ローラの英語は下手でも○○レベルには話せる?カラコンプロデュースで意外な事実が発覚。


035rora

タレントのローラさんのキャラに似合わぬ語学力が話題になっています。

sponsored link

プロフィール

名前     ローラ

生年月日     1990年3月30日

現年齢        24歳(2015年3月時点)

出身地        東京都

身長           165 cm

主な活動

2007年「Popteen」に読者モデルとして登場

2008年「ViVi」の専属モデルになる

・東京ガールズコレクションなどのランウェイイベントにも多数出演。

・タレントとしてもバラエティ番組を中心に活躍中。

 

ローラの英語は下手なのか。

エキゾチックな顔立ちとタメ口キャラのギャップで大ブレイクしたローラさん。

モデル、タレントとして順調に活動していますが

その中で英語を話すことがたびたびあります。

 

ローラさんのビジュアルからすると、

英語が話せても当然と思ってしまいがちですが

ローラさんは父親がバングラディシュ人、母親が日本人とロシア人のクォーター。

バングラディシュの公用語はベンガル語。ロシアは当然ロシア語ですから

ローラさんは英語が自然に身に付く家庭環境にあったわけではありません。

 

ローラさんが英語を身に着けたのはバングラディシュ。

日本で生まれて間もなく、父親の故郷であるバングラディシュにわたり

現地のアメリカンスクールに通って英語を学んだようです。

 

ちなみに以前テレビでローラさんは自身の語学力について

英語はあいさつ程度、語っていました。

 

しかしg.u.のウェブ限定CMではマリーアントワネット風の衣装をまとったローラさんが流暢な英語でお付きの者と会話を、

JIM BEAMの発表会でも見事な英語で商品紹介をしています。

 

英語が母国語の人が聞くとアクセントの癖等から

母国語でないのはすぐわかるようですが

かなりうまい、という評価を受けているようです。

日本語の話せる外国人でいうとデーブスペクターさんあたりと同じようなレベルなんでしょうか?

sponsored link


ちなみに一言で「英語」といってもイギリス英語、アメリカ英語、オーストラリア英語、

されにはシングリッシュと呼ばれるシンガポール英語など、国によってかなりなまりが異なります。

中国人が話す英語と韓国人が話す英語もかなり違う印象ですね。

おそらくは英語にあって母国語にない音を発音するときに

どうしても母国語の似た音の発音に引っ張られてしまい

各国ごとに固有のなまりが出てくるのではないかと思います。

 

ローラさんが英語を覚えたのはバングラディシュですから

ベンガルなまりがあるのでしょう。

しかし、日本人がデーブスペクターさんの日本語をすんなり理解できるように

ローラさんの英語もネイティブの人が苦労せず理解できるレベルなのではないかと思います。

 

ローラさんの仕事は今後は英語力を生かしたものも増えるかもしれませんね。

 

カラコンのプロデュース

英語が話せて当然、と思わせるほどエキゾチックなビジュアルのローラさん。

その瞳は「今なりたい瞳No.1」といわれるほど魅力的です。

しかし、実は地毛は黒髪、瞳もカラコンを使っていることをご存知でしょうか。

 

以前ブログにアップされたでメイク前の写真を見ると

ものすごく可愛いのですが、瞳も黒くかなり日本人に近い顔立ちです。

まさかカラコンを使っているとは思わなかったので個人的にはかなりの驚きでした。

 

しかし、ローラさんの瞳がカラコンならば、

他の人もローラさんのような魅力的な瞳を手に入れる可能性があるということ。

なんと、ローラさんがプロデュースしたカラコンがあるのです。

その名も「ルーシー」「リルムーン」

どちらもローラさん自身の

カラコンをしているのに気づかれないくらいナチュラルなものが欲しい

という思いから誕生。

装着した際の透明感や自然な発色を追及した商品になっています。

 

ローラさんのような魅力的な瞳になりたい方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る