渡辺直美はハーフで母と姉は台湾人。現地cmやおすすめグルメ本も人気。


672watanabe-top

お笑い芸人の渡辺直美さん。

体型からは想像できないキレキレのダンスや圧倒的に個性的なインスタグラムなどを武器に

今や日本のみならず世界でも注目されるオンリーワンのタレントです。

 

しかし、渡辺直美さんがこの芸風に行きつくまでには苦労もあったそう。

この記事ではその原因となった渡辺直美さんの生い立ちや、

苦難を乗り越えたからこそ得ることができた仕事等を紹介します。

sponsored link

世界に通用する芸

渡辺直美さんが最初に注目されたのは、ビヨンセのモノマネではないかと思います。

157cm95kgとは思えないキレキレのダンスは一度見たら忘れないインパクトがありました。

 

また、オシャレさにオモシロさを融合させた渡辺直美さんのインスタグラム

フォロワー数800万人で日本人1位

2位の水原希子さんが500万人ですから、一位の座は当分安泰でしょう。

 

さらに、渡辺直美さんの活躍は国内にとどまりません。

2016年にはニューヨーク、ロサンゼルス、台北の3都市でワールドツアー(単独ライブ)を開催、

2018年には米タイム誌が選ぶ「インターネット上で最も影響力のある25人」にトランプ大統領らとともに渡辺直美さんの名前も挙がっています。

同誌は渡辺直美さんを

「自身の立場をうまく使い、日本人女性について長年持たれてきたステレオタイプに対抗している」

と評していますが、

渡辺直美さんが世界で評価されているのは、体型や動きや表情といった言語以外の方法での表現を得意としているからでしょう。

しかし、ここに行きつくまでには大きな苦悩があったようです。

 

悩みはコトバ

渡辺直美さんは若い頃から「笑っていいとも」のいいとも青年隊に抜擢されるなどテレビに出続けている印象がありますが、

芸人になって間もない頃は、トークでの掛け合いができない、大喜利のお題が理解できない、などいくつも悩みを抱えており、

最初の2~3年はほとんどしゃべっていなかったといいます。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

一時は芸人を続けるのは無理なのではないかと不安になることもあったそうですが、

事務所の先輩である中田敦彦さん(オリエンタルラジオ)の言葉がきっかけで渡辺直美さんは変わりました。

渡辺直美さんの話を聞いた中田敦彦さんは「短所を気にせず長所を誰にも真似できないくらい伸ばせばいい」とアドバイスを送ったそう。

それを受けて渡辺直美さんは自分の一番の武器である表現力を磨きぬくことを決めました。

2014年には3カ月芸能活動を休んでニューヨークに行きダンスやショーの勉強をするなどしていますが、

動きや表情といった非言語の表現力を磨き続けたことが日本のみならず世界でも評価される一因であることは間違いないでしょう。

 

ハーフで母親は台湾人

渡辺直美さんが言葉に頼らない動きや表情の表現力を磨いたのは、トークでの掛け合いが苦手だったことや、大喜利のお題が理解できかったこと、

要するに日本語が苦手だったことが原因でした。

 

そしてこれにはやむを得ない理由があります。

渡辺直美さんが出演した2017年7月9日放送の「サタデープラス」(TBS)によれば、

実は渡辺直美さんは日本人の父親と台湾人の母親を持つハーフ

両親は幼い頃に離婚し、渡辺直美さんは母親に引き取られました。

二人は離婚後も日本で生活していたものの、

日本語に慣れない台湾人の母親と生活していたこともあり、

渡辺直美さんは18歳になるまで日本語が少しカタコトだったそう。

芸人になってぶつかった日本語力の問題は、渡辺直美さんの生い立ちに関係していたようですね。

 

もっとも、現在ではトークも問題なくこなしているように見えますから、

日本語力もかなり向上したのでしょう。

sponsored link

“姉”はハーフではなく純台湾人?

また、番組では台湾に住む母方の親戚も紹介されていました。

渡辺直美さんと母親は日本に住みつつも、夏休み等の長期休暇には丸々台湾で過ごすことが多く、

その際は台湾に住む母親の姉妹等にお世話になっていたそうです。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

意外なことに親戚たちは渡辺直美さんと違って長身でスレンダーな人が多い様子。

特に渡辺直美さんが“姉”と慕う林景俐(リンジンリー)さんはスリムなうえにかなりの美人です。

もっとも、林景俐さんはハーフではなく純粋な台湾人、正確には渡辺直美さんの姉ではないようです。

…がこれについては【こちらの記事】で詳しく紹介します。

 

台湾でのCM

渡辺直美さんは2016年のワールドツアーで台湾の首都台北でも単独ライブをおこなっていますが、

渡辺直美さんは母親の母国台湾でも大人気のよう。

2017年には現地企業のの清涼飲料水のCMにも出演しています。

商品は黒松(ヘイソン)という企業のC&C Lemon。

日本人でおなじみのサントリーのC.C.レモンとは別物のようです。

 

台湾おすすめグルメ本

また、渡辺直美さんは

「渡辺直美のたら福まん腹 台湾 ワタシ、地元ダカラ、穴場、知ッテルヨ!」(2013年)

「渡辺直美の撮る! 旅! 台湾!」(2016年)

と2冊の台湾のガイドブックを出版しています。

 

どちらも観光スポットや食事処がたくさん紹介されていますが、

これも幼いころから頻繁に母親の母国である台湾に遊びに来ていたからこその仕事でしょう。

デビュー当時は渡辺直美さんを苦しめた生い立ちも、現在では強力な武器になっているようですね。

渡辺直美の記事を読む

渡辺直美のインスタグラム収入がフォロワー数の割に少ないといわれる悲しい理由。

渡辺直美の台湾の“姉”はハーフでも実の姉でもない?二人の謎の関係とは。

渡辺直美はハーフで台湾語(中国語)は話せないが現地人気アリ。日本語も怪しかった?

芸能人インスタグラマーの記事を読む

ローラの意外な本名と国籍が判明。料理の腕前に賛否両論。

ローラの英語は下手でも○○レベルには話せる?カラコンプロデュースで意外な事実が発覚。

ローラの双子の兄は仕事も顔もかっこいい?歌が下手だったのには理由があった。

ローラの本命熱愛&結婚相手は有田哲平か中居正広か玉森裕太かそれとも・・・

水原希子の妹の名前は佑果。可愛くないと言われる2つの原因が判明。

水原希子とジヨンはディズニーデートを経て結婚間近?お揃いの○○で交際発覚。


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る