。


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る