天海祐希の宝塚時代の受験~退団までの6伝説で人気度を検証。


この記事では、天海祐希さんが宝塚時代に打ち立てた数々の伝説を紹介しています。

これを読めば天海祐希さんが歴代トップスターの中でも特別な存在だったことがわかります。

sponsored link

伝説1:主席入学とスカウトの噂

宝塚歌劇団に入団するためには、まずは団員養成所にあたる宝塚音楽学校(2年制)に入学する必要があります。

Wikipediaによれば、

天海祐希さんは演劇部に所属していた中学2年生のときに宝塚ファンの先生に勧められて宝塚歌劇団を目指すことを決意。

高校生の時に受験準備として大滝愛子バレエアートに通い始め、1985年、高校2年生修了後に宝塚音楽学校に首席で入学しています。

同校の入試は「東の東大、西の宝塚」といわれるほどの難関ですから、それを首席で通るのがいかにすごいことかは明らかでしょう。

 

噂:受験は出来レースだった?

もっとも、アサゲイプラス2018年8月18日配信記事「天海祐希 トップ出世の陰で、毛嫌いしていた「宝塚ファン」」には

 もっとも天海は、宝塚入り自体、熱望していたものではなかったといい、

「もともとモデルプロに属し、女優を目指していた。それでも宝塚サイドが『必ずキミをトップスターにする』とスカウトして、宝塚音楽学校の試験を受験してもらったんです。いわば出来レースの入団だったことは、関係者の間で有名な話です」(当時の宝塚歌劇団関係者)

とありました。

真偽は定かではありませんが、仮に嘘だったとしてもそれは入団後の天海祐希さんの活躍が規格外だったが故に後に立った噂なのでしょう。

 

伝説2:入団1年目で新人公演主演

Wikipediaによれば、

天海祐希さんは宝塚音楽学校を卒業し、1987年に73期生として宝塚歌劇団に入団しました。

入団時の順位こそ26番でしたが、同年の新人公演「サマルカンドの赤いばら」では初舞台の新人としては異例の目立つ配役。

同年末の「ミー・アンド・マイガール」では新人公演初主演を果たしています。

 

日刊SPA!2019年11月11日配信記事「天海祐希のカッコよすぎる人生哲学。もはや国民的アネゴ!?」によると、

新人公演とは入団7年目までの公演だそうですが、「ミー・アンド・マイガール」で主演した当時の天海祐希さんは入団10か月。

入団一年目での新人公演主演は異例の大抜擢だったようです。

 

伝説3:歴代最速トップスター

月組に配属された天海祐希さんは異例のスピードで出世を果たし、1993年、入団7年目にして月組トップスター(主演男役)に就任しました。

wikipediaの宝塚歌劇団のページによれば、トップスターはおおむね12年目から15年目で就任するのが一般的だそう。

天海祐希さんの7年目というのは、早い方どころか宝塚史上最速での快挙です。

諸先輩方を差し置いて天海祐希さんがトップスターになることができたのは、天海祐希さんの演技のある特徴によるとファンの間では言われているようです【詳細を読む】

 

伝説4:熱狂的ファンのせいで引っ越し

アサゲイプラス2018年8月18日配信記事「天海祐希 トップ出世の陰で、毛嫌いしていた「宝塚ファン」」によると、

宝塚時代の天海祐希さんは10年に一人の逸材といわれ絶大な人気を誇り、大地真央さんを上回る男役とまで言われることもあったそう。

女性ファンも多く舞台での隠し撮りは後を絶たなかったといいます。

またそれだけではなく、熱狂的なファンが天海祐希さんの自宅を突き止めプレゼントを置いていくこともしばしば。

そのたびに転居を余儀なくされたそうです。

sponsored link

伝説5:退団パレードに6000人

天海祐希さんは月組トップスターに就任した2年後の1995年、28歳の時に宝塚歌劇団を退団しました。

トップスターの任期は3から5年ほどのケースが多いようですが、他方では1年未満の短期で退団するケースも。

天海祐希さんの在任2年は短い方ではあるものの、極端に短いというわけでもないようです。

引退時の演目は天海祐希さんが宝塚史上初の入団1年目での新人公演主演を務めた「ミー・アンド・マイガール」でした。

下の動画によれば退団パレードには6000人のファンが集まったそう。

退団時にはワイドショーで特集が組まれるなど、宝塚ファンのみならず広く注目を集めていたようです。

下の動画では引退会見の様子や宝塚時代の歌って踊る天海祐希さんの様子を見ることができます。

 

伝説6:退団14年後も熱狂的ファンあり

1995年に宝塚歌劇団を退団した天海祐希さんですが、それから10年以上経っても、その人気は健在なようです。

週刊女性PRIME2018年5月15日配信記事「天海祐希の熱狂的ファンが起こした、清掃員として楽屋侵入 “Twitter事件」によれば、

2018年4月中旬、天海祐希さんが出演する舞台『修羅天魔~髑髏城の七人Seasоn極』が開催される劇場の清掃員として雇われた20代の女性が、

清掃業務で楽屋に入った際、天海祐希さんが飲んでいたコーヒーを撮影しSNSに掲載したそう。

彼女は天海祐希さんの大ファンだったようです。

※ただし主催のTBSは「事実としては確認していない」との回答

 

事実であれば明らかに一線を越えていますが、天海祐希さんの人気の凄さを物語るエピソードです。

 

また、退団後も根強くかつ熱狂的なファンがいることはこちらの動画(45秒あたりから)からも見て取れます。

これは天海祐希さんが出演した2019年公開の映画「最高の人生の見つけ方」の公開直前イベントの様子。

動画の45秒当たりの観客から演者への質問コーナーで、

質問者の女性が「♡♡天海祐希♡♡」と書かれて自作のプラカードを手に、初めて天海祐希さんに会えた喜びに涙しています。

前に座っている女性もハンカチで目頭を抑えていますね。

この時点で宝塚退団から14年経っているにもかかわらず、天海祐希さんの人気は健在のようです。

 

まとめ

天海祐希さんの宝塚歌劇団時代の伝説と記録

・宝塚音楽学校に首席入学(スカウトによる出来レースとの噂も)

・入団1年目で異例の新人公演主演

・宝塚史上最速のトップスター就任

・退団14年後にもイベントで感涙にむせぶファンがいる

天海祐希の記事を読む

天海祐希の宝塚男役時代の画像と人気エピソードを調べてみた。

天海祐希が結婚しない理由。結婚相手候補との苦い思い出も一因?

宝塚関連の記事を読む

※松岡修造の熱血は宝塚の影響?身内に宝塚関係者が多すぎると話題です
→松岡修造の家系図は宝塚歌劇団だらけ。宝塚創始者から蘭寿とむまで関係者は※人。

※松岡恵さんの宝塚合格はコネ?その根拠には無視できない説得力が…
→松岡修造の子供(娘)松岡恵の宝塚受験コネ合格疑惑はブサイク説以上に家系図が原因?

※男役出身のもう一人の成功者
→真矢ミキには子供いるのいないのどっちなの?できないではなくあえての選択だった?


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る