石原さとみの旦那(夫)の職業は会社員だが年収億越え?GS(ゴールドマンサックス)のエリート。


石原さとみさんの旦那(夫)は会社員だが年収億越えの可能性あり?世界的有名企業の花形部署勤務ともいわれていますが…

sponsored link

“一般の方”と結婚

石原さとみさんは2020年10月1日に結婚を発表しています。

マスコミに宛てた直筆メッセージにはお相手は「一般の方」と書かれていました。

 

【結婚発表時直筆コメント全文】

御報告

平素より格別のお引き立てを賜り、心よリ御礼申上げます。

私事で大変恐縮ではありますが、この度、かねてよりお付き合いさせて頂いています一般の方と結婚する運びとなりました。

お互いの理解を深めていく中で、彼となら様々な事を共有しながら、どんな因難も乗り越えていけると確信いたしました。

まだまだ未熟ですが、これからは二人で、大切なものを大切だと思える人生を共に歩んでいけたらと思います。

これまで私を応援し支えて頂きました皆様に心からの感謝をお伝えするとともに、1人の人間として女優としてより一層成長していきたいと思っております。

今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒、宜しくお願い申し上げます。

最後に、皆様の健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

2020年10月1日

石原さとみ

 

事務所発表情報

結婚発表時には、石原さとみさんの直筆メッセージの他、所属事務所ホリプロからもマスコミ宛てに文書による発表があったようです。

 

その内容を紹介したENDCOUNT2020年10月1日配信記事「石原さとみ、テレワーク姿に惹かれる 会社員男性と結婚発表「会話のテンポが一緒」」によると、

結婚相手の男性は同年代の会社員

二人は石原さとみさんの友人夫婦の紹介で知り合いました。

旦那さんに対する石原さとみさんの第一印象は「表情が豊かでよく笑う方、会話のテンポが一緒で話をしていて楽しい」。

健康観、食事や服の好み、ライフスタイル等生活の基本となる価値観や親や家族を大切にする考え方も共通しており、

旦那さんの家族に初めて会った際も「私もこの家族と家族になりたい」と涙が出るほど温かい気持ちになったのだそうです。

 

また、旦那さんがテレワークで後輩を指導する際、自身が感銘を受けた偉人や経営者の言葉を交えながら相手が楽しく仕事をできるように工夫する姿が新鮮に映った、

ここ数カ月辛い出来事がたくさんありその度にネガティブになりがちだった石原さとみさんの気持ちを旦那さんが踏ん張らせ、これからどうしようかと一緒に考え前に進ませてくれた、

といったことも記事には書かれていました。

sponsored link

旦那(夫)についての報道

石原さとみさんのコメントでは「一般の方」、事務祖発表でも「同年代の会社員」とされるのみでしたが、

結婚発表直後から各メディアは石原さとみさんの結婚相手に関する情報を相次いで報じています。

以下は女性セブン(※)が報じた情報をまとめたもの。

 

旦那さんは石原さとみさんより1学年下

事務所発表通り「会社員」に違いありませんが、東京大学卒業外資系の大手金融企業に入社したエリートです(後述のように企業名は文春が報じています)。

さらに、顔は政治家の小泉進次郎氏似のイケメンで、過去にはファッション誌のモデル経験もあり。

マリンスポーツが好きで有名ファッション誌に海パン一丁で登場したこともあるのだとか。

旦那さんは学歴・職業・ルックスとも非の打ちどころのない人物のようです。

 

※参照記事

・女性セブン2020年10月19日号(NEWSポストセブン2020年10月14日配信記事「石原さとみの東大卒イケメン夫、ファッション誌登場の過去も」)

・女性セブン2020年11月5・12日号(NEWSポストセブン2020年10月21日配信記事「石原さとみ、入籍日はいつか? 有力候補は「創立記念日」」)

 

旦那の収入と会社名に関する報道

上記女性セブンの記事では、旦那さんの収入に関しても言及されています。

それによると、旦那さんが勤める大手外資系金融企業は平均年収4000万円とも5000万円ともいわれているそう。

その中でも旦那さんは企業再生や企業買収にかかわる花形部署に所属しており、その年収は1億円2億円あっても不思議ではない、とあります。

また、上記外資系企業勤務の他に不動産投資会社等を複数経営し都内の一等地に投資用の不動産を所有している、とも書かれていました。

 

さらに、週刊文春は旦那さんの勤務先の企業名にも言及しています。

週刊文春2020年10月15日号(10月8日発売)掲載記事「石原さとみ(33)“一般人”夫はあの外資系勤務だった」によると、

石原さとみさんの旦那(夫)が勤めるのは外資系金融機関のゴールドマンサックス(GS)だそう。

ゴールドマンサックスは、アメリカに拠点を置き国際的に金融事業を手掛ける世界トップレベルの投資銀行。

世界に数多ある金融企業の中でもその知名度ブランド力は圧倒的であり、金融業界に詳しくなくともこの名前は知っている、という人も多いのではないでしょうか。

 

従業員の平均年収は2000万円前後といわれているようですが、

ザ・ゴールドマン・サックス・グループ・インクの2019年度有価証券報告書に掲載された2019年12月終了年度の人件費123億5300万ドル、2019年度末の従業員数合計は3万8300人。

1ドル110円として人件費/従業員数を計算すると1人あたり約3500万円になります。

 

また外資系企業は出来高制の場合が多いですから、平均よりもはるかに多額の給与をもらっている人も相当程度いることが予想されます。

週刊文春および女性セブンにあるように石原さとみさんの旦那(夫)がゴールドマンサックス(GS)の花形部署に勤め、その他に不動産投資も行っているのであれば、年収が1億円を超えていたとしても何ら不思議ではないように思います。

“一般人”と結婚した芸能人の記事を読む

木村文乃と旦那(夫)千葉大樹の結婚~離婚歴まとめ。発覚はマスコミ先行型。

高嶋ちさ子の旦那(夫)盛田賢司の職業はミキモトのイケメン社員?ソニー創業家一族ともいわれているが…

小倉優子と歯科医師夫(旦那)に別居報道。前離婚~再婚・妊娠・別居離婚危機までのまとめ。

堀ちえみの旦那(夫)尼子勝紀の年収5億パチンコ役員説は嘘?経歴まとめ

木村多江の旦那電通鈴木文彦説を検証。離婚の噂はwikipedia発信?


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る