つるの剛士の子供(長男)の進路は高校留学。学校はカナダのオリンピック開催地?


つるの剛士さんの長男は中高一貫校からカナダのアウトドア地区に留学した?

つるの剛士さんのSNSには留学先に関するヒントがあったようです。

sponsored link

家族構成

つるの剛士さんは2003年9月にスタイリストの女性と結婚。

2004年3月27日に長男の詠斗(えいと)くん、

2006年1月6日に長女のうたさん、

2007年7月15日に次女のおとさん、

2009年11月6日に三女のいろさん、

2016年6月6日に次男の絢斗(あやと)くん、

と5人の子供が誕生しています。

 

以下はつるの剛士さんのSNSからわかる長男の中学高校に関する情報です。

 

中学校までは日本

つるの剛士さんの長男詠斗(えいと)さんは、2019年3月まで湘南学園中学校に通っていたようです。

 

根拠

【こちらの記事】では写真等を交えてより詳細に検証していますが、この記事では概要だけを説明します。

 

・神奈川県藤沢市在住

つるの剛士さんは2012年から2020年まで藤沢市の観光親善大使を務める神奈川県藤沢市民です。

 

・長女の小学校は湘南学園

そして、つるの剛士さんブログの2018年3月にブログやインスタグラムに投稿した長女の小学校卒業式の写真【詳細はこちら】からすると、

つるの剛士さんの長女が卒業したのは湘南学園小学校の可能性が高いのではないかと思います。

湘南学園は神奈川県藤沢市にある幼小中高一貫校です。

 

・次女と長男の制服

また、つるの剛士さんが2020年6月にSNSに投稿した次女の中学校の制服、2019年3月に投稿した長男の中学校の制服はいずれも湘南学園中学校のものによく似ています。

いずれも際立った特徴のある制服ではありませんが、

兄妹ともに湘南学園中学校ものに似ているということはやはり同校に通っていた可能性が高いのではないかと思います。

 

高校はカナダへ留学

つるの剛士さんの長男詠斗さんは2019年3月に中学校を卒業しました。

先述の通り湘南学園は幼少中高一貫校。

しかし、長男は海外留学の道を選びます。

 

つるの剛士さんは自身のブログの2019年4月17日投稿記事「心配より信頼」で長男が留学することを明かしていました。

小さい時から一緒に色んな山に登った長男が、

いつのまにやら父も登れない山を登りだし、

犬の散歩に行けば毎回裏山に入っていき、

何時間も帰ってこない子になりました…笑。

遂には、海外の大自然のある高校へ留学希望

そして今日、いよいよ次の山に出発します。

 

2019年2月1日のブログ投稿「長男リスペクト」によれば、

つるの剛士さんの長男は幼い頃からアウトドアが好きで、

中学生になって以降はかなり本格的な登山にも挑んでいたようです。

※同内容のインスタ

sponsored link

留学先はカナダ

上のブログでは「海外の大自然のある高校へ留学」とするのみでしたが、

2019年5月14日のブログ記事「カナダ」によると、

息子さんの留学先はカナダ

父親として現地を訪れたつるの剛士さんも、大自然に囲まれてのキャンプや釣りなどを楽しんだようです。

※同内容のインスタ

View this post on Instagram

只今、上空11000mから更新中✈️ 現在🇨🇦で勉学中の息子の諸々手続き、ホームステイ先のご家族にご挨拶、学校見学…等で僕も今回初めて🇨🇦に来ました。 短い期間とはいえあちこちと色んな場所へ行き、沢山の方々に会って話を聴いて、壮大な自然環境のなかでキャンプ、釣りと…🇨🇦満喫。 まるで自分が留学に来たかのような貴重な時間でしたー笑 息子も日本を旅立ち4週間。 現地でできた友達や、ホームステイ先のご家族と楽しげにしているちょっと逞しくなったような息子の姿をみて、 「あ、多分このまま帰ってこなくなるな…」 という懸念も残しつつ…😂 親は帰還しまーす。 というわけで、 自然豊かで寛容的で教育方針…と 🇨🇦は本当に素晴らしい国でした。 またお邪魔します。 #カナダ #🇨🇦 #vancouver #pemberton #whistler #親も色々初体験 #心配より信頼 #宇宙一応援している #上空編集 #ただ極度の時差ボケにより既に30時間以上起きている

A post shared by つるの剛士@短大生 (@takeshi__tsuruno) on

 

Sea to sky教育区?

つるの剛士さんの長男・詠斗(えいと)さんが留学したのは、

カナダのブリティッシュコロンビア州にあるシー・トゥ・スカイ学区(Sea to Sky School District)の可能性が高いのではないかと思います。

 

同区のwikipedia(英語版)によれば、同区内の学校で高校相当課程があるのは

・Howe Sound Outreach School(Squamish)

・Howe Sound Secondary School(Squamish)

・Pemberton Secondary School(Pemberton)

・Stawamus School(Squamish)

・Whistler Secondary School(Whistler)

の5校ですから、このいずれかでしょうか。

留学生のホームステイ先のメインとなるのはSquamishのようですが…

 

根拠

先のブログおよびインスタグラムの投稿には

#vancouver #pemberton

#whistler

といくつかハッシュタグがつけられています。

 

#カナダおよび #🇨🇦が国名、#vancouverがカナダの都市バンクーバーなのは明らかですが、#pemberton(ペンバートン)および#whistler(ウィスラー)も地名。

いずれもブリティッシュコロンビア州のシー・トゥ・スカイ学区(Sea to Sky School District)に属しています。

 

また、このエリアはカナダのアウトドアレクリエーションの中心地であり、

アウトドア好きのつるの剛士さんの長男の留学先としても適しているように思います。

 

シー・トゥ・スカイ学区について

シー・トゥ・スカイ学区(Sea to Sky School District)は、スコーミッシュ(Squamish)、ウィスラー(Whistler)、ペンバートン(pemberton)からなる学区。

スコーミッシュはバンクーバーから車で1時間ほどの場所にあります。

 

このエリアはカナダのアウトドアレクリエーションの中心地です。

ウィスラーはバンクーバーオリンピックのスキー会場に選ばれた世界一ともいわれるスキー場

またスコーミッシュは世界中のクライマーが集まるロッククライミングスポットとして知られています。

カナダ留学について紹介したサイトを見ても、

同学区の特徴として冬にはスキー、夏にはマウンテンバイクなど、アウトドアが盛んなことを特徴とするものが多いですから、

アウトドア好きなつるの剛士さんの長男の留学先としてはピッタリなように思います。

つるの剛士の記事を読む

つるの剛士の子供(次女)の小学校中学校は湘南学園?インターから転校した?

つるの剛士の家(自宅)の住所場所が片瀬山江の島付近と言われる理由は本人SNSにある?

芸能人の子供の幼稚園・学校の記事を読む

→芸能人の名前順(50音順)に読む

→学校別に読む

→最新記事から順に読む


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る