長嶋一茂の子供(双子の娘)の小学校中学校はどこ?陸上の才能が青学で開花。


566nagashima-top

長嶋一茂さんの娘の父親譲りの身体能力が早くも開花?学校発覚のきっかけとなったママ友トラブルとは…

sponsored link

二世プロ野球選手

元プロ野球選手で現在はタレントとして活躍する長嶋一茂さん。

いわずとしれた日本球界のスーパースター長嶋茂雄さんの長男です。

 

長嶋一茂さんが野球を始めたのは小学校の頃だったそうですが

中学ではやっていなかったそう。

しかし父親と同じ立教で野球をしたいと現在の立教新座高校(立教大学の附属校)に進学し、

2年の頃には4番を打つまでに成長しました。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

高校卒業後はそのまま六大学リーグに所属する強豪校・立教大学に進学し

1年からレギュラーを獲得。

4年時には2期連続でベストナインに選出されました。

 

卒業後は二球団から一位指名を受けて1988年にヤクルトスワローズに入団しプロ野球選手に。

その後巨人に移籍するも1996年に引退。

プロ野球生活はわずか8年、その間目立った活躍は見せられませんでしたが、

引退後はタレントやスポーツキャスターとして息の長い活動をしています。

 

才能は子供に受け継がれていた?

大学時代の長嶋一茂さんの成績はドラフト一位になるほど良いものではありませんでした。

それでもプロになれた背景には

日本球界のスーパースター長嶋茂雄さんの息子という商品価値や、

六大学同期にスター選手がいなかったなど、

実力外の要素もあったようですが

身体能力はプロでもトップクラスと言われていました。

 

3度の三冠王を獲得した落合博満氏は長嶋一茂さんについて

「真面目に練習していれば父・長嶋茂雄氏を超えていた」

とまで言っていたそうですから、

それだけのポテンシャルは持っていたのでしょう。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

そしてその運動能力は子供にも受け継がれていた様子。

長嶋一茂さんは1999年9月に一般人女性(元銀座のホステスで名前は「仁子」ではないかといわれています)と結婚し、

2004年6月16日に双子(二卵性双生児)の娘が誕生していますが

娘は陸上競技の都大会で優勝経験があるほど優れた身体能力を見せているようです。

sponsored link

双子の子供(娘)の学校は青山学院(青学)

2017年10月時点で長嶋一茂さんの双子の子供(娘)は13歳。

中学1年生です。

 

二人は幼稚園のころから青山学院に通っているといわれています。

青山学院大学は全国的に名前の知られた有名大学だと思いますが

同大学は幼稚園から高校まで附属校を有しており、

ひとたびどこかで附属校に入園入学できればそのまま大学まで内部推薦で進学可能。

そのためどの附属校も人気なのですが

特に、有名大学の附属校の選択肢が少ない上に定員40名の青山学院幼稚園は

幼稚園受験業界でも上位の難易度といわれているようです。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

長嶋一茂さんの子供たちは2017年現在13歳ですから青山学院中等部に通っているのではないかと思います。

最近ではTBSの「炎の体育会TV」で青山学院大学陸上部(女子)が話題になっていますが

長嶋一茂さんの娘も大学まで陸上を続けていればここに入部することになるかもしれませんね。

 

江角マキコとのママ友トラブル

長嶋一茂さんの双子の子供の学校が明らかになったのは

とあるママ友トラブルのニュースがきっかけだったようです。

 

青山学院の附属校は、有名人の子供が多数通うことでも有名です。

当ブログですでに紹介している人に限っても

稲葉浩志さん

篠原涼子さん

井川遥さん

香川照之さん

木村多江さん

竹内結子さん

黒木瞳さん

といった方々の子供が通ってる(通っていた)といわれています。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

そして、江角マキコさんの長女も幼稚園から青山学院に通っていました。

江角マキコさんの長女は2005年2月21日生まれですから

2004年6月16日生まれの長嶋一茂さんの子供と同学年

江角マキコさんと長嶋一茂ンさんの妻・仁子さんも当初はママ友だったといいます。

 

しかし、江角マキコさんは2014年7月30日の自身のブログで

4年ほど前におかしな噂を流されたり無視されたり嫌味を言われたりといったママ友いじめにあった

と突然告白。

記事では個人名に触れることはありませんでしたが、

このトラブルの中心にいたのが長嶋一茂さんの妻・仁子さんだったのではないか

といわれています。

 

トラブルの原因等については双方に言い分があったようで、

当時の週刊誌には江角マキコさん擁護派の声から、反対派の反論文まで

様々な内容が掲載されていました。

【詳細は→江角マキコの子供はいじめで名門学校から芸能人御用達インターへ転校していた?】

 

そして決定的だったのが週刊文春2014年9月4日号に掲載された「落書き事件」

記事によれば、

2012年末、江角マキコさんは当時のマネージャーに命令して

長嶋一茂さんの自宅の外壁に「バカ息子」と落書きをさせた

とのことでした。

 

真相は現在でもはっきりしていませんが

当時長嶋一茂さんは警察に被害届と提出し、

江角マキコさんの元マネージャーも警察に事情聴取をされたそう。

もっとも、江角マキコさんは2014年9月9日のブログで

騒動を謝罪しつつも「週刊誌でこの件を初めて知った」と落書きへの関与は否定しています。

 

この騒動の後、江角マキコさんの子供は青山学院初等部か別の学校に転校しました。

子供にしてみれば親同士のトラブルのとばっちりを受けた形ですが

騒動がここまで大きくなってしまっては転校もやむを得なかったのかもしれません。

【その後については→江角マキコの子供はいじめで名門学校から芸能人御用達インターへ転校していた?】

 

子供を青山学院の附属校に通わせる芸能人について

→井川遥の子供(娘と息子)の幼稚園小学校はどこ?成城説青山説に続報あり。 

→篠原涼子の子供(息子)の幼稚園小学校はどこ?青山(青学)で井川遥の子供と同級生との噂も…

→江口洋介と森高千里のプライベートや自宅話は新婚並。子供が青山学院に入学できた秘密とは?

青山学院附属校での芸能人がらみのトラブルについて

→黒木瞳の娘が“あの事件”を経て現在は一転勝ち組に?宝塚受験の代わりに手に入れたのは…

→江角マキコの子供はいじめで名門学校から芸能人御用達インターへ転校していた?


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る