東原亜希のデスブログ最近最新まとめ。新使用法で旦那井上康生が歴史的快挙?


348higashiharatop

今年に入ってからも東原亜希さんのデスブログは健在?信じるか信じないかはあなた次第です。 

sponsored link

いわくつきのブログ

タレントの東原亜希さん。

現在は、夫の柔道男子全日本監督の井上康生さんを支える傍ら、

自身もママタレントとして活躍しています。

 

ママタレントと言えばブログ。

家事や子育てに忙しいママタレントは、独身時代ほど外出してマスメディア系の仕事をすることができません。

そのため、自宅に居ながら気軽にファンに向けたメッセージを発信できるブログは、

ママタレントにとって重要な活動の場となります。

 

当然東原亜希さんもブログを持っているのですが

そのブログには以前から恐ろしいうわさがあります。

それは

「ブログに話題を取り上げられた人や場所でアクシデントが起こる」 

というもの。

 

人気漫画に出てくる名前を書かれた人が死ぬアイテム「デスノート」になぞらえて

いつしか東原亜希さんのブログは「デスブログ」とまでいわれるようになりました。

 

そんなことあるわけない、と笑い飛ばしたくもなりますが

いざ調べてみると…

 

これまでのデスブログの実績

興味本位で東原亜希さんのデスブログ伝説を調べてみたところ

出るわ出るわ…

過去の実績(?)こちらのページにもまとめられていますが

デスブログの被害エピソードはなんと100件近くもあるようです。

こじつけも多いように見えますが、

それでもこれだけの数がそろうとさすがにちょっと不気味です。

 

もっとも、“デス”ブログとはいっても、人の命にかかわるようなことばかりが起こるわけではありません

軽いところでは東京スカイツリーの開業日

記念すべき開業日にもかかわらずその日の東京は終日雨。

しかも、強風でエレベーターが停止するアクシデントに見舞われました。

※開業日と同じ5月22日が終日雨だった年は1961年から2016年までの55年の間に3回のみ

東原亜希さんのブログにスカイツリーの写真が掲載されたのは開業の1年以上前なのですが

これもデスブログマニアの間では、デスブログ効果といわれているようです。

 

また、東原亜希さんのデスブログはかなり広い範囲で効果を発揮する様子。

・お菓子「うまい棒」の話題→うまい棒の工場が家事になる 

・鈴木桂治選手の名前を試合前日にあげる→北京五輪初戦敗退 

 ※鈴木桂治選手は前回大会金メダリスト 

・中国株は上り調子→中国株が暴落 

・ボーイング787の模型の写真→トラブル続出で運航停止 

・宮崎に上陸します→宮崎と鹿児島の境にある新燃岳が噴火し交通機関がマヒ 

など、経済スポーツさらには自然現象までありとあらゆることに影響を及ぼしている、

と言われているようです。

sponsored link


また、本家デスノートは同姓同名の人物には効果がありませんでしたが

・公園のブランコ→半日後にプロ野球のトニ・ブランコ選手が全治2か月の骨折 

・亀田製菓→亀田三兄弟の父・亀田史郎氏が日本ボクシング界から永久追放 

など、デスブログは同姓同名(?)にも効果がある模様。

 

このデスブログぶりは日本のみならず、海外でも話題になり

“death blog lady”として海外サイトに取り上げられたこともありました。

 

その効果は現在でも健在といわれており、

2016年10月21日に起きた最大深度6弱の鳥取県中部地震の際には

東原亜希さんのブログに鳥取県倉吉市産のスイカが割れた写真が掲載されていたことが話題になりました。

そのブログ記事は2015年9月27日に書かれたもの

 

デスブログの新しい使い方?

このように、とりあげた人や場所にことごとくトラブルが起きる(ようにも見える)デスブログですが

実は有効な使い方もあるようです。

 

2016年に開催されたリオデジャネイロオリンピック。

4年に1度の大イベントなうえ、

男子柔道の監督を務めたのは東原亜希さんの旦那の井上康生さん。

奥さんとしては当然応援したくなると思います。

 

しかしオリンピック期間中、東原亜希さんのブログに掲載されていたのは子育てや家事などの話題ばかり

柔道はもちろん、他のオリンピックの話題も不自然なほどありません。

 

すると日本選手団は史上最多のメダル獲得数を更新し、

中でも男子柔道は史上初の全階級でのメダル獲得という快挙を成し遂げました。

 

実は東原亜希さんは

過去のオリンピックでも

・女子マラソンの野口みずき選手を激励→故障で欠場 

・男子体操を現地観戦→内村航平選手があん馬で落下 

など、いくつかの伝説を残していました。

 

極めつけは旦那の井上康生さん。

2000年のシドニーオリンピックでは圧倒的な強さで金メダルを獲得。

2004年のアテネオリンピックの際にはシドニー前から数えて5年間無敗だったこともあり

金メダル最有力といわれていましたが

ふたを開けていれば井上康生さんは4回戦敗退でメダルなし

 

こういった嫌なジンクスがあったことから、

今回は意図的にオリンピックの話題には触れないようにしていたのかもしれません。

 

書くことでトラブルが発生する(ようにも見える)東原亜希さんのデスブログですが

逆に書くべき話題を書かないことでプラスの効果も発生するのかもしれませんね。

 

東原亜希さんのブログ情報についてさらに深掘り

東原亜希の双子にブサイク説や未公表の名前が出回る理由。同じルートから流出?

東原亜希の5人目妊娠はいつ?つわりや子供のアレルギーで苦労もあるがやっぱりかわいい。

東原亜希の自宅マンションの住所場所はどこ?葉山横須賀エリアにいられなくなった理由とは。

東原亜希の子供(娘)の小学校がどこかは二期制が鍵?ブログに手がかりが点在。

東原亜希の子供が通う謎の施設や幼稚園はどこ?インターナショナル系との噂も。


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る