香川照之の子供(息子)市川團子の学歴(小学校~大学)まとめ。


この記事では、香川照之さんの子供(息子)市川團子さんの学歴をまとめています。

※“親友”と報じられた市川染五郎さんの学歴はこちら

sponsored link

家族構成

祖父:二代目 市川猿翁(三代目 市川猿之助)

祖母:浜木綿子(女優)

父:香川照之(九代目 市川中車)

母:(一般人)【名前経歴等はこちら】

長男:政明(五代目 市川團子)

長女:

 

※長男・市川團子さんの画像(本人インスタ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

五代目 市川團子(@danko_ichikawa)がシェアした投稿

 

※続柄は市川團子さんから見たもの

※香川照之さんと妻は2016年に離婚

※長男の本名と長女の存在については産経ニュース2016年12月15日配信記事「香川照之が離婚「私の力不足」、2年前から話し合い苦渋の決断」参照

 

小学校

香川照之さんの長男市川團子さんは2010年4月に青山学院初等部に入学したといわれています。

同校は小学校受験御三家の1校であり、芸能人の子供も多数通っているといわれています。

→青山学院に通う芸能人の子供一覧まとめ

 

根拠

週刊女性PRIME2017年4月12日配信記事「香川照之、CA妻と離婚も「團子とは離れたくない」繰り返される“父子確執”」には、

2010年の政明さん(当時は團子襲名前)の小学校入学式時の写真が掲載されています。

この写真で政明さんが着ている制服は青山学院初等部のものに似ているように見えます。

※記事に掲載された写真

また、後述のように市川團子さんが進学した中学校が青山系列である可能性が高いことも同系列の青山学院初等部に通っていたといわれる根拠となっています。

 

歌舞伎界入り

Wikipedia「市川團子 (5代目)」および「香川照之」によれば、

政明さんが小学校2年生だった2011年9月末、父・香川照之さんが九代目市川中車を、息子・政明さんが五代目市川團子を襲名し2012年6月に歌舞伎界デビューすることが発表されました。

市川團子さんは小学校3年生だった2012年6月に新橋演舞場『スーパー歌舞伎 ヤマトタケル』のワカタケルで五代目市川團子として初舞台を踏んでいます。

※異例の歌舞伎界入りの経緯とその後の活躍はこちら

 

中学校

香川照之さんの長男市川團子さんは2016年4月に青山学院中等部(偏差値57-65)内部進学したといわれています。

※偏差値はサイト「みんなの中学情報」2022年2月28日掲載のもの、但し中学受験の偏差値は内部進学者には直接の関係はない

 

根拠

青山学院初等部は青山学院大学の附属小学校であり、初等部卒業生のほとんどは青山学院中等部に内部進学します。

Q 青山学院中等部への進学について教えてください。

A 中等部進学を希望する者について初等部で学力面・生活面において審議をし、中等部への推薦(内部進学)手続きをとります。例年98%ほどが中等部へと進学しています。

※青山学院初等部HP掲載「入試・試験案内 よくあるご質問」より引用

 

また、2017年には週刊女性PRIMEが市川團子さんと市川染五郎さん(当時は松本金太郎)が同じ中学校に通っている旨報じており、

2018年に市川染五郎さん(当時は松本金太郎)が青山学院中等部会(緑窓会)が行った講演に登壇した際には在校生と紹介されていました【市川染五郎さんの学歴はこちら】

 

※同校在籍報道

「生まれながらに宿命を背負っているからでしょうか、金太郎はどこか大人びていてクールな印象。同じ中学校には、親友で1学年上の市川團子が在籍していますが、彼はお調子者でよくしゃべる正反対の性格です。年相応にまだまだ子どもっぽいところがありますね」(演劇雑誌編集者)

※週刊女性PRIME2017年4月12日配信記事「香川照之、CA妻と離婚も「團子とは離れたくない」繰り返される“父子確執”」より引用

 

※講演の告知

2018年 第29回緑窓会の日

歌舞伎の精神を語り進化を舞う

初等部父兄で歌舞伎役者の市川染五郎さんが長男の松本金太郎くん(初等部在校生)と「継承」と「創造」というテーマで舞踊とお話を披露しました。

 

日時 : 2018年5月30日(土) 13時30分~16時30分

…(以下略)

※青山学院校友会中等部会 緑窓会HP掲載「2018年 第29回緑窓会の日」より引用

※2005年3月生まれの松本金太郎さんは2018年時点で中学校2年生ですから、「初等部在校生」は誤記と思われます。

sponsored link

高校

香川照之さんの長男市川團子さんは2019年4月に青山学院高等部(偏差値72)内部進学したといわれています。

※偏差値はサイト「みんなの高校情報」2022年2月28日掲載のもの、但し高校受験偏差値は内部進学者には直接の関係はない

 

