石田ひかり旦那の実家寺はどこ?金蔵寺(三重県)説を検証。


この記事では、石田ひかりさんの義実家のお寺に関する噂を検証しています。

※2024年6月28日投稿、最終更新日はタイトル下参照

sponsored link

家族構成

夫:訓覇圭  (くるべけい、NHK職員(プロデューサー)
妻:石田ひかり(女優)
長女:    (2003年5月31日生まれ)
次女:    (2005年1月23日生まれ)
※姉は女優の石田ゆり子

石田ひかりさんは2001年5月にNHK職員の訓覇圭(くるべ けい)さんと結婚しました。
訓覇圭さんは連続テレビ小説「あまちゃん」や大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」などを手掛けた名プロデューサー。
夫婦には2003年5月に長女、2005年1月に次女が誕生しています。

旦那さんの名前や職業はたびたび報道されています(※1)。

 

※1:旦那の名前職業は以下の記事等を参照
・日刊スポーツ2021年7月6日配信記事「石田ひかり「日ごろどれだけ助けてくれていたか」夫の訓覇圭氏負傷で実感」
・スポーツ報知2024年6月25日配信記事「石田ひかり、結婚23年の夫の実家について明かす…「油断できないんです」年末年始は帰って大忙し」

 

夫の実家は寺

石田ひかりさんは夫の実家がお寺であることにたびたび言及しています。
以下は2024年6月25日のテレビ出演に関するスポーツ紙記事からの引用。

 女優の石田ひかり(52)が25日、フジテレビ「ぽかぽか」(月~金曜前11・50)にゲストとして生出演。年末年始について語った。
…(中略)…
結婚して23年となるが「年末年始は夫の実家の寺を手伝いに帰ります」と石田。「でも私は僧侶の資格も持ってないし、勉強も全然してないので、お経も読めないし、本当に裏方としてこうして寺を手伝いくらいに帰るんですけど」と説明した。
※スポニチ2024年6月25日配信記事「石田ひかり 夫の実家は寺だった 年末年始は“寺の嫁”として「手伝いに帰ります」「裏方として」」より引用

 

義実家は三重県金蔵寺?

石田ひかりさんの旦那・訓覇圭さんの実家は三重県三重郡菰野町にある真宗大谷派のお寺金蔵寺(こんぞうじ)ではないかと言われています。

 

根拠

これは、以下のようなことが理由のようです。
・石田ひかりさんSNS掲載の義実家寺情報が金蔵寺(三重県)と類似
・金蔵寺(三重県)の住職苗字が旦那と同じ「訓覇」
…以下詳細

sponsored link

石田ひかりSNS掲載情報

石田ひかりさんは義実家の寺の名前を積極的に明かしているわけではありませんが、特段隠しているわけでもないようで、石田ひかりさんのインスタグラムには実家に関する情報が多数掲載されています。

例えば、2023年1月25日のインスタ投稿には「今朝の三重県菰野町 義兄から届いた雪の便り」のコメント共に雪の積もったお寺の鐘堂の画像が(※1)。
先述の通り金蔵寺は三重県三重郡菰野町にあります。

また、石田ひかりさんのインスタグラムにはたびたび義実家寺の画像が掲載されていますが(※2)、これは三重県菰野町の金蔵寺(※3)と極めてよく似ています。

 

※1:「三重県菰野町」の鐘堂(石田インスタ)
https://www.instagram.com/hikaringo0525/p/Cn0cpYaB1MH
※2:義実家寺の画像(石田インスタ)
https://www.instagram.com/p/C5mEt8uSbzC/
https://www.instagram.com/p/CJnDyjfBH8X/
※3:金蔵寺(三重県菰野町)の画像(三重県HP)
https://www.bunka.pref.mie.lg.jp/map/detail?b_id=452104

 

金蔵寺住職の苗字

先述の通り、石田ひかりさんの旦那さんの苗字は「訓覇(くるべ)」であることがたびたび報じられていますが、 2023年時点での三重県菰野町金蔵寺の住職は訓覇浩(くるべ こう)さんです。

金蔵寺住職の名前は各所で確認することができます。以下はその一例(記事には住職の画像も掲載されています)。

 ハンセン病回復者や支援者らでつくる「ハンセン病市民学会」(大阪市)の共同代表・事務局長で、菰野町の真宗大谷派金蔵寺の住職、訓覇(くるべ)浩さんの講演会が、名張市鴻之台1の市防災センターであった。
※毎日新聞HP2023年6月17日配信有料記事「ハンセン病問題考える、市人権協が企画 隔離政策で差別・偏見 市民学会共同代表 訓覇さん講演 名張 /三重」冒頭無料部分より引用

 

また、石田ひかりさんは2024年4月11日のインスタ投稿に自身は「次男の嫁」であると書いていますが(※3)、金蔵寺住職の訓覇浩(くるべ こう)さんは元大谷大学学長・訓覇曄雄(くるべ てるお)さん長男ですから(※4)、兄弟構成にも矛盾はありません。

 

※3:「次男の嫁」発言(石田インスタ)
https://www.instagram.com/p/C5mEt8uSbzC/
※4:訓覇曄雄の長男は「浩(こう)」(東京新聞2020/7/7おくやみ欄)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/40509

 

まとめ

石田ひかりさんの旦那訓覇圭さんの実家は三重県三重郡菰野町の金蔵寺(こんぞうじ)ではないかといわれている。
その理由は…
・石田SNS掲載の義実家情報(画像含む)が金蔵寺と類似
・金蔵寺住職の苗字が石田夫と同じ「訓覇」
石田ひかりさんのインスタグラムには義実家寺の名前こそ書かれていないが、画像や大まかな住所(菰野町)は掲載されており、金蔵寺であることを特段隠してはいないように見える。

関連記事を読む

石田ひかりの夫(旦那)訓覇圭(くるべ圭)は実家が三重県の寺で大学も日本最高峰の勝ち組。

石田ひかりの子供(娘)清泉小学校清泉女学院中学高校説を検証。鎌倉に引っ越した理由とは。

石田ひかりの子供(娘長女次女)の大学はどこ?留学説もあったが…

石田ひかりの夫(旦那)訓覇圭(くるべ圭)と元彼サッカー選手青嶋文明はどちらが成功したのか。

内野聖陽の実家のお寺雲松院は建立500年。幼少期~学生時代エピソードまとめ。


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る