櫻井翔の父親桜井俊の若い頃→現在のエリート過ぎる経歴まとめ。


嵐の櫻井翔さんの父親は元経済産業省のトップ官僚。

この記事では、そんな櫻井翔さんの父親・桜井俊さんの若い頃から現在までのエリート経歴をまとめています。

現在の年収は官僚時代の倍以上のようですが一体何をしているのでしょうか。

sponsored link

家族構成

父親:櫻井俊(官僚トップ→電通No.2:詳細は後述)

母親:櫻井洋子(大学職員:詳細を読む

長男:櫻井翔(ジャニーズ)

長女:櫻井舞(4歳差、キー局社員:詳細を読む

次男:櫻井修(13歳差、最大手広告代理店社員:詳細を読む

 

※年齢差は櫻井翔との差

※参考文献

現代ビジネス2018年3月8日配信記事「嵐・櫻井翔のおばあちゃんが「エリート一家のルーツ」を明かした」

NEWSポストセブン2016年6月27日配信記事「父だけじゃない! かなりスゴい櫻井翔一家の母・妹・弟」

 

東大法学部卒

Wikiepdiaおよび現代ビジネス2018年3月8日配信記事「嵐・櫻井翔のおばあちゃんが「エリート一家のルーツ」を明かした」によると、

櫻井翔さんの父親桜井俊さんは1953年生まれ。

父親(櫻井翔さんの祖父)三男さんは群馬県の地元紙上毛新聞の幹部であり、

桜井俊さんも高校卒業まで群馬県前橋市で育ちました。

 

両親に勉強を強要されることはありませんでしたが、桜井俊さんは非常に学業優秀だったよう。

地元の名門・群馬県立前橋高校から東京大学法学部に進学しました。

 

学生時代の桜井俊さんについて、小中高と同じ学校に通った50年来の友人の落語家・立川談之助さんは以下のように語っています。

学生時代は長髪で気取ったメガネをかけていてね。翔さんは170センチくらいでしょう。おとっつぁんは175センチはあって、アイドルか役者にしてもいいくらいのイケメンでした。クラブ活動ではサッカーだったかラグビーをやっていて、さらに育ちもいい。そりゃあモテましたわ

※東京経済オンライン2016年7月8日掲載の「桜井俊氏、次第に変わった翔氏への「思い」」より引用

ちなみに妻(櫻井翔さんの母)洋子さんとは高校時代に出会い、大学時代に交際を始めたそうです【詳細を読む】

 

総務省事務次官

東大法学部を卒業した桜井俊さんは1977年に郵政省(現総務省)に入省して官僚になりました。

桜井俊さんはNTT再編や地上波のデジタル放送化推進などを手掛け出世街道をまい進。

2008年7月:総務省総合通信基盤局長

2012年9月:情報通信国際戦略局長

2013年6月:総務審議官(郵政・通信担当)

などを経て、

2015年7月には総務省事務次官に就任しました。

事務次官は大臣に次ぐ省内No.2であり、官僚に限ればトップのポジションです。

※経歴は電通2019年12月期 有価証券報告書参照

sponsored link

電通グループNo.2

事務次官になった約1年後の2016年6月、桜井俊さんは総務省を退官しました。

元事務次官という経歴もあり退官後も引く手あまただったようで、Wikipediaには退官後に以下のような企業や団体の役職に就いている(いた)ことが書かれています。

2016年9月 – 三井住友信託銀行株式会社顧問

2017年1月 – セガサミーホールディングス株式会社顧問

2017年6月 – 一般財団法人全国地域情報化推進協会理事長

2017年2月 – 群馬大学医学部附属病院 病院長候補者選考会議委員

2017年3月 – 株式会社毎日新聞社 毎日ユニバーサル委員会委員

2017年7月 – 地域IoT官民ネット設立 共同代表

2018年1月 – 株式会社電通(現・株式会社電通グループ)入社 執行役員

2018年6月 – 東急不動産ホールディングス株式会社社外取締役

 

三井住友信託銀行、東急不動産など大手有名企業の名前も挙がっていますが、

特に注目すべきは退官2年半後の電通入りでしょう。

電通は言わずと知れた日本最大の広告代理店

桜井俊さんが勤めていた総務省は、重要な広告媒体たるテレビ・インターネット等の電気通信事業を所管しています。

ちなみに、桜井俊さんが総務省官僚だった2009年には娘(櫻井翔さんの妹)が日本テレビに入社【詳細を読む】しており、

電通入社の半年前には息子(櫻井翔さんの弟)が電通に入社【詳細を読む】していました。

 

電通入社後の桜井俊さんは総務省時代同様キャリアアップを重ね、

わずか2年ほどで同社に2名しかいない代表取締役の一人となっています。

2018年1月:執行役員

2019年3月:取締役執行役員

2020年1月:取締役副社長執行役員

2020年3月:代表取締役副社長執行役員

※株式会社電通グループ2019年12月期 有価証券報告書参照

 

上記有価証券報告書の役員一覧に掲載された桜井俊さんの役職名は以下の通り。

 代表取締役

 副社長執行役員

 社長補佐・グループ全社基盤統括

同社の副社長は櫻井翔さんの父親以外にもう一人いますが、その人物は海外事業総括であり本社の代表権はなし。

桜井俊さんが社長以外で唯一の代表権持ちの取締役です。

このことから見ても、櫻井翔さんの父親・桜井俊さんが現在の電通グループNo.2とみていいのではないかと思います。

事務次官時代も年間数千万円の給与をもらっていましたが、

公表資料からすると現在の年収は当時の2倍以上になっていることがうかがえます【推定年収を見る】

櫻井翔とそのエリート家族の記事を読む

櫻井翔と父親桜井俊の親子エピソード。都知事選辞退理由も家族にあった?

櫻井翔の母親の仕事は大学職員(≠教授)で実家も名家。エピソードが強烈すぎる?

櫻井翔の弟櫻井修の就職先が電通なのは慶應ラグビー部と父親のおかげ?

櫻井翔の弟櫻井修の結婚相手の実家百貨店はどこ?結婚時年齢も。

櫻井翔の妹櫻井舞は成城大学→日テレ→結婚の勝ち組。結婚相手はアナウンサーではなく…

櫻井翔の弟妹ほっこりエピソードと大学&就職先が全員上級国民すぎる話。


関連記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る