根拠

先述の通り、市川團子さんは青山学院中等部に通っていたといわれています。

そして、学校HPによれば青山学院中等部の卒業生のほとんどは青山学院高等部に進学します。

青山学院では、幼稚園から大学、大学院まで一貫して、

キリスト教信仰に基づく「青山学院教育方針」のもとで教育・研究を行っております。

…(中略)…

中等部においては、ほとんどの生徒(毎年95%以上)が高等部に内部進学しています。

※青山学院初等部HP掲載「学校紹介 一貫校の流れ」より引用

また、後述のように2022年2月28日にNEWSポストセブンが配信した市川團子さんの大学に関する記事に掲載された高校・大学の特徴は青山学院のそれと一致しています。

 

大学

香川照之さんの長男市川團子さんは2022年4月に青山学院大学文学部比較芸術学科(偏差値65.0)内部進学するといわれています。

※偏差値はサイト「みんなの大学情報」2022年2月28日掲載の河合塾提供のもの、ただし大学受験偏差値は内部進学者には直接の関係はない

 

根拠

先述の通り、市川團子さんは青山学院高等部に進学したといわれています。

そして学校HPによれば、高等部卒業生の85%は青山学院大学に内部進学するとのこと。

青山学院では、幼稚園から大学、大学院まで一貫して、

キリスト教信仰に基づく「青山学院教育方針」のもとで教育・研究を行っております。

…(中略)…

また、高等部においては、青山学院大学にない他大学の学部などに進学する生徒を除いて、

約85%が青山学院大学に内部進学しています。

青山学院初等部HP掲載「学校紹介 一貫校の流れ」より引用

 

そして2022年2月28日のNEWSポストセブンの記事に書かれた市川團子さんの大学や学部学科の特徴は青山学院大学のそれと一致しています。

香川照之(56)の長男で歌舞伎俳優の市川團子(18)がこの4月から大学生になる。現在通う都内の有名私立大学附属高校からの内部進学だという。梨園関係者が話す。

「團子くんが大学で専攻したいと考えているのは文学部の『比較芸術学科』だそうです。比較芸術学科では美術・音楽・演劇映像の3つを柱に、西洋や日本の古典芸能、映像、映画などを比較しながら学んでいく。2年時から専門選択科目を選ぶのですが、團子くんは古典芸能や、東西の映画、映像を専門的に勉強する『演劇映像』を学びたいと、内部進学を決めたそうです」

※NEWSポストセブン2022年2月28日配信記事「香川照之の長男・團子が有名私大進学で「演出」を学ぶ?影響与えた父の活躍」より引用

 

まとめ

香川照之の子供(息子)市川團子の学歴

小学校:青山学院初等部(2010年4月~2016年3月)

中学校:青山学院中等部(2016年4月~2019年3月)

高校 :青山学院高等部(2019年4月~2022年3月)

大学 :青山学院大学文学部比較芸術学科(2022年4月~)

 

青山学院初等部は小学校受験御三家の1校に数えられる超名門校であり、

名門・青山学院大学まで受験なしに内部進学できることが人気の理由の1つです。

もっとも、香川照之さんは暁星学園から東京大学に進学するほど頭脳明晰であり【詳細を読む】

その息子の政明さんであれば、大学受験で青山以上の名門校に進学できる可能性は十二分にあったのではないかと思います。

にもかかわらずお受験で早々に青山学院に入ったのは、青山学院が歌舞伎役者御用達の学校であることと無関係ではないのでしょう。

→歌舞伎役者とその子供の幼稚園小学校中学高校大学まとめ。

香川照之の記事を読む

香川照之の娘(長女)の小中学校はどこ?青山学院説雙葉説等あるが…

→香川照之の息子(子供)の歌舞伎界入り~現在の歩み。市川團子は猿之助になれるのか?

※香川照之さんの離婚の原因は歌舞伎界を目指したことにあった?
→香川照之の子供(息子)政明の“駄馬ブログ事件”に離婚の真相が隠されていた?

※そもそもなぜ香川照之さんは無謀な挑戦をしたのでしょうか?
→香川照之と子供(息子)政明が歌舞伎界入りした理由は家系図を見れば一目瞭然?

※東大に入学できたのは家族を捨てた父親のおかげ?
→香川照之を東大の“あの学部”に合格させたのは母親の執念と父親の※※。

芸能人の子供の幼稚園・学校の記事を読む

→歌舞伎役者とその子供の幼稚園小学校中学高校大学まとめ。

→青山学院に通う芸能人の子供一覧まとめ

→芸能人の子供の幼稚園小学校中学校一覧(2022年度お受験合格)まとめ。

→芸能人の名前順(50音順)に読む

→学校別に読む

→最新記事から順に読む


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